銘苅美世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

銘苅 美世(めかり みよ、1975年[1]5月17日-)は、日本医師。元宝塚歌劇団花組娘役。東京都出身。宝塚時代の芸名は芽衣かれん(めい-)。

略歴[編集]

田園調布雙葉中学校在学中に宝塚音楽学校を受験するが、不合格。堀越高等学校に進学。1期下の舞風りらとは同級生で音楽学校入学について話し合ったことがあると舞風が話している。

在団中は少年少女の役を演じることが多かった。
歌劇団で老人福祉施設を慰問中に老人医療について興味を持ち、医師を目指すことを決意する。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞2009年2月12日付東京版夕刊「ニッポン人脈記 愛 タカラヅカ(10) ピノコは医者になった」において、掲載当時の年齢が33歳。
  2. ^ 上掲朝日新聞2009年2月12日付東京版夕刊。
  3. ^ http://www.bs4.jp/kizuna/oa/101/index.html

関連項目[編集]