百花沙里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

百花 沙里(ももか さり、9月13日 - )は、埼玉県さいたま市出身。元宝塚歌劇団星組の娘役。身長160cm。川村学園出身。愛称は「もも」「まーたん」。母は、元花組娘役和晃えりか47期生)。

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

花組時代[編集]

  • 1997年4月、「風と共に去りぬ」(全国ツアー)プリシー
  • 1997年8月、「ザッツ・レビュー」 新人公演:由紀(本役:大鳥れい
  • 1997年10月、「白い朝」(バウ・東京特別)おきみ
  • 1998年5月、「SPEAK EASY/スナイパー」新人公演:マギー(本役:町風佳奈
  • 1998年7月、「真矢みきコンサート・MIKI in BUDOKAN」
  • 1999年1月、「夜明けの序曲」新人公演:おしま(本役:貴柳みどり
  • 1999年8月、「タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビュー99」ビビ
  • 2000年4月、「源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」 刻の響(女)、新人公演:萩(本役:城火呂絵
  • 2000年9月、「トムジョーンズの華麗なる冒険」(バウ・東京特別)モリー
  • 2001年4月、「源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」(全国ツアー) 刻の響(女)

星組時代[編集]

  • 2002年2月、「花の業平 ~忍ぶの乱れ~/サザンクロス・レビューⅡ」町の女1/女官1
  • 2002年4月、「プラハの春/LUCKY STAR」タチアナ
  • 2002年11月、「ガラスの風景/バビロン~浮遊する摩天楼~」マリーナ
  • 2003年1月、「おーい春風さん」(バウワークショップ)鳥追い女
  • 2003年7月、「王家に捧ぐ歌」女官タラーラ
  • 2003年8月、彩輝直ディナーショー「RECUERDO -レクエルド・追憶の歌聲-」
  • 2003年12月、「永遠の祈り -革命に消えたルイ17世-」(シアタードラマシティ)マリー・アントワネット/ルシアン
  • 2004年2月、「1914 愛/タカラヅカ絢爛」キキ
  • 2004年4月、立樹遥ディナーショー「Luce ~陽だまりの足音~」
  • 2004年8月、「花舞う長安 -玄宗楊貴妃-/ロマンチカ宝塚 04 -ドルチェ・ヴィータ!-」(博多座)號国夫人
  • 2004年10月、「花舞う長安 -玄宗楊貴妃-/ロマンチカ宝塚 04 -ドルチェ・ヴィータ!-」號国夫人
  • 2005年2月、「王家に捧ぐ歌」(中日)女官イトネーン
  • 2005年3月、檀れいミュージックサロン「DAN-ke schön!」
  • 2005年5月、「長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!」柳花
  • 2005年9月、「ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!」(全国ツアー)カトリーヌ
  • 2006年1月、「ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-」カトリーヌ
  • 2006年4月、「星組エンカレッジコンサート
  • 2006年6月、「コパカバーナ」(梅田芸術劇場)シド
  • 2006年8月、「愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム! -男の美学-」
  • 2007年1月、「Hallelujah GO! GO!」(バウ)ペネロペ
  • 2007年3月、「さくら -妖しいまでに美しいおまえ-/シークレット・ハンター」
  • 2007年9月、「Kean」(日生)ミセス・スパロー
  • 2007年11月、「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス」バーバラ
  • 2008年3月、「赤と黒」(シアタードラマシティ・東京特別・名古屋特別)ヴァランタン夫人
  • 2008年6月、「THE SCARLET PIMPERNEL
  • 2008年11月、「外伝ベルサイユのばら -ベルナール編-/ネオ・ダンディズム!Ⅲ」ランバール夫人
  • 2009年2月、「My Dear New Oleans -愛する我が街-/ア ビアント(a bientot)」娼婦リタ
  • 2009年6月、「太王四神記 Ver.Ⅱ -新たなる王の旅立ち-」トラジ
  • 2009年10月、「再会/ソウル・オブ・シバ!!」(全国ツアー)エマニュエル
  • 2010年1月、「ハプスブルクの宝剣/BOLERO」リディア *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な舞台出演[編集]

  • 2011年7月、「L’espace du journal ~日記の空間~」
  • 2012年3月、「DANCIN' CRAZY2」

テレビ出演[編集]

  • 宝塚プルミエール・真飛聖スペシャル - ゲスト (2011年6月24日、WOWOW

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、106頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]

外部リンク[編集]