久路あかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久路 あかり(くじ あかり、1975年1月1日 - )は女優、元宝塚歌劇団宙組娘役。

東京都港区普連土学園高校出身。身長164cm。愛称はあかり

母は宝塚歌劇団卒業生神路千鶴

略歴[編集]

  • 1992年宝塚音楽学校へ入学。
  • 1994年80期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は7番。花組ブラック・ジャック 危険な賭け火の鳥』で初舞台。その後、星組へ配属される。同期生に霧矢大夢(元月組トップスター)、千ほさち(元花組トップ娘役)、彩吹真央(元雪組2番手スター)、朝澄けい(元星組男役スター)などがいる。
  • 1995年、『剣と恋と虹と』の新人公演で初ヒロインに抜擢される。
  • 1998年、宙組創設メンバーの一人として、組替え。同年、『嵐が丘』でバウホール初ヒロインを務める。
  • 2002年3月24日、『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-』/『ダンシング・スピリット!』の東京公演千秋楽で、宝塚歌劇団を退団。
  • 退団後は、舞台活動をしながら司会業をメインに活動し、一流の結婚式の司会者として多い時で年間1,000本もの披露宴を任されることもあるとのこと。
  • 最近では宝塚関係のイベントで司会をすることも多く、宝塚市のPRイベントのパーソナリティを務めることがある。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

星組時代[編集]

  • 1995年3月、『国境のない地図
  • 1995年9月、『剣と恋と虹と』新人公演:クリスティーヌ・ド・クラヴィール(本役:白城あやか)/『ジュビレーション!』
    *新人公演初ヒロイン
  • 1995年12月、『Action!』(ドラマシティ)
  • 1996年11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』
  • 1997年5月、『誠の群像 -新撰組逃亡記- 』お君、新人公演:八重(本役:出雲綾)/『魅惑II -ネオ・エゴイスト-』
  • 1997年9月、『夜明けの天使たち』(東京特別・バウホール)レイチェル

宙組時代[編集]

  • 1998年1月、『夢幻宝寿頌』/『This is TAKARAZUKA!』(香港)
  • 1998年3月、『エクスカリバー』新人公演:モーガン(本役:夏河ゆら)/『シトラスの風』
  • 1998年6月、『嵐が丘』(東京特別・バウ)キャシー *バウホール初ヒロイン
  • 1998年9月、『バウ・ボヤージュ!』(バウ)
  • 1998年10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』ヘレネ、新人公演:エリザベート(本役:花總まり*新人公演ヒロイン[1]
  • 1999年5月、『Crossroad -すれ違うばかりじゃやりきれない-』(ドラマシティ・東京特別)シモオン
  • 1999年6月、『激情 -ホセとカルメン-』新人公演:エステル(本役:美々杏里)/『ザ・レビュー 99』
  • 2000年1月、『砂漠の黒薔薇』ラハーマ、新人公演:ジャミラ妃(本役:出雲綾)/『GLORIOUS!!』
  • 2000年6月、『うたかたの恋』マリンカ/『GLORIOUS!!』(全国ツアー)
  • 2000年8月、『望郷は海を越えて』オリガ、新人公演:唐戸(本役:出雲綾)/『ミレニアム・チャレンジャー!』
  • 2000年9月、紫吹淳コンサート『ALL ABOUT RIKA』(東京特別)
  • 2001年4月、『ベルサイユのばら2001 -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』シッシーナ侯爵夫人
  • 2001年11月、『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-』サラ/『ダンシング・スピリット!』 *退団公演
  • 2002年1月、『宙組エンカレッジコンサート』(バウ)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • エリザベート』スターレイ夫人役(2008年・2010年・2012年)
  • 三銃士』(2011年) 
  • 『SUPER GIFT!』(2015年)

コンサート[編集]

  • 『エリザベート・ガラコンサート』(2006年)

声優[編集]

  • 『ハローキティのくるみ割り人形』アンジェラ役(2006年)

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1期上の南城ひかりと役替わりで務める

関連項目[編集]