前田光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
文屋秀子から転送)
移動先: 案内検索

前田 光子(まえだ みつこ、旧姓:安原、1912年明治45年)3月21日 - 1983年昭和58年)4月18日)は、前田一歩園財団の創立者で、前田一歩園3代目園主。元宝塚少女歌劇団(現・宝塚歌劇団雪組娘役宝塚歌劇団卒業生

宝塚歌劇団在団時の芸名は、文屋秀子(ぶんや ひでこ)。義父は前田正名

略歴・人物[編集]

1912年栃木県日光市に生まれる。

1927年宝塚歌劇団17期生[1]として宝塚歌劇団(当時は「寶塚少女歌劇團」)に入団する。同期生に梅香ふみ子佐保美代子らがいる。

1928年4月宝塚大劇場において、雪組公演:レヴュウ「春のをどり」[1]で初舞台を踏む。初舞台後は雪組に配属される[1]

1932年、同年4月1日から30日まで行われた雪組公演「木村重成の妻」「春のをどり(七曜譜)」[1]への出演を最後に宝塚歌劇団を退団する。

1936年前田正名の次男、正次(まさじ)と結婚。正次とは25歳離れていた。

1944年、正次と共に阿寒湖畔に移住する。正次は正名から受け継いだ前田一歩園の2代目園主として、正名の意志を受け継ぎ、森林の保全に努めた。正次は病弱で東京に戻り療養することも多かったため、光子も森林保全を支え続けた。

1957年、正次が死去し、光子が後を引き継いで前田一歩園の3代目園主となり、阿寒湖畔の保全に邁進する。1949年ごろから始まった皆伐した1000ヘクタールの土地への植林は、失敗も繰り返しながら、1ヘクタールあたり2500本を植林し、1983年までに250万本の植林を行った。

また、地元のアイヌ人に土地の一部を開放し、そこで木彫の店や作業場を持たせ、アイヌ人の自立を支援した。これは、アイヌ部落の礎となり、阿寒湖観光の目玉のひとつとなった。そのため、アイヌ人からは「ハポ」(アイヌ語で「やさしいお母さん」)と呼ばれて慕われた。

1982年朝日森林文化賞の特別賞を受賞。副賞は本人の希望で阿寒の森を撮影した航空写真が贈られた。

1983年4月、正名の「前田家の財産はすべて公共事業の財源とす。」の家憲を体現すべく、私財を擲って「前田一歩園財団」の設立を果たした14日後に逝去。享年71。「阿寒の母」と呼ばれ、阿寒町葬を以って荼毘に付された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]