藁科満治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藁科滿治から転送)
移動先: 案内検索

藁科 滿治(わらしな みつはる、1931年12月27日 ‐ )は、日本政治家

参議院議員(2期)を歴任。

概要[編集]

神奈川県出身。浅野中学校・高等学校を経て1958年明治学院大学経済学部を卒業し、早稲田大学大学院経済学研究科修了。富士通に入社し、労働組合の活動に携わる。1990年には電機労連会長に就任。

1992年第16回参議院議員通常選挙において、日本社会党比例名簿第1位に搭載され、初当選。1996年10月には、前任者の辞任に伴い第1次橋本内閣内閣官房副長官に就任するが、同月に行われた衆議院総選挙において敗れた社会民主党が、橋本内閣に閣僚を送らず、閣外協力とすることを決めたため、藁科は就任から、わずか、ひと月で、官房副長官を退任した。

1997年1月には社会民主党を離党。民主党に入党し、参議院議員会長や神奈川県連代表を務めた。2004年の参院選には立候補せず、政界から引退した。

政策・主張[編集]

囲碁履歴(いずれもアマチュアとしての名誉段位)[編集]

受賞歴[編集]

  • 2002年-勲一等瑞宝章受章。
  • 2011年-第40回大倉喜七郎賞を受賞。

著作[編集]

  • 『連合築城―労働戦線統一はなぜ成功したか』(日本評論社、1992年6月)
  • 『民主リベラルの政権構想』(日本評論社、1997年8月)
  • 『「出会い」こそ人生の分岐点』(日本評論社、2003年10月)
  • 『囲碁文化の魅力と効用』(日本評論社、2008年12月)
  • 『浮世絵に映える囲碁文化』(日本評論社、2012年10月)
議会
先代:
角田義一
日本の旗 参議院国家基本政策委員長
第6代:2004年
次代:
北澤俊美
先代:
新設
日本の旗 参議院地方行政・警察委員長
1998年
次代:
小山峰男
先代:
峰崎直樹
日本の旗 参議院地方行政委員長
1997年
次代:
廃止
公職
先代:
渡辺嘉蔵
日本の旗 内閣官房副長官 (政務担当)
1996年
次代:
与謝野馨
党職
先代:
角田義一
民主党参院議員会長
第5代:2003年 - 2004年
次代:
江田五月