栃木県出身の人物一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
栃木県出身から転送)
移動先: 案内検索

栃木県出身の人物一覧(とちぎけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する栃木県出身の人物の一覧表である。

文化人[編集]

画家[編集]

書家[編集]

脚本家[編集]

彫刻家[編集]

写真家[編集]

建築家[編集]

料理人[編集]

デザイナー[編集]

作家・ジャーナリスト・評論家[編集]

漫画家[編集]

学者[編集]

映画監督[編集]

アニメーション制作関係者[編集]

  • 大貫健一(アニメーター、キャラクターデザイナー):鹿沼市
  • 高松信司(アニメーション演出家、アニメ監督、脚本家、音響監督):宇都宮市
  • 福田己津央(アニメーション監督(ガンダムSEEDシリーズなど)、脚本家、演出家)

俳人・詩人・歌人[編集]

作詞家・作曲家[編集]

声楽家[編集]

アナウンサー[編集]

その他の文化人[編集]

公人[編集]

政治家[編集]

議長経験者[編集]

その他の政治家(栃木県外出身で栃木県の選挙区選出者含む)[編集]

行政[編集]

軍人・自衛官[編集]

  • 秋草俊(日本版CIAとして世界的規模で諜報、防諜を行う陸軍の秘密機関である中野学校の初代校長。対ソ戦略の専門家として高名)
  • 奈良武次(陸軍大将、男爵):鹿沼市
  • 大沼渉(黒羽藩士、陸軍少将、男爵):大田原市
  • 森田仲造(壬生藩士、陸軍伍長):壬生町
  • 小磯國昭(第41代内閣総理大臣、陸軍大将、勲一等、功二級):宇都宮市
  • 舩坂弘(陸軍軍曹、大盛堂書店初代代表取締役会長):栃木市(旧西方村

芸能人[編集]

シンガーソングライター[編集]

ミュージシャン[編集]

バンド[編集]

グループ・デュオ[編集]

歌手[編集]

俳優[編集]

アイドル[編集]

モデル[編集]

タレント[編集]

お笑い芸人[編集]

宝塚歌劇団[編集]

声優[編集]

スポーツ選手[編集]

力士[編集]

柔道[編集]

サッカー[編集]

ラグビー[編集]

バレーボール[編集]

バスケットボール[編集]

ボクシング[編集]

プロレスラー[編集]

レスリング[編集]

格闘家[編集]

野球[編集]

現役選手[編集]

元選手[編集]

ゴルフ[編集]

陸上競技[編集]

競馬[編集]

競走馬[編集]

自転車競技[編集]

競輪選手[編集]

競艇[編集]

その他のスポーツ選手[編集]

実業家・経営者[編集]

その他[編集]

架空の人物[編集]

アニメ[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

  • 氏家むつみ(アイドルマスター シンデレラガールズ
  • 日野茜(アイドルマスター シンデレラガールズ)
  • ルーキートレーナー/青木慶(アイドルマスター シンデレラガールズ)
  • トレーナー/青木明(アイドルマスター シンデレラガールズ)
  • ベテラントレーナー/青木聖(アイドルマスター シンデレラガールズ)
  • マスタートレーナー/青木麗(アイドルマスター シンデレラガールズ)
  • 橘志狼(アイドルマスター SideM
  • 小柏カイ(頭文字D
  • 須藤恭一(頭文字D)
  • セレスティア・ルーデンベルク(ダンガンロンパ):宇都宮市

歴史上の人物[編集]

  • 宇都宮朝綱(鎌倉時代の豪族で御家人、左衛門尉、宇都宮社務職。奥州合戦で活躍し、源頼朝から「坂東一の弓取り」と賞賛された):下野国宇都宮城主(現宇都宮市)
  • 宇都宮頼綱(鎌倉時代の豪族で御家人、歌人、伊予国守護。奥州合戦畠山重忠の乱などで活躍、宇都宮歌壇を築いた):下野国宇都宮城主(現宇都宮市)
  • 宇都宮景綱(鎌倉時代の御家人、歌人、下野守、尾張守、引付衆、評定衆。日本最古の武家家法である宇都宮家式条を制定した)
  • 宇都宮貞綱(鎌倉時代の御家人、三河守、下野守、備前権守、引付衆、弘安の役の鎌倉幕府総代):下野国宇都宮城主(現宇都宮市)
  • 宇都宮公綱(鎌倉時代の御家人、下野守、加賀国司兵部少輔左馬権頭、左少将、引付衆、雑訴決断所一番。武勇に優れ、楠木正成も一目置いた猛将。元弘の乱では鎌倉幕府軍の軍事力の中核を担っており、楠木正成と戦った。建武政権でも軍事力の中心を担っていた。『太平記』で楠木正成に「坂東一の弓取り」と評されたことで高名):下野国宇都宮城主(現宇都宮市)
  • 宇都宮氏綱(下野守、伊予守、下野守護、上野守護、越後守護。足利尊氏に味方し、観応の擾乱などで戦功を挙げ、上野守護、越後守護を任ぜられた。薩埵山体制の一翼を担い、絶頂期を築く):下野国宇都宮城主(現宇都宮市)
  • 宇都宮持綱(肥前守、常陸介、右馬頭、上総守護、京都扶持衆。庶流の武茂氏出身。上杉禅秀の乱で戦功を挙げ、上総守護を任ぜられた。幕府との連携を強化し、京都扶持衆に任ぜられている。鎌倉府室町幕府の対立によって家中が二つに分裂):下野国宇都宮城主(現宇都宮市)
  • 宇都宮成綱(戦国大名。下野守、下野守護、右馬頭。武将としての優れた器量を持ち、野心家でもあった。古河公方擁立、優れた外交手腕を駆使して当時没落していた宇都宮氏の全盛期を築く。家臣団の再編成も行っており、北関東の覇権を巡って常陸国の戦国大名佐竹義舜と争った。):下野国宇都宮城主(現宇都宮市)
  • 宇都宮広綱(戦国大名。下野守。壬生綱房下克上により滅亡の危機に晒されたが、忠臣芳賀高定の尽力によって壬生綱雄から宇都宮城を奪還。佐竹義重と同盟を結び北条氏と戦った):下野国宇都宮城主(現宇都宮市)
  • 円仁(平安時代初期の僧、慈覚大師、大慈寺で修行、入唐八家の一人):下野国壬生(現壬生町)
  • 大関高増(戦国時代の武将。那須氏家臣。野心家であり、謀略を駆使して勢力を拡大。那須資晴の代には那須家中で最有力の実力者となった):下野国
  • 大田原資清(戦国時代の武将。那須氏家臣。野心家であり、上那須氏のお家騒動で活躍。大関宗増讒言を受けて失脚し出家。復帰後は宗増に復讐を果たし、子を送り込むなどで勢力を拡大。大田原・大関・福原の三家を支配し那須家中で最有力の実力者となった):下野国
  • 小山持政(守護大名。下野守。小山氏の再興に成功し、関東管領上杉氏に匹敵するほどまで勢力を拡大させた):下野国
  • 蒲生君平(江戸時代後期の儒学者):下野国宇都宮(現宇都宮市)
  • 下毛野古麻呂(古墳時代から飛鳥時代の法律家):下野国
  • 佐野昌綱(戦国大名。戦上手であり、上杉謙信北条氏康北条氏政の軍勢と戦い、何度も撃退している):下野国
  • 塩谷朝業(鎌倉時代の豪族で御家人、歌人、宇都宮頼綱の弟で源実朝の側近。のちの信生法師):下野国
  • 勝道(奈良時代から平安時代初期の僧):下野国南高岡(現真岡市)
  • 多功長朝(戦国時代の武将。宇都宮氏家臣、石見守。「宇都宮家中一の侍大将」と言われ、上杉謙信の軍勢を撃退している。):下野国
  • 多功綱継(戦国時代の武将。宇都宮氏家臣、石見守。北条氏と戦い何度も撃退しており、宇都宮氏を守り続けた。北条氏邦の軍勢も撃退している。):下野国
  • 那須与一(平安時代末期の武士)
  • 芳賀高定(戦国時代の武将。宇都宮氏の宿老。宇都宮城奪還に尽力し、宇都宮家再興を果たした。その後も主君・宇都宮広綱を支えた。):下野国
  • 芳賀高経(戦国時代の武将。宇都宮氏の宿老、右兵衛尉。野心家であり、宇都宮忠綱を追放させる。宇都宮興綱宇都宮俊綱を擁立し、絶大な権力を誇った。):下野国
  • 藤原宗円(下野守護、宇都宮座主。宇都宮氏の祖。仏法を背景に勢力を拡大した):下野国
  • 藤原秀郷平安時代中期の武将、貴族。下野守、武蔵守、鎮守府将軍承平天慶の乱平将門を追討するなどで活躍。近江三上山百足退治の伝説で有名。唐沢山城を築城):下野国
  • 益子勝宗(戦国時代の武将。宇都宮氏家臣、信濃守。野心家で兄を殺し家督を継承する。また、独断で武田信玄と通じている。戦上手でもあり、武田軍が上野国を侵攻した際には夜襲をしかけて撃退している。
  • 松宮観山(江戸時代中期の儒学者、兵学者):下野国足利郡
  • 壬生綱房(戦国時代の武将。宇都宮氏の宿老。野心家で権謀術数を駆使して絶大な権力を誇った。芳賀高経とともに宇都宮俊綱を擁立した。晩年には宇都宮城を乗っ取り、戦国大名として独立した。):下野国壬生城主(現壬生町)・下野国鹿沼城主(現鹿沼市)

栃木県にゆかりのある人物一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米沢嘉博記念図書館”. 明治大学. 2016年4月17日閲覧。