早野巴人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

早野巴人(はやの はじん、延宝4年(1676年) - 寛保2年6月6日1742年7月7日)) 江戸時代俳人与謝蕪村の師。のち夜半亭宋阿(やはんてい そうあ)と改める。

略歴[編集]

下野国那須郡烏山(現・栃木県那須烏山市)に生まれる。延宝5年(1677年)の生まれの説もある。

幼くして(9歳の頃)江戸に出て俳諧の道を志す。元禄2年(1689年)、松尾芭蕉の『奥の細道』の足跡を辿って旅をする。

再び江戸に戻り、宝井其角服部嵐雪の門人となり俳諧を学ぶ。

享保12年(1727年)、京都に移る。元文2年(1737年)、砂岡雁宕の誘いにより江戸へ戻り、夜半亭日本橋本石町に構える。この時に号を宋阿とする。この頃、江戸に出てきた与謝蕪村が門人となる。

寛保2年6月6日(1742年7月7日)、夜半亭にて病没。享年67。辞世の句は「こしらへて有りとは知らず西の奧」である。

作品[編集]

  • 一夜松
  • 辛酉歳旦
  • 誹諧桃桜
  • 夜半亭発句帖(没後、雁宕らが編集)

など

参考文献[編集]

  • 丸山一彦/監修 蕪村研究会/編 『蕪村の師巴人の全句を読む -「夜半亭発句帖」輪読-』 下野新聞社 1999年