渡辺芳則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わたなべ よしのり
渡辺 芳則
生誕 1941年1月8日
日本の旗 日本 栃木県
死没 2012年12月1日(満71歳没)
日本の旗 日本 兵庫県神戸市中央区
職業 極道
テンプレートを表示

渡辺 芳則(わたなべ よしのり、1941年昭和16年〉1月8日 - 2012年平成24年〉12月1日)は、日本ヤクザである。指定暴力団・五代目山口組組長、二代目山健組組長、健竜会初代会長などを歴任した。戸籍上の表記は渡邉 芳則

人物[編集]

栃木県下都賀郡壬生町の富農の家に生まれる。 1956年(昭和31年)、中学校を卒業し、上京。17歳の時、ヤクザに。若い頃は、ゴローと呼ばれていた。浅草を中心に活動していたが、三代目山口組 山健組の幹部と出会ったことから神戸に移住、1961年(昭和36年)、山健組組長・山本健一から盃を受け、山健組に加入した。

抗争を巡る服役後の1969年(昭和44年)、山健組若頭に就任。 二代目松田組との「大阪戦争」と呼ばれる抗争事件などに積極的に関与したため、1976年(昭和51年)10月銃刀法違反などの容疑で逮捕され、懲役2年4月の刑で1979年(昭和54年)2月から1981年(昭和56年)6月頃まで服役した。

山口組3代目・田岡一雄の跡を継いで四代目を継承すると見られていた山本健一(山口組若頭)が1982年(昭和57年)2月4日に急死すると、山健組二代目を継承、 同年6月には三代目山口組の直参に昇格した。

1984年(昭和59年)6月、竹中正久を組長とする四代目山口組の発足に伴い若頭補佐に抜擢される。1985年(昭和60年)1月に竹中と共に若頭・中山勝正豪友会会長)が一和会暗殺される(山一抗争)と、翌2月、暫定執行部体制で若頭に就任。

1989年平成元年)、一和会との抗争を終結させて、同年4月27日、五代目山口組組長に就任した。組長在任中は若頭・宅見勝らの方針もあり警察との対立を避け、ブロック制導入などの合理化・統制化を勧め拡大路線を推進し続けた。

1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災では救援に手間取る行政機関よりも早く近隣住民への防災用品や緊急食料の配布を本部事務所にて行った。その模様はイタリアマスメディアにて「マフィアが救援活動」と報じられ、被災者からも感謝の声があった。この救援活動は世界中で報道されている。

2004年(平成16年)11月山下組組員警官誤射殺事件で傘下組織組員が起こした不法行為に対する使用者責任を認定した最高裁判決を受けると、長期静養を宣言して組の運営を執行部に委譲。2005年(平成17年)、体調不良により引退した。

2012年12月1日、兵庫県神戸市中央区の自宅で死去[1][2]。71歳没。

演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
健竜会会長
初代: 1969年頃-1982
次代:
桑田兼吉
先代:
山本健一
山健組組長
2代目: 1982-1989
次代:
桑田兼吉
先代:
竹中正久
山口組組長
5代目: 1989-2005
次代:
司 忍