柿沼康二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柿沼 康二(かきぬま こうじ、1970年7月16日 - )は、日本書家栃木県矢板市出身。

経歴[ソースを編集]

5歳より筆を持ち、父・柿沼翠流をはじめ、手島右卿上松一條に師事。東京学芸大学教育学部芸術科(書道)卒業。2006年 - 2007年プリンストン大学特別研究員(客員書家)。

受賞歴として第4回手島右卿賞、第6回国井誠海賞、独立書展特選、独立書人団50周年記念賞、毎日書道展/毎日賞(2回)など。

NHKトップランナー」、毎日放送情熱大陸」、テレビ東京たけしの誰でもピカソ」、NHK「課外授業 ようこそ先輩」などに出演。また、2007年のNHK大河ドラマ風林火山」や、2008年の映画「アキレスと亀」(北野武監督)で題字等を揮毫。

超大筆などを使用した書道パフォーマンスでも有名。メトロポリタン美術館、ケネディセンター(ワシントンDC)、フィラデルフィア美術館愛知万博鼓童アース・セレブレーションなどでパフォーマンスを披露。

2013年11月23日- 2014年3月2日、金沢21世紀美術館にて、「柿沼康二 書の道 “ぱーっ”」開催。https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=45&d=1626

現在、(株)柿沼事務所代表取締役社長兼所属アーティスト/書家。

外部リンク[ソースを編集]