山口竜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口竜一
Ryuichi-Yamaguchi20110106.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県小山市
生年月日 (1964-01-26) 1964年1月26日(54歳)
身長 162cm
体重 50kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 ホッカイドウ競馬
所属厩舎 桧森邦夫
→村上正和
勝負服 緑・黄山形一本輪
初免許年 1981年
免許区分 平地
騎手引退日 2013年
通算勝利 19804戦2843勝
調教師情報
初免許年 2014年1月1日
経歴
所属 宇都宮競馬
→ホッカイドウ競馬
テンプレートを表示

山口 竜一(やまぐち りゅういち、1964年1月26日 - )は、ホッカイドウ競馬所属の調教師、元騎手

来歴[編集]

1981年宇都宮競馬場所属騎手としてデビュー。4月25日に初騎乗、5月10日に初勝利を挙げる。

1995年4月29日東京競馬場で行われた青葉賞で、13番人気だったロードミライに騎乗。これが中央競馬(JRA)初騎乗でありJRA重賞初騎乗でもあったが、結果は14着に終わる。

2005年、3月で宇都宮競馬が廃止となり、6月にホッカイドウ競馬に移籍する。

2006年7月22日函館競馬場で行われたラベンダー賞インパーフェクトで制しJRA初勝利を挙げる。10月に行われたスーパージョッキーズトライアルで2位となり、補欠騎手として第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズに推薦された。

2007年2月14日ゴールデンジョッキーカップに出場するも9位だった。8月16日に地方通算2500勝を達成、10月11日エーデルワイス賞をマサノミネルバで制しダートグレード競走初勝利。

2013年度第3回調教師免許試験に合格し、2014年1月1日付で調教師免許を取得[1]。2014年7月9日門別競馬第4競走で管理馬スケリッグマイケルが勝ち、調教師としての初勝利をあげた[2]

北海道移籍の経緯[編集]

2005年の宇都宮競馬廃止後、他の地方競馬から移籍の案件があったものの本人は断り、2年ほど何もせずに過ごしてこれからの事を考えようと思っていた。しかし宇都宮競馬廃止で実質無職となった山口をねぎらうファンの言葉や、家族の言葉が逆に重くのしかかる。そこでいい騎手が多く、いい2歳馬が集まるホッカイドウ競馬への移籍を考え、以前騎手交流戦で親交があった斎藤正弘(現・ホッカイドウ競馬調教師)へ相談。断られると思っていたか、とんとん拍子に話が進み、その年の6月に北海道へ単身赴任で移住。ホッカイドウ競馬の騎手として騎手生活の再スタートを切る。

山口は単身赴任であり、家族は栃木在住である。冬期休催期間に栃木の家族の元へ帰る生活を続けている。

期間限定騎乗[編集]

ホッカイドウ競馬のオフシーズンには他地区の競馬場にて期間限定騎乗を行っていた。

表彰[編集]

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 地方競馬情報サイト(2013年12月16日)
  2. ^ 山口 竜一調教師 初勝利!”. ホッカイドウ競馬 (2014年7月9日). 2014年8月21日閲覧。
  3. ^ 期間限定騎手の受入について - 緑に囲まれたレジャー施設:佐賀競馬(さがけいば)
  4. ^ 【お知らせ】 ホッカイドウ競馬より山口竜一騎手が短期移籍! - 笠松けいば
  5. ^ 期間限定交流騎乗について - 名古屋競馬オフィシャルサイト
  6. ^ 平成22年度他地区所属騎手の期間限定騎乗の取扱い等について - nankankeiba.com
  7. ^ ホッカイドウ競馬所属騎手の期間限定騎乗について - ホッカイドウ競馬

関連項目[編集]

外部リンク[編集]