南那須町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みなみなすまち
南那須町
南那須町旗
南那須町章
南那須町旗 南那須町章
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
南那須町烏山町那須烏山市
現在の自治体 那須烏山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 栃木県
那須郡
市町村コード 09401-3
面積 81.56km2
総人口 12,888
推計人口、2005年9月1日)
隣接自治体 市貝町高根沢町小川町さくら市烏山町
町の木 ケヤキ
町の花 コブシ
町の鳥 ヒバリ
南那須町役場
所在地 321-0595
栃木県那須郡南那須町大字大金240
座標 北緯36度39分31秒 東経140度05分38秒 / 北緯36.6585度 東経140.09392度 / 36.6585; 140.09392座標: 北緯36度39分31秒 東経140度05分38秒 / 北緯36.6585度 東経140.09392度 / 36.6585; 140.09392
南那須町の県内位置図
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

南那須町(みなみなすまち)は、栃木県東部にあったである。宇都宮市への通勤率は16.4%(平成12年国勢調査)。2005年10月1日烏山町との合併により那須烏山市となった。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
南那須町町域の変遷(年表)
月日 旧南那須町町域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行により、以下の町村が発足[1][2]
  • 荒川村 ← 森田町と田野倉村・岩子村・小塙村・高瀬村・小河原村・東原村・大里村・曲田村・
    曲畑村・大畑村・宇井村・小倉村・八ケ代村・福岡村・鴻野山村・小白井村
  • 下江川村 ← 熊田村・月次村・志鳥村・上川井村・下川井村・南大和久村・藤田村・三箇村
1954年(昭和29年) 6月1日 荒川村・下江川村が合併し南那須村が発足。
1971年(昭和46年) 9月1日 南那須村は町制施行し南那須町となる。
2005年(平成17年) 10月1日 南那須町は烏山町と合併し那須烏山市が発足。南那須町は消滅。
  • 市制・町村制以前の変遷表
市制町村制以前の南那須町町域の変遷表
1868年
以前
明治元年 - 明治22年 明治22年
4月1日
森田町 荒川村
田野倉村
岩子村
小塙村
高瀬村
小河原村
東原村
万行村 明治初年
十一人村
明治9年
大里村
小鍋村
深作村
曲田村
曲畑村
大金村 明治6年
大金村
中ノ内村
宇井村
小倉村
八ケ代村
福岡村
鴻野山村
小白井村
熊田村 明治7年
熊田村
下江川村
中井上村
新熊田村
月次村
志鳥村
上川井村
下川井村
大和久村 明治7年
南大和久村
藤田村
入江野村 明治7年
三箇村
塙村
西戸田村
  • 市制・町村制以後の変遷表
市制・町村制以後の南那須町町域の変遷表
1889年
以前
明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
森田町 荒川村 昭和29年6月1日
南那須村
昭和46年9月1日
町制
平成17年10月1日
那須烏山市
那須烏山市
田野倉村
岩子村
小塙村
高瀬村
小河原村
東原村
大里村
曲田村
曲畑村
大金村
宇井村
小倉村
八ケ代村
福岡村
鴻野山村
小白井村
熊田村 下江川村
月次村
志鳥村
上川井村
下川井村
南大和久村
藤田村
三箇村

行政[編集]

地域[編集]

教育[編集]

  • 栃木県立南那須養護学校

(以下、現那須烏山市立)

中学校[編集]

  • 南那須町立荒川中学校
  • 南那須町立下江川中学校

小学校[編集]

  • 南那須町立荒川小学校
  • 南那須町立江川小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 大金温泉
  • 曲田横穴墓群

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 9 栃木県』、角川書店、1984年 ISBN 4040010906より
  2. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]