髙嶋徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高嶋徹から転送)
髙嶋 徹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県宇都宮市
生年月日 1970年4月18日
没年月日 (2021-09-28) 2021年9月28日(51歳没)
身長
体重
171 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1988年 ドラフト外
初出場 1989年9月9日
最終出場 2000年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙嶋 徹(たかしま とおる、1970年4月18日 - 2021年9月28日)は、栃木県宇都宮市出身のプロ野球選手捕手)。1997年から1998年までの登録名は髙嶋 龍(たかしま りゅう)。 娘は元「東京パフォーマンスドール」リーダーで女優の高嶋菜七[1]

来歴・人物[編集]

宇都宮市立雀宮中学校から宇都宮学園高に進学し、1988年第60回選抜第70回全国選手権に出場。4番に座り、3番に座っていた真中満とともにチームを引っ張った。春は3勝し、ベスト4。夏は2勝し、3回戦敗退。強力打線の核として攻守に突出したファイターぶりを発揮し、甲子園でも人気者となった。

1988年オフ、ドラフト外オリックス・ブレーブスに契約金3300万円、年俸400万円(金額は推定)で合意し、入団[2]

1989年シーズンは、ルーキーながら一軍に出場。

1994年仰木彬の日替わり打線の下、4番も経験。

1995年シーズンオフに久保充広大島公一との2対2の交換トレードで堀江晃治とともに近鉄バファローズへ移籍[3]

1997年、登録名を「髙嶋龍」に変更。しかし、近鉄移籍後の3年間は怪我で鳴かず飛ばずとなり、1998年シーズンオフに心機一転の意味を込め、登録名を「髙嶋徹」に戻した[4]

1999年は、3年ぶりに一軍に復帰し、終盤に一軍で3年ぶりの本塁打を記録。しかし、翌年2000年のシーズンオフに戦力外通告を受け、現役引退。

2003年に株式会社ラウンドワンに入社し、会社員として勤務していた[5]

2021年9月28日直腸がんのため大阪市内の病院で逝去[6][7]。51歳没。娘が所属していた東京パフォーマンスドールは2日前に活動休止前最後の公演を開催しており、娘によると高嶋はその公演の様子をインターネットの配信中継で見ていたという[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 オリックス 3 4 4 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
1992 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1993 35 51 46 3 9 0 0 0 9 4 0 0 0 2 2 0 1 5 1 .196 .235 .196 .431
1994 58 140 123 10 33 6 0 2 45 13 0 0 0 1 14 0 2 19 2 .268 .350 .366 .716
1995 25 41 36 0 7 1 0 0 8 3 0 0 1 0 3 0 1 5 1 .194 .275 .222 .497
1996 近鉄 11 13 11 1 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 2 0 0 2 0 .182 .308 .455 .762
1999 18 30 28 2 6 0 1 1 11 2 0 0 0 1 0 0 1 2 2 .214 .233 .393 .626
2000 9 12 12 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .167 .167 .167 .333
通算:8年 161 294 263 17 60 7 1 4 81 25 0 0 1 4 21 0 5 36 6 .228 .294 .308 .602

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (1989年 - 1994年)
  • 19 (1995年)
  • 55 (1996年 - 2000年)

登録名[編集]

  • 髙嶋 徹 (たかしま とおる、1989年 - 1996年、1999年 - 2000年)
  • 髙嶋 龍 (たかしま りゅう、1997年 - 1998年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 高嶋菜七ツイート - Twitter 2021年10月1日
  2. ^ 朝日新聞、1988年12月3日付朝刊 (23面)
  3. ^ 「オリックスと近鉄で2対2のトレード」『読売新聞』(縮刷・関東版) 1995年(平成7年)11月25日付朝刊、16面(スポーツ面)。
  4. ^ 日刊スポーツ発行99プロ野球選手写真名鑑
  5. ^ en転職「株式会社ラウンドワン(東証一部上場)の店舗運営スタッフ(支配人候補)(85871)」”. 株式会社エンジャパン. 2021年9月29日閲覧。
  6. ^ 【オリックス】51歳直腸がん…OBの元捕手・高嶋徹さんが死去 263打数60安打、打率2割2分8厘 - 中日スポーツ 2021年9月29日
  7. ^ 朝日新聞スポーツ記者による2021年9月29日のツイート” (日本語). Twitter. 2021年9月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]