廣瀬佳正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
廣瀬 佳正
Yoshimasa Hirose
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 廣瀬 佳正
ひろせ よしまさ
愛称 グッドマン
ヒロセ
ミスターブリッツェン
生年月日 (1977-10-21) 1977年10月21日(39歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 173cm
体重 63kg
チーム情報
所属 宇都宮ブリッツェン
期別 引退
分野 ロードレース
役割 ゼネラルマネージャー
特徴 パンチャー
アマ所属チーム
作新学院高等部
プロ所属チーム
2003–2004
2005–2008
2009–2012
シマノレーシング
スキル・シマノ
宇都宮ブリッツェン
主要レース勝利
ジャパンカップ2005~2007・2009山岳賞
最終更新日
2017年7月2日

廣瀬 佳正(ひろせ よしまさ、1977年10月21日 - )は、栃木県宇都宮市出身の元自転車プロロードレース選手。チームブリヂストン・アンカースキル・シマノを経て、地元で自ら立ち上げた宇都宮ブリッツェンに所属。現・宇都宮ブリッツェンのゼネラルマネージャー。


元々、運動が大好きで、空手とか野球とかテニスとかいろんなことをやっていたが、自転車競技を始めたのは高校一年生で、自転車部に入っていた兄の影響から。地元で行われた「ジャパンカップサイクルロードレース」という大きな国際大会を見て衝撃を受けて、自分もロードレースの世界で、ヨーロッパでプロになりたいと誓い、そこからロードレース一本。[1]

2006年の戦績により、オールラウンダーとして2007~2008年はヨーロッパツアーを転戦。
2009年のジャパンカップサイクルロードレースでは山岳賞を獲得し、観客の注目を集めた。
2012年6月のJPT第8戦 JBCF東日本ロードクラシック(群馬サイクルスポーツセンター)にて、競技生活20年目にしてメジャーロードレースでの初勝利を飾った。

来歴[編集]

作新学院高等部(自転車競技部)卒業後、佐野のクラブチーム「YCST」に所属。

1998年

  • 全日本選手権U23個人タイムトライアル 優勝

1999年

  • 全日本選手権U23個人タイムトライアル 優勝

2001年

2003年

2005年

  • ジャパンカップサイクルロードレース 山岳賞

2006年

  • 全日本選手権 5位
  • ジャパンカップサイクルロードレース 山岳賞
  • Jツアーの年間ランキング8位

2007年

  • ジャパンカップサイクルロードレース 山岳賞

2008年

2009年

  • 10月25日 ジャパンカップサイクルロードレース 山岳賞

2010年

  • コーチ職を解かれ、キャプテンとして選手業に専念。

2012年

  • 3月11日 JPT第1戦 JBCFしもふさクリテリウム - 決勝50分+2周(1周=1.5km) 7位
  • 3月18日 西日本チャレンジロードレース - A-E 61.5km(12.3kmx5laps) 6位
  • 4月8日 JPT第3戦 JBCF南紀白浜クリテリウム - 39km 4位
  • 4月21日 JPT第4戦 JBCF群馬CSCロードレース - 120km 11位
  • 6月24日 JPT第8戦 JBCF東日本ロードクラシック - 150km 優勝
  • 7月1日 JPT第9戦 JBCF西日本ロードクラシック - 147.6km 2位
  • 8月18日 JPT第11戦 JBCF湾岸クリテリウム - 決勝32km 2位
  • 9月12日 今季限りでの現役引退を発表[2]
  • 10月14日 JPT第16戦 JBCF知多半島美浜クリテリウム - 95分+2周 2位
  • 10月20日 JAPANCUP CRITERIUMS - 宇都宮市街地 - UCIクリテリウム - 31km 9位
  • 12月1日 宇都宮ブリッツェンのGMに就任[3]

2016年

  • 7月31日 湾岸クリテリウム スペシャルステージ ジャパン・レジェンドたちによるドリームレース 優勝[4]

出典[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]