ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム
チーム情報
UCIコード BGT
本拠地 日本の旗 日本
創設年 1964年
種目 ロードレース
格付け コンチネンタルチーム
首脳陣
監督 水谷壮宏他
過去のチーム名
1964-
?-1998
1999-
ブリヂストンサイクル自転車競技部
ブリヂストンサイクルレーシングチーム
ブリヂストン・アンカー

ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム(BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM)は、ブリヂストンサイクルが運営する日本の自転車競技チーム。メインのロードレースからクロスカントリー(MTB)、トラックレースといった複数のカテゴリーの選手を擁する日本を代表するチーム。本拠地は埼玉県上尾市。チーム名の「ブリヂストン・アンカー」は同社の本格スポーツサイクルのブランドでもある。

歴史[編集]

1964年に創部されたブリヂストンサイクル自転車競技部を源流とする。1999年、ブリヂストンサイクルレーシングチームが改称・改組され、チームブリヂストン・アンカーとなった。この際、選手が全員プロ登録し、チームはプロ化されたほか、日本国内では数少ないロード・トラック・MTBといった複数部門を抱える総合自転車競技チームとなった。

ロードチーム[編集]

2005年シーズンまでヨーロッパを拠点にレース活動を展開したが、2006年に「国内でのレース活動を普及させ、若手を中心とした底辺を拡大するため」として、活動の中心を日本国内レースに置くようになった。2008年UCIコンチネンタルチーム登録を再開。登録名は「TEAM BRIDGESTONE ANCHOR」、UCIコードは「BGT」。

2013年シーズンは昨年度のU23チーム(2011年まではブリヂストンエスポワールのチーム名で活動)の一部メンバーをロードチームに昇格。残ったメンバーは浅田顕監督が再結成したエキップアサダの新生チームEQA U23へ移籍した。

2017年現在のUCI登録名は「BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM」(ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム)[1][2]である。

主な戦績[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

選手・指導者(2017年シーズン体制)[編集]

ロードチーム[編集]

選手名 所属年 国籍 生年月日 所属中の主な戦績 前所属先 その他
MONIER Damien
(ダミアン・モニエ)
2013- フランスの旗 フランス 1982年8月27日 ツール・ド・北海道2013 総合2位 コフィディス
初山翔 2013- 日本の旗 日本 1988年8月17日 ツール・ド・おきなわ2013 優勝
全日本選手権2016ロードレース優勝
宇都宮ブリッツェン
西薗良太 2015- 日本の旗 日本 1987年9月1日 全日本選手権2012,2016
タイムトライアル優勝
チャンピオンシステム(2013)
現役復帰
一丸尚伍 2015- 日本の旗 日本 1992年1月4日 EQAU23
鈴木龍フランス語版 2016- 日本の旗 日本 1992年9月29日 那須ブラーゼン
大久保陣 2017- 日本の旗 日本 1988年10月8日 宇都宮ブリッツェン
堀孝明 2017- 日本の旗 日本 1992年7月1日 宇都宮ブリッツェン
石橋学 2017- 日本の旗 日本 1992年11月30日 NIPPO・ヴィーニファンティーニ
面手利輝フランス語版 2017- 日本の旗 日本 1993年3月18日 チーム・ペイネーム
近谷涼 2017- 日本の旗 日本 1993年3月18日 マトリックス・パワータグ

MTBクロスカントリーチーム[編集]

選手名 所属年 国籍 生年月日 所属中の主な戦績 前所属先 その他
平野星矢 2010- 日本の旗 日本 1987年5月15日 アジアMTB選手権4位(2010) バイクランチ
沢田時 2012- 日本の旗 日本 1994年1月12日 全日本選手権2016シクロクロス優勝 ENDLESS/ProRide

過去の主な選手[編集]

チームスポンサー[編集]

等計9社(2016年現在)

脚注[編集]

外部リンク[編集]