鈴木真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Shinri Suzuki
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 鈴木真理
すずき しんり
愛称 しんりくん
生年月日 (1974-12-25) 1974年12月25日(42歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 170cm
体重 60kg
チーム情報
所属 宇都宮ブリッツェン
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 パンチャー
プロ所属チーム
1990-1993
1994-1995
1996-1998
1999-2004
2005
2006-2007
2008
2009-2011
2012
2013-
チームアトランタ
エアロセプシーあずみの
ブリヂストン
シマノレーシング
チームブリヂストン・アンカー
チームミヤタ
スキル・シマノ
シマノレーシング
キャノンデールスペースゼロポイント
宇都宮ブリッツェン
主要レース勝利
全日本ロード 2002
アジア選手権 2003
アジア選手権 2004
Jツアー年間総合 2006,2007
Jサイクルツアー年間総合 2009
最終更新日
2017年7月30日

鈴木 真理(すずき しんり、1974年12月25日 - )は、神奈川県二宮町出身の自転車プロロードレース選手である。自宅は松戸市で、宇都宮では生活を送るほか週に数回行き来している。

高校時代は自転車オンリー生活で、週末は毎週150km前後走っていた。平日は一人が多かったので2時間で終了。 当時、ドラゴンボールが流行っていて、亀仙人甲羅の重りを背負って修行するのを見て、ボトルに鉛を入れて、サドルにつけて練習してました。ダンシングをすると重りで左右に振られて自転車が超重く感じるんです。 因みにボトルゲージに積んだら、ボトルゲージが壊れました[1]

来歴[編集]

1990年

1994年

2002年

2003年

2004年

2006年

2007年

2009年

2012年

  • キャノンデールスペースゼロポイントに移籍
  • 8月強化トレーニング中に落車、大腿骨骨折[5]により長期療養を余儀なくされる。

2013年

2014年

2015年

2016年

  • 4月23日 JPT第5戦 第8回 JBCF 群馬CSCロードレース Day-1 3位
  • 上述のレース後に脚に激痛が走り、検査の結果左脚に数年前から血栓ができていたのが判明し6月に手術[6]
  • ジャパンカップクリテリウムは最後の出場になるかと思い強行出場[6]し80位。
  • 10月下旬に大腿深静脈封鎖を開通させる手術。同時に車をBMW・M3からジョンクーパーへ乗り換え[7][6]
  • 以降は治療を優先させレースは欠場している。

2017年

  • 宇都宮ブリッツェンのジュニア育成組織アップビーリングシステムでコーチを担当。

その他[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 夏休み公式ブログ - (2017年7月30日観覧)
  2. ^ 鈴木真理 パールイズミ アスリートインタビュー
  3. ^ 理解不能公式ブログ - (2017年7月30日観覧)
  4. ^ 8th TOUR OF JAPANTOJ公式サイト
  5. ^ キャノンデールスペースゼロポイント 鈴木真理が大腿骨骨折 - サイクルスポーツ.jp 2012年8月6日記事
  6. ^ a b c 2016年シーズンを振り返る2公式ブログ - (2017年7月30日観覧)。
  7. ^ 成果はあるのだが公式ブログ - (2017年7月30日観覧)
  8. ^ 鈴木真理ブログ - (2013年7月13日閲覧)
  9. ^ 鈴木理沙 P★LEAGUEオフィシャルブログ

外部リンク[編集]