田代恭崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田代 恭崇(たしろ やすたか、1974年6月7日 - )は、東京都出身の元自転車プロロードレース選手である。2007年シーズンをもって引退し、2008年1月にブリヂストンサイクルに入社した。

来歴[編集]

城西大学在学中にサイクリング部に所属し、ロードレーサーに乗り始め、行事の耐久レースに参戦したのをきっかけに本格的に自転車競技を始める。

大学卒業後にプロへ転向。後にフランスを拠点とし、ヨーロッパ各国のレースに参戦。国際カテゴリーにおいて優勝を果たす一方、国内でも全日本選手権を二度制覇するなどトップレーサーとして活躍を続ける。

2007年10月15日、チームブリヂストン・アンカー・オフィシャルブログで2007年シーズン限りでの現役引退を発表。翌日には自身のブログでも引退を発表する。

  • 2004年 アテネ五輪に日本代表として出場
  • 2006年 ナショナルチームのメンバーとしてアジアを中心に転戦しタイトルを多く獲得。
  • 2007年 フランスと国内を中心に転戦。
  • 2013年 「Team TAUGE Japan」として、俳優の筒井道隆、八戸大学学長を務める大谷真樹らと「Haute Route Alps(オートルート・アルプス)」に参戦。日本人として初完走。

主な戦績[編集]

外部リンク[編集]