畑中勇介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畑中勇介
Yusuke Hatanaka
Cycling (road) pictogram.svg
Pont-à-Marcq - Ronde pévéloise, 13 juillet 2014 (B046).JPG
個人情報
本名 畑中 勇介
はたなか ゆうすけ
愛称 絹代
生年月日 (1985-06-21) 1985年6月21日(31歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 179
体重 72
チーム情報
所属 TEAM UKYO
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 パンチャー
アマ所属チーム
 
昭和第4学園高等学校
プロ所属チーム
2008
2009-
スキルシマノ
シマノレーシング
主要レース勝利
Brixia Tour第1ステージb(チームTT) 2008
最終更新日
2009年12月16日

畑中 勇介(はたなか ゆうすけ、1985年6月21日 - )は、東京都出身の自転車プロロードレース選手である。2010年シマノレーシングに所属。 現在TEAM UKYO 所属 八王子周辺で育ち、早くから活躍していたことから「八王子のスーパースター」[1]、「オレ八王子」などの愛称がある。自転車以外ではヨーヨーの名人という一面を持っている[2]。妻はサイクルライフナビゲーターの絹代[3]

経歴[編集]

中学生時に本格的に自転車ロードレースに興味を持ち始める。この頃から当時第一線で活躍していた栗村修と出会い強い影響を受けている[4]

昭和第一学園高等学校を経て、チームブリヂストン・アンカーのジュニアチームに加入。いきなりフランスで活動を始める。当初は経験不足から苦戦を強いられたが徐々に実力を開花させる。

2007年

  • U-23日本選手権個人タイムトライアルで勝利
  • U-23世界選手権でも完走を果たすなど一定の成果を出す。

2008年スキル・シマノのトップチームに移籍する。

  • 1月のジャラジャウ・マレーシア(UCI2.2)第7ステージでいきなり勝利。これはチームとしても2008年初勝利だった。*さらに7月のブリクシア・ツアー(UCI1.1)第1ステージbでチームタイムトライアルながら勝利。前のステージでチーム最先着だったことからリーダージャージも1日だけながら獲得した。

2010年

2011年

2012年

2015年

脚注[編集]

  1. ^ 栗村修の公式ブログでの記述。当該エントリ
  2. ^ 島田真琴の公式ブログの当該エントリ
  3. ^ http://hurray.kinuyoworld.net/?eid=1233713
  4. ^ 栗村修によるインタビュー記事

外部リンク[編集]