ジャパンカップサイクルロードレース2010

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャパンカップサイクルロードレース2010は、ジャパンカップサイクルロードレースの19回目のレース。2010年10月23日24日の両日開催された。

ジャパンカップクリテウム初開催[編集]

当年は初の試みとして、ジャパンカップ(男子エリート)の前日にあたる10月23日に、宇都宮市中心部、宇都宮二荒山神社前をスタート・ゴールとして、大通り県道宇都宮那須烏山線)の本町交差点から上河原交差点間の上下車線を封鎖して設けられた1周1.55kmの特設クリテリウムコース[1]による「ジャパンカップクリテリウム」が行われた。こちらには男子エリートに出場する14チームに加え、特別招待選手のオスカル・プジョルサーヴェロ・テストチーム)・別府史之チーム・レディオシャック)と村上義弘渡邉一成脇本雄太の3競輪選手から成る「サーヴェロ・レディオシャック・ケイリンスペシャルチーム」が特別参加した。

結果[編集]

ジャパンカップ[編集]

順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 ダニエル・マーティン アイルランドの旗 アイルランド ガーミン・トランジションズ 4時間02分28秒
2 ピーター・マクドナルド オーストラリアの旗 オーストラリア ドラパック・ポルシェ・サイクリング +57秒
3 畑中勇介 日本の旗 日本 シマノレーシング
4 西谷泰治 日本の旗 日本 愛三工業レーシングチーム
5 鈴木真理 日本の旗 日本 シマノレーシング
6 宮澤崇史 日本の旗 日本 チームNIPPO
7 ヨハネス・フレーリンガー ドイツの旗 ドイツ チーム・ミルラム
8 アンダース・ルンド  デンマーク チーム・サクソバンク
9 新城幸也 日本の旗 日本 Bbox ブイグテレコム
10 ルカ・マッツァンティ イタリアの旗 イタリア チーム・カチューシャ
11 トーマス・ピーターソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ガーミン・トランジションズ +1分01秒
12 福島晋一 日本の旗 日本 クムサン・ジンセン・アジア
13 品川真寛 日本の旗 日本 愛三工業レーシングチーム +1分03秒
14 佐野淳哉 日本の旗 日本 チームNIPPO +1分10秒
15 伊丹健治 日本の旗 日本 チームブリヂストン・アンカー +1分56秒
16 土井雪広 日本の旗 日本 日本の旗 日本ナショナルチーム +1分58秒
17 ティモシー・ダガン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ガーミン・トランジションズ +2分00秒
18 井上和郎 日本の旗 日本 チームNIPPO +2分15秒
19 ユーレ・ゴルチェル スロベニアの旗 スロベニア デ・ローザ=スタック・プラスティック +2分20秒
20 クリスティアーノ・サレルノ イタリアの旗 イタリア デ・ローザ=スタック・プラスティック +2分24秒
その他の賞

ジャパンカップクリテリウム[編集]

  • 10月23日(土) 宇都宮市内 1.55km×23周(パレード3周+20周)[3]
順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 トーマス・パルマー オーストラリアの旗 オーストラリア ドラパック・ポルシェ・サイクリング 42分20秒
2 デニス・ガリムジャノフ ロシアの旗 ロシア チーム・カチューシャ
3 グスタフ・ラーション  スウェーデン チーム・サクソバンク
4 ロビー・マキュアン オーストラリアの旗 オーストラリア チーム・カチューシャ +02秒
5 アンドレ・ステーンセン  デンマーク チーム・サクソバンク
6 クラウディオ・クチノッタ イタリアの旗 イタリア デ・ローザ=スタック・プラスティック
7 宮澤崇史 日本の旗 日本 チームNIPPO
8 プーチョン・サイウドンシン タイ王国の旗 タイ クムサン・ジンセン・アジア
9 辻善光 日本の旗 日本 宇都宮ブリッツェン
10 デヴィッド・ベル オーストラリアの旗 オーストラリア ドラパック・ポルシェ・サイクリング
その他の賞

その他のレース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クリテリウムコース紹介(公式サイト内)
  2. ^ 37kmに渡る劇的な逃げ切りを成功させたマーティンが初優勝 - 公式サイト2010年10月24日21時1分付記事
  3. ^ クリテリウム初代王者はトーマス・パルマー フミの逃げに大観衆が沸く - 公式サイト2010年10月24日6時10分付記事
  4. ^ オープン男子 ラバネロ小段亮と栂尾大知が固い結束でワン・ツーフィニッシュ! - 公式サイト2010年10月24日1時38分付記事
  5. ^ オープン女子 元日本チャンプの西加南子が粘りの走りでジャパンカップ初制覇 - 公式サイト2010年10月24日2時52分付記事
  6. ^ 本柳隆志と畠山和也がチャレンジレースを制す - 公式サイト2010年10月23日23時15分付記事

外部リンク[編集]