ダニエル・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエル・マーティン
Daniel Martin
Cycling (road) pictogram.svg
Dan Martin, Japan Cup 2012 (cropped).jpg
2012年 ジャパンカップにて
個人情報
本名 Daniel Martin
ダニエル・マーティン
愛称 Dan(ダン)
生年月日 (1986-08-20) 1986年8月20日(31歳)
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
身長 176cm
体重 62kg
チーム情報
所属 クイックステップ・フロアーズ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
アマ所属チーム
2005–2007
VC・ラ・ポム
プロ所属チーム
2008–2015
2016–
チーム・キャノンデール・ガーミン
エティックス・クイックステップ
クイックステップ・フロアーズ
主要レース勝利
ジロ・ディ・ロンバルディア 2014
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 2013
カタルーニャ一周 2013
ツール・ド・ポローニュ 2010
ジャパンカップサイクルロードレース 2010
ジロ・ディ・トスカーナ 2011
アイルランドの旗 アイルランド選手権・ロード 2008
ツール・ド・フランス 区間通算1勝
ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間通算1勝
最終更新日
2017年1月11日

ダニエル・マーティン(Daniel Martin、1986年8月20日 - )は、イングランドバーミンガム出身で、アイルランド自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

父、ネイルも元プロロードレース選手。また、1987年トリプルクラウン達成者であるステファン・ロッシュは、ネイルの義理の弟にあたり、
その息子ニコラス・ロッシュは従兄弟の関係にあたる。

2004年英国国内選手権・ジュニア部門ロードレースで優勝。 その後、アイルランドに移住し、国籍を得る。

2005年、アマチュアチームである、ヴェロ・クリュブ・ラ・ポム・マルセイユ[1](VC・ラ・ポム)に加入。

2008年、スリップストリーム・チポートレ(後の ガーミン・シャープ)と契約を結び、プロに転向。

2009年ブエルタ・ア・エスパーニャ 初出場。総合53位。

2010年ツール・ド・ポローニュ第4ステージを制して総合首位に立ち、最後は同2位のグレガ・ボレを8秒差下し総合優勝。 ジャパンカップサイクルロードレースでは、残りあと3周を通過した直後の上りでアタックをかけ、そのまま独走を決めて優勝。

2011年ツール・ド・ポローニュ最終ステージでペーター・サガンに逆転され総合2位。

2013年カタルーニャ一周第4ステージにて逃げ切り勝利[2]、そのままリーダージャージを守りきり総合優勝[3]リエージュ〜バストーニュ〜リエージュにてアイルランド人として24年ぶりの優勝を挙げた[4]

2016年エティックス・クイックステップに移籍。

主な戦績[編集]

2004年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 別府史之も2002年から2003年まで在籍経験がある。
  2. ^ ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ2013第4ステージ首位バルベルデが落車リタイア マーティンが最難関ステージで逃げ切り
  3. ^ ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ2013第7ステージ デヘントが最終ステージ逃げ切り勝利 マーティンが総合優勝に輝く
  4. ^ リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ2013 ヘジダルの攻撃が奏功 マーティンがドワイエンヌを制し、ケリー以来のアイルランド人覇者に

外部リンク[編集]