ホアキン・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホアキン・ロドリゲス
Joaquim Rodríguez
Cycling (road) pictogram.svg
Joaquim Rodríguez Giro 2011.jpg
個人情報
本名 Joaquim Rodríguez Oliver
ホアキン・ロドリーゲス・オリベル
愛称 エル・プリト(El Purito・小さな葉巻)
生年月日 1979年5月12日(37歳)
国籍 スペインの旗 スペイン
身長 169cm
体重 57kg
チーム情報
所属 チーム・カチューシャ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
2001–2003
2004–2005
2006–2009
2010-
オンセ・エロスキ
サウニエル・ドゥバル
ケス・デパーニュ
チーム・カチューシャ
主要レース勝利

ジロ・ディ・ロンバルディ 2012、2013
バスク一周 2015
カタルーニャ一周 2010
フレッシュ・ワロンヌ 2012
ブエルタ・ア・エスパーニャ

Jersey blue dotted.png 山岳賞 2005
Jersey white.svg 複合賞 2015
区間通算9勝

ツール・ド・フランス 区間通算1勝
ジロ・デ・イタリア

Jersey red.svg ポイント賞 2012
区間通算2勝
ブエルタ・ア・ブルゴス 2011
セトマナ・カタラナ 2004
スペインの旗 スペイン選手権・個人ロード 2007
GP・ミゲル・インドゥライン 2010
UCIワールドランキング 2010
UCIワールドツアー 2012、2013
最終更新日
2015年9月14日

ホアキン・ロドリゲス・オリベールカタルーニャ語: Joaquim Rodríguez Oliver1979年5月12日- )は、スペイン、パレッツ・ダル・バリェス出身の自転車競技選手。

経歴[編集]

2001年、オンセ・エロスキよりプロロードレース選手としてデビュー。

2003年、パリ~ニースで初のワールドツアー優勝。同年、ブエルタ・ア・エスパーニャでグランツール1勝目を挙げる。

2008年、ブエルタ第13ステージ、終盤の上り坂において、エースのアレハンドロ・バルベルデを終始引っ張った他、区間優勝を果たすことになるアルベルト・コンタドールとともに3人で最後まで区間優勝争いを演じ、コンタドール、バルベルデと僅差の3位。また総合順位も6位と健闘した。

2004年、サウニエル・ドゥバル=プロディール(現 ジェオックス・TMC)に移籍。

2006年、ケス・デパーニュに移籍。

2010年、チーム・カチューシャへ移籍。ブエルタ・ア・エスパーニャでは、第14ステージを制し、第16ステージ後に総合首位に立ったが、第17ステージの個人タイムトライアルで区間優勝のペーター・ヴェリトスに6分12秒差の区間105位と大敗したため、総合優勝争いから脱落した。最終順位は総合4位となった。(後に2位のエセキエル・モスケラのドーピング違反により3位に繰り上げ)。年間シリーズ戦、UCIワールドランキング2010 総合優勝。

2011年、アムステルゴールドレースフレッシュ・ワロンヌでは、いずれもフィリップ・ジルベールに惜敗し2位。

2012年、ジロ・デ・イタリアでは最終ステージの個人タイムトライアルでライダー・ヘシェダルに逆転を許し、総合2位。同年、ブエルタ・ア・エスパーニャでは第4〜第16ステージまで総合首位だったが、第17ステージにおいて陥落。さらにいずれも首位だったポイント賞、複合賞の両部門でも、最終ステージでアレハンドロ・バルベルデにいずれも逆転され、総合3位。

2016年、参加中で総合5位につけるツール・ド・フランスの休息日1日目、記者会見で今シーズン限りでの現役引退を発表した[1]

特徴[編集]

選手生活をクリーンで貫いてきた数少ない選手でもあり、年間ランキング1位にも3度(2010、2012、2013)と常に上位の成績を残す安定感のあるライダーである。

愛称であるプリト(小さな葉巻)は、プロになりたての頃に先輩ライダー達が苦労しながら越えていく坂を、軽々とクリアしていく際にタバコを吸う仕草をしたことに由来する。激坂男と呼ばれるほどに急勾配の短い上りで爆発的な強さを見せる。

グラン・ツールでは総合トップ10に入ること11回、その中で表彰台は5回、2度の2位と総合優勝にはあと一歩のところで届いていない。[2]

主な戦績[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 37歳ロドリゲスが今季で引退「最後のツールで総合表彰台に登りたい」
  2. ^ ホアキンが引退発表!男の引き際の美学

外部リンク[編集]