福島晋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福島晋一
Shinichi Fukushima
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 福島 晋一
ふくしま しんいち
生年月日 (1971-09-13) 1971年9月13日(45歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 171cm
体重 62kg
チーム情報
所属 NIPPO・デローザ
分野 ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
1996
2002
2003
2006
2007-2009
2010-
2011-
2012
2013
ブリヂストン・アンカー
Marlux ville de Charleroi-TT2
ブリヂストン・アンカー
Team Vang
梅丹本舗
クムサン・ジンセン・アジア
トレンガヌプロアジア
トレンガヌサイクリングチーム
チーム・NIPPO
主要レース勝利
全日本選手権個人ロード 2003
ツアー・オブ・ジャパン 2004
全日本選手権個人タイムトライアル 2010
ツール・ド・台湾 区間1勝
最終更新日
2010年1月10日

福島 晋一(ふくしま しんいち、1971年9月13日 - )は、大阪府出身の自転車プロサイクルロードレース選手である。弟の福島康司も元サイクルロードレースのプロ選手であり、福島兄弟として知られる。

経歴[編集]

信州大学在学中に自転車競技部に所属して競技を始め、卒業後の1994年オランダへ自転車留学。

1996年チームブリヂストン・アンカー入団。

2002年にはフランスで活動。同年6月から12月までベルギーのMarlux ville de Charleroi-TT2に所属。

帰国後の2003年全日本選手権ロードレースで優勝。2004年にはツアー・オブ・ジャパンで日本人選手初の総合優勝を飾る。2005年にはタイツアー・オブ・サイアム総合優勝。

2006年は、チーム・バン・サイクリング結成に参加。2007年、新体制となったエキップアサダ(NIPPO梅丹)のキャプテンとして活躍。2月マレーシアで行われたアジアで最上級に位置づけられるステージレースツール・ド・ランカウイでステージ優勝を果たす。

2008年、ツアー・オブ・ジャパン美濃ステージで優勝。フランスでのチームの活躍においてもキャプテンとして支えた。

2011年マレーシアのトレンガヌサイクリングチームに移籍。同チームのキャプテンとして、チームのアジアチームランキング3位に貢献。

2010年はエキップアサダの活動休止に伴い、韓国のクムサン・ジンセン・アジア(Geumsan Ginseng Asia)に移籍した。

2011年3月、ツール・ド・台湾の第5ステージで逃げ切り勝利。

2013年チームNIPPOに移籍。

近年はロードレース競技の底辺拡大を目指し、選手として指導者として信州飯田を中心に指導活動にも力を注いでいる。日本国内におけるロードレース競技の底辺の薄さを危惧したこういう活動は行政等の後押しも集め、注目されている。自らチーム代表として弟康司と共に「ボンシャンス飯田」の運営、指導も手がけている。

2013年10月7日、自らのブログ[1]において、「2013年のシーズンをもって引退」することを発表。

脚注[編集]

  1. ^ “引退”. 福島晋一の日輪り(ひまわり)日記. (2013年10月7日). http://blog.livedoor.jp/fugushima/archives/52341495.html 

外部リンク[編集]