井上和郎 (自転車選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上和郎
Kazuo Inoue
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 井上和郎
いのうえ かずお
生年月日 (1981-02-17) 1981年2月17日(37歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 168cm
体重 62kg
チーム情報
所属 引退
分野 ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
2005
2006
2007
2008
2009
2009-2010
2011-2016
ブリヂストン・アンカー
Team Vang
梅丹本舗
NIPPOエンデカ
AMICACHIPS・KNAUF
チームNIPPO
ブリヂストン・アンカー
グランツール最高成績
主要レース勝利
東アジア競技大会チームタイムトライアル 2009
最終更新日
2017年8月7日

井上和郎(いのうえ かずお、1981年2月17日 - )は、福井県福井市出身の自転車元プロロードレース選手である。

経歴[編集]

福井県立羽水高等学校出身。漫画「シャカリキ!」を読み興味を持ったことからロードレースを始める。

2005年

2008年

  • 全日本選手権で2位表彰台を獲得。この成績を元に同年の世界選手権に日本代表として選出された(結果はリタイア)。
  • 国体とは相性が良く、2005年から2008年までロードレース競技で三連覇を達成した。

2009年

  • プロコンチネンタルチームのAMICACHIPS・KNAUF(アミーカチップス・クナウフ)に移籍したが、給料未払い問題などで6月にチームが活動を停止、やむなくチームNIPPOに復帰した。同年12月に行われた東アジア競技大会に日本代表として出場、ロードチームタイムトライアル(メンバーは他に飯島誠盛一大吉田隼人)で優勝した。

2011年

  • ブリヂストンアンカーに復帰した。
  • ツール・ド・フィリピン(2.2)第2ステージ優勝

2012年

  • 10月に行われたぎふ清流国体において、成人男子個人ロードレースで優勝。国体4勝目を達成した。

このことからミスター国体と呼ばれることもある。

2014年

2015年

2016年

  • チームWebページにおいて引退を発表。[1]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.anchor-bikes.com/race/blog/2016/10/19_1026.html 【井上和郎・選手引退】『ロード選手が仕事』で良かったこと(チームブログ)

外部リンク[編集]