野寺秀徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
野寺秀徳
Hidenori Nodera
Cycling (road) pictogram.svg
Henninger Turm 2006 - Hidenori Nodera.jpg
個人情報
本名 野寺 秀徳
のでら ひでのり
愛称 のでちん、自転車マン
生年月日 (1975-06-07) 1975年6月7日(43歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 166cm
体重 58kg
チーム情報
所属 シマノレーシング
分野 ロードレース
役割 監督
プロ所属チーム
1998-2000
2001-2002
2003-2004
2005
2006-2008
2009-2010
シマノレーシング
コルパック・アストロ
シマノレーシング
シマノメモリーコープ
スキル・シマノ
シマノレーシング
グランツール最高成績
主要レース勝利
全日本選手権個人ロード 2005,2008
最終更新日
2010年6月30日

野寺 秀徳(のでら ひでのり、1975年6月7日 - )は、静岡県伊豆市出身の元自転車プロロードレース選手。2005年、2008年度全日本チャンピオン。

力強い登坂力とともに、特に厳しいレースにおけるスプリントで知られる。BMXを経験しており、ウィリーのパフォーマンスを見せることもよく知られていて、「のでちん」「自転車マン」という愛称を持つ。自身のブログによると「自転車マン」の愛称は近所の子供達に命名されたとのこと。

経歴[編集]

修善寺工業高校法政大学を出て、シマノレーシング(1998年〜)、コルパック・アストロイタリア、2001年〜)、シマノレーシング(→シマノメモリーコープ→スキル・シマノ→シマノレーシング)(2003年〜2010年)。

小学3年生の時にBMXに乗り始める。高校から本格的に競技を開始し、大学卒業後にシマノレーシングへ。2001年度からはイタリアチームのコルパック・アストロへ加入。トロフェオ・ライグエリアや、ティレーノ〜アドリアティコなどを完走。日本人としては市川雅敏以来2人目となるジロ・デ・イタリアの完走を果たす。その後、日本へ戻りシマノレーシングへ復帰。シマノの海外遠征のかたわら、日本国内で行われる多くの実業団レースでも勝利した。全日本選手権との相性も良く、2度の日本一に輝いた。

2010年6月4日、自身のブログにて同年6月27日に開催される全日本選手権にて現役生活にピリオドを打ち、引退することを表明。引退レースとなった全日本選手権では3位に入り、2003年から続いていた全日本選手権連続表彰台記録を8に伸ばした。また、前の週の6月20日に開催された実業団西日本ロードレースで優勝、これが野寺のキャリア最後の勝利である。引退後はシマノレーシングの監督に就任する予定。

主な実績[編集]

外部リンク[編集]