今村駿介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今村 駿介(いまむら しゅんすけ、1998年2月14日 - )は、福岡県出身の男子自転車競技選手。2015年ジュニア世界選手権自転車競技大会で、日本人中距離初の金メダルを獲得し、マイヨ・アルカンシェルを手にした。

来歴[編集]

祐誠高等学校に入学後、自転車競技を開始。

父は元競輪選手今村保徳で父に憧れ自転車競技を始める。

2015年