明石志賀之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明石 志賀之助 Sumo pictogram.svg
Yoshitoshi Akashi 1867.jpg
明石志賀之助(月岡芳年「美勇水滸伝」(1867))
基礎情報
四股名 明石 志賀之助
本名 山内 志賀之助
生年月日 不明
没年月日 不明
出身 下野国宇都宮(現:栃木県宇都宮市[1]
身長 約251.5cm[2]
体重 185kg[3]
所属部屋 不明
得意技 不明
成績
現在の番付 引退
最高位 初代横綱日下開山
生涯戦歴 不明
幕内戦歴 不明
優勝 0[4]
0[5]
データ
初土俵 不明
入幕 不明
引退 不明
引退後 不明
他の活動 不明
趣味 不明
備考
近代相撲の開祖
2015年10月13日現在

明石 志賀之助(あかし しがのすけ、生没年不詳[6])は、下野国宇都宮(現:栃木県宇都宮市)出身の元大相撲力士。初代横綱

江戸時代前期に実在した人物とされ、日本相撲協会が2015年現在で初代横綱に認定している。従来の力業だけでなく相撲の技に関しても多く研究し、現在でも基本とされている四十八手の技を考案した人物とも言われている。

来歴[編集]

下野国宇都宮(現:栃木県宇都宮市)で山内典膳の子として誕生する。幼名は鹿之介、身長は最盛期で八尺三寸(約251.5cm)[2]、体重は49貫(約185kg)[3]あったと伝わる。1624年に江戸・四谷塩町で初めて勧進相撲を興行したとされ、江戸勧進相撲の創始者とも言われている。その証拠となる番付が実在するとされていたが、後年になってその番付は「偽物」と否定された(番付は複数枚存在し、そのうち1枚は陣幕久五郎による創作だとされる)。江戸以外も長崎を始め、諸国で相撲を取って抜群の強さを誇ったとされる。京に上ってからは仁王仁太夫を倒したことで朝廷から「日下開山」の称号を受けたとされ、これが初代横綱の根拠とされたらしい。

1900年に陣幕久五郎が発起人となり富岡八幡宮に建立された横綱力士碑に歴代横綱を列挙した際、初代横綱として明石志賀之助の四股名を刻んだ。

明石によって最初に行われたとされる相撲に関する出来事や慣習も、全て後代の伝承や講談によるもので信憑性がかなり低く、さらには信頼できる資料では明石の実在すら確認されたことが無い。ただし、明石志賀之助のものとされる手形が遺されているほか、「上山三家見聞日記」にて1661年寛文元年)に山形藩主の前で相撲を取った記録が記されている[7]ことなどから、実在説も根強い。池田雅雄は「歴代横綱正伝」(ベースボール・マガジン社『相撲』1971年1月号以下)などで明石の実在を否定しており、能見正比古は『横綱物語』(講談社、1975年)で「モデルとなる『明石』なる力士が複数存在していた」という説を述べている。

栃木県宇都宮市の蒲生神社では2008年から「初代横綱 明石志賀之助杯少年奉納相撲大会」を主宰している。

脚注[編集]

  1. ^ 上総国久留里城下(現:千葉県君津市)出身という説もある。
  2. ^ a b ただし、明石志賀之助を祭っている蒲生神社は7尺3寸(約221.2cm)だとしている。
  3. ^ a b ただし、明石志賀之助を祭っている蒲生神社は60貫(約225kg)だとしている。
  4. ^ 当時は優勝制度なし
  5. ^ 当時は三賞制度なし
  6. ^ ただし、48歳で死没したという記録が在る。
  7. ^ 産経ニュース実存さえ疑われた初代横綱・明石志賀之助の実像に迫る 宇都宮・蒲生神社では奉納相撲も」 2016年4月1日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]