栃ノ峯甚一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栃ノ峯 甚一郎(とちのみね じんいちろう、1907年9月21日 - 1985年5月13日)は昭和時代の大相撲力士春日野部屋所属。本名は神山甚一郎。最高位は十両8枚目。

経歴[編集]

栃木県河内郡絹島村(現宇都宮市)出身。春日野部屋に入門し、1926年1月初土俵を踏む。1933年5月十両昇進。十両は連続3場所務めたが、いずれも5勝6敗に終わり、勝ち越すことはできなかった。幕下に落ちてから廃業を決意したが、師匠から新弟子の教育係を命じられた。栃ノ峯の指導を受けた力士に栃錦清隆がいた。1940年5月廃業。廃業後は警視庁に入り警察官となった。1985年に満77歳で死去した。

参考文献[編集]

小池謙二『大相撲星取大鑑』昭和編第1巻、医聖社、1986年

関連項目[編集]