清水登之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

清水 登之(しみず とし、1887年(明治20年)1月1日 - 1945年(昭和20年)12月7日)は、栃木県出身の画家

来歴[編集]

栃木県下都賀郡国府村大字大塚(現・栃木市大塚町)で、清水藤十郎・ムラ夫妻の長男として生まれる。弟は東亜同文書院教授・外交官清水董三(旧制)栃木県立栃木中学校から陸軍士官学校への進学を志し成城学校に転校。1906年に同校を卒業するも陸軍士官学校への受験に失敗し、翌年には単身アメリカ合衆国へ渡航する。暫くはシアトルで肉体労働に従事するが、1912年にオランダ人画家フォッコ・タダマが同地で開いていた画塾に入門した(同時期、洋画家の田中保石垣栄太郎もここで学んでいる)。

1917年にニューヨークへ移り、デザインの仕事をしながらアート・スチューデンツ・リーグでジョン・スローンらの教えを受ける。一時結婚のため帰国した後、再渡米翌年の1921年に第34回アメリカ絵画彫刻展に「横浜夜景」が招待出品される。一旦は受賞が決まったものの、アメリカ人でなかったことを理由に受賞を取り消されてしまう。その後1924年に一家挙げてフランスパリに移住し、三宅克己藤田嗣治海老原喜之助清水多嘉示らパリ在住の画家たちと交わりながらサロン・ドートンヌで入選する栄誉に与った。

1927年に帰国してからは東京を拠点に活動し、1930年の第17回二科展で「地に憩ふ」により二科賞を受賞。その後は独立美術協会の結成に加わるが、1932年従軍画家となり戦争を題材として多くの戦争画を描く。最晩年は栃木の生家に疎開するも、6月に長男・育夫の戦死を知り終戦直後の12月に死去。

受賞歴[編集]

  • 1925年、サロン・ドートンヌ入選
  • 1929年、樗牛賞(二科展)受賞
  • 1930年、二科賞受賞

主な作品[編集]

作品名 制作年 技法・素材 サイズ(縦x横cm) 所有者 出品展覧会 備考
C嬢の肖像 1915年 キャンバス・油彩 113.3x71.0 栃木県立美術館 第2回フォッコ・タダマ画塾展
テニスプレイヤー 1918年 キャンバス・油彩 76.2x95.9 兵庫県立美術館[1]
十四番街の地下鉄駅 1918年 キャンバス・油彩 50.0x61.0 福島県立美術館
風景 1921年 キャンバス・油彩 48.6x58.9 三重県立美術館
チャプスイ店にて 1921年 キャンバス・油彩 71.3x56.3 三重県立美術館 独立美術家協会 ジョン・スローン旧蔵
ヨコハマ・ナイト 1921年 横浜美術館 第5回インデペンデント展
ニューヨーク、夜のチャイナタウン 1922年 キャンバス・油彩 98.9x113.9 栃木県立美術館 第7回インデペンデント展
建築現場(ワーガーデン) 1923年 キャンバス・油彩 76.0x96.0 愛知県美術館 ジョン・スローン旧蔵
チャイルド洋食店 1924年 キャンバス・油彩 91.3x76.0 府中市美術館 第8回インデペンデント展、サロン・ドートンヌ
セーヌ河畔 1924年 キャンバス・油彩 60.6x50.0 栃木県立美術館 第1回独立展 ただし、第1回独立展には本作や下記の静岡県美本とも違う別の作品が出品されたとする説もある[2]
セーヌ河畔 1924年 キャンバス・油彩 65.0x53.8 静岡県立美術館
地下鉄停車場 1924年 キャンバス・油彩 116.5x81.5 宮城県美術館
パリの床屋 1924年 キャンバス・油彩 73.6x60.0 大川美術館
街の掃除夫 1925年 キャンバス・油彩 81.0x65.0 東京国立近代美術館 第14回二科展[3]
兵隊と僧侶(トレド郊外) 1925年 キャンバス・油彩 91.0x116.7 栃木県立美術館 アンデパンダン展
映画館 1925年 キャンバス・油彩 81.5x65.0 神奈川県立近代美術館
ロシアダンス 1926年 キャンバス・油彩 91.0x73.0 三重県立美術館
水兵のいるカフェ 1926年 東京都現代美術館
パリ夜街 1926年 栃木県立美術館
チャイナタウン 1928年 キャンバス・油彩 130.5×163.0 東京国立近代美術館 第15回二科展[4]
大麻収穫 1929年 キャンバス・油彩 130.3×162.2 とちぎ蔵の街美術館 第16回二科展
父の庭 1930年 キャンバス・油彩 130.3×162.1 栃木県立美術館 第17回二科展
地に生きる 1930年 キャンバス・油彩 121.1x145.5 栃木県立美術館 第1回独立美術協会展
池畔 1930年 キャンバス・油彩 130.3x162.1 栃木県立美術館 第1回独立美術協会展
尾道の風景 1933年 キャンバス・油彩 60.6×72.7 尾道市立美術館
栃木中学校風景 1935年 キャンバス・油彩 90.6x181.7 栃木県立栃木高等学校
薪を背負う女 1935年 キャンバス・油彩 116.7x91.0 岡田記念館 第5回独立展
貝殻 1937年 キャンバス・油彩 91.0x72.3 学校法人國學院大學栃木学園
擬装 1938年 キャンバス・油彩 130.3x193.9 栃木県立美術館 第8回独立美術協会展
江南戦跡 1938年 キャンバス・油彩 91.0x116.7 栃木県立美術館
江南戦場俯瞰 1939年 キャンバス・油彩 180.0x300.5 栃木県立美術館 第9回独立美術協会展 全体的にリアリズム性が強い戦争画の中にあって、抽象画風が強い異色の戦争画[5]
更生 1940年 キャンバス・油彩 116.5x80.5 栃木県立美術館 第10回独立美術協会展
題名不詳[待機] 1939-41年頃 キャンバス・油彩 130.7x161.5 栃木県立美術館
難民群 1941年 キャンバス・油彩 162.1x130.3 栃木県立美術館 第11回独立美術協会展
決死隊 1941年頃 キャンバス・油彩 53.0x65.2 個人 第2回聖戦美術展
待機 1942年 キャンバス・油彩 127.0x160.0 とちぎ蔵の街美術館 第17回航空美術展
機関銃座 1943年 キャンバス・油彩 116.7x91.0 栃木県立美術館 陸軍美術展?
南方地下資源 1943年 キャンバス・油彩 142.3x290.5 栃木県立美術館 第13回独立美術協会展
突撃(原題:攀登勇士) 1943年 キャンバス・油彩 130.5x162.2 栃木県立美術館 第2回独大東亜戦争美術展
ゴム林と肉 1944年 キャンバス・油彩 91.0x116.7 栃木県立美術館 第14回独立美術協会展
汪主席と中国参戦 1944年 キャンバス・油彩 184.0x296.0 東京国立近代美術館保管(アメリカ合衆国無期限貸与) 第2回陸軍美術展[6]
工兵隊架橋作業 1944年頃 キャンバス・油彩 159.5x128.7 東京国立近代美術館保管(アメリカ合衆国無期限貸与) 戦時特別文展(陸軍省特別出品)[7]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 小勝禮子 鈴木さとみ 志田康宏編集 『「戦後70年:もうひとつの1940年代美術―戦争から、復興・再生へ 美術家たちは何を考え、何を描いたか」展』 栃木県立美術館、2015年
  • とちぎ蔵の街美術館編集・発行 『没後70年 栃木に生きる清水登之』 2016年
論文
  • 村上敬 「清水登之《セーヌ河畔》について」『静岡県立美術館紀要 No.19』 2003年3月31日、pp.11-29
  • 平瀬礼太 「四つの架橋―清水登之の「工兵隊架橋作業」をめぐって―」『歴史評論』No.671、2006年3月号、pp.84-96
  • 酒井哲朗 「美を訪ねて第52回 清水登之《十四番街の地下鉄駅》」『福島の進路』No.295、2007年3月号、pp.31-35

外部リンク[編集]