佐久間藤太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐久間 藤太郎(さくま とうたろう、1900年8月13日 - 1976年1月20日)は日本の陶芸家。父は、陶芸家で益子焼の窯元でもあった佐久間福次郎。四男の佐久間賢司、その長男の佐久間藤也も陶芸家。

経歴[編集]

1900年、栃木県益子町に生まれる。1918年、益子陶器伝習所を卒業し、家業に従事。1924年、濱田庄司がイギリスより帰国し、佐久間家に寄寓、濱田に師事する。同年、商工省工芸展覧会に花瓶が入選。1928年、護国寺東京都文京区)で初の個展。

1959年、栃木県文化功労賞受賞。1973年、勲五等瑞宝章受章。1976年1月20日、胃癌のため宇都宮市の病院にて逝去。従六位を追賜さる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]