クジラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クジラックス
生誕 (1985-12-09) 1985年12月9日(31歳)
日本の旗 日本栃木県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2008年 -
ジャンル 成人向け漫画小児性愛鬼畜系
代表作 『ろりとぼくらの。』
受賞 週刊ヤングサンデー』新人賞 佳作
公式サイト クジラックスBLOG
テンプレートを表示

クジラックス(quzilax、1985年12月9日 - )は、日本の漫画家栃木県出身。宇都宮大学教育学部(美術教育専攻)[1][2][3]卒業。『COMIC RIN』2008年10月号の『まなでし!』でデビュー[4]。主に男性向けの架空の少女を題材にした成人向け漫画を描いており、『COMIC LO』にて作品を発表している。また、主宰している同人サークルの名称でもある[5]

来歴[編集]

大学では漫画研究会に所属し、会誌や個人誌にて作品を発表[2][3]。3年生時は会長を務めていた[1]。この時に使用された名義として、いかがわしんご[6]いかがわ[2]イカ川[3]シャープ[3][6][7]がある。大学卒業直前に、『週刊ヤングサンデー』の新人賞にて『お守りはカッター。』(烏賊川ホゑル名義)で佳作を受賞[8][4][9]。デビューを目指して栃木県から上京[注 1]し、担当のつてでアシスタント先を紹介してもらうも、2008年8月に同誌が休刊してしまう。この煽りでアシスタント業務が延期になり、空いた時間で制作した成年向け漫画『まなでし!』を『COMIC LO』に持ちかけたのがきっかけとなり、『COMIC RIN』2008年10月号にて代原として使用され、商業誌デビューとなった[4]。その後は『COMIC LO』で新作の読み切りや、『ビタマン』(竹書房)での読者コーナーカットを手がけながら、週3回のアシスタント業務をこなす[9][10]。2012年2月、アシスタント先を卒業した[9]

2012年11月22日、自身初の単行本、『ろりとぼくらの。』が発売された。単行本発売前から評論家の東浩紀によって批評されたことで[11]ネット上にて話題になっていた『ろりともだち』、同じく「20歳なんですけど! ふくしの…大学? に通ってるんですけど!」のコマで知られている『らぶいずぶらいんど』など、発売までに雑誌に掲載された作品が全て収録された[12]。東に批評されたことで知名度が上がっており[12][13]、初単行本である『ろりとぼくらの。』の発売時、一部の書店では山積みになるほどの仕入れが行われた[10]

2013年9月14日、『COMIC LO』に掲載された『凛としてしゃぶれ』を以て商業誌での活動の休止を宣言した[14]。編集と不仲になったなどの理由ではなく、プレッシャーによって「絵を書くことが辛い」という精神的に不安定な状態に陥ってしまい、丁寧に描くことができなくなったためとしている[14]

2013年10月、自身初の成年向け同人誌『がいがぁかうんたぁ』を発行[注 2][15][16]。これは何とか漫画人生立て直せないかというリハビリを兼ねて制作していた漫画となっている[5]。また2013年12月には2冊目の同人誌『がいがぁかうんたぁ2』を発行した[17][18]

2014年4月、イラストの仕事としてTVアニメ「ブラック・ブレット」の第2話エンドカードが放映された[19][20]。当初、なぜ依頼が来たのか分からず困惑していたが、「10歳以下の女の子がたくさん活躍する(そして虐げられる)というストーリー」から得心がいったという[19]。また、5月にはTVアニメ「ご注文はうさぎですか?」の第4羽放送後応援イラストが掲載された[19][21][22][注 3]

2015年6月27日、『ろりともだち』の流れを汲む3冊目の同人誌『わんぴいす』を発行[23]。同人誌だが、委託されている一部の書店では特集コーナーが組まれ、専用のキャッチコピーが作成されたり[24]、専用の店頭用POP広告が作成されたりしている[25][26][27]

2015年11月21日、『COMIC LO 2016年1月号』にて『歌い手のバラッド』の不定期連載が開始した[28][29]。商業誌への掲載は『凛としてしゃぶれ』以来、2年2ヶ月ぶりとなる。

2015年12月、初単行本である『ろりとぼくらの。』の発行部数が10万部を達成した[30]

人物[編集]

名の由来は特にはなく、ただの響きで自らのホームページに付け、個人サークルで使用するとしていたもの[6]

小学校及び中学校の教育職員免許状を取得している[30]

稀見理都[注 4]によるインタビューによると、ロリを描くことになった理由としては、曲線を描くのが苦手で巨乳お尻を描ける気がしなかったことや、道満晴明の描くカクカクしたラインが好きだったため巨乳漫画に惹かれなかったこと、上京[注 1]してまもなく女子高生の集団に盗撮疑惑をかけられたのがトラウマになったことなどが挙げられている[4]

2013年2月28日 、病院での検査の結果にて「脂肪肝」、「脂質異常症」、「高血糖症」などが判明し、原稿を中断して投薬治療及びダイエットを行った[32][33]5月25日の再検査の結果では前述の症状が全て解消されたとの報告があり、重症化はしなかった[33]

2015年7月時点では締め切りのことや、人が多く自らに責任が伴う行事について考えると、動悸が激しくなってしまい身動きがとれなくなってしまう状態になっており、同人誌即売会などでの活動はしばらく見送るとしている[27]。また、トラウマとなっていた「女子高生」については「当時住んでた埼玉の女子高生」が怖かったのであり、現在は気にしていないと述べている[34][注 5]。「わんぴいす」を出したあと、のような状態に陥り、周囲に迷惑をかけ始めたため病院へ行くようになっている[37]

評価[編集]

  • 評論家の東浩紀は『ろりともだち』を「優れた作品」「一種のロードムービー」と評価し、また、少女強姦を共同して行う二人の男性の関係を同性愛的でもあると評した[11]。一方でクジラックス自身は二人の関係を、もしも捕まって取り調べでも受けたならば友情ではなくただの「共犯意識によるモラルの欠如」などと突きつけられるだけだろうと語っている[38]。本作は東に取り上げられたことから注目度が高まり、記事で著者に触れられた際には「東浩紀が絶賛するほどのロリマンガの描き手」という肩書がついた[39]
  • 漫画家の花沢健吾は、2012年の注目している漫画として『ろりともだち』を挙げ、吉本浩二の『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』と共に「両作品は今年一番魂を揺さぶられました」と語っている[40]
  • フリーのアニメライターであり、イラストレーターでもある有村悠は『ろりともだち』について「明日無き逃避行という手垢のついたネタを小学生レイプに絡めて描いた点は新しい」と評した[41][42]
  • 2014年11月に発表されたTENMA COMICS LOの歴代コミックスのランキングで1冊のみの発行で2位となっている[注 6][43]
  • 2ちゃんねるで毎年行われているエロ漫画大賞2012では、『ろりとぼくらの。』が2位を獲得している[44]。また、同単行本はとらのあなのアダルト商業誌ランキングで2012年度は2位[45]、2013年度は24位[46]となった。他にもK-BOOKS秋葉原新館の2012年ランキングでも5位に入っている[47]。その他、DMM.comでは同単行本の電子書籍版が2013年の年間ランキングの電子コミックランキングにて2位を獲得している[48]。また、2014年度の同ランキングにて15位となっている[49]
  • 同人誌『わんぴいす』が「とらのあな通信販売」にて2015年の18禁同人誌年間ランキングにて9位を獲得した[50]

作品[編集]

単行本[編集]

  1. ろりとぼくらの。(茜新社、2012年(電子書籍版、2013年))ISBN 978-4-86349-331-5 [注 7]
    • がんばれ便所飯くん(COMIC LO、2009年12月号)
    • らぶいずぶらいんど(COMIC LO、2009年7月号)
    • さよなら姦田先生(COMIC LO、2009年4月号)
    • JSえっち講座 女児ルーム編(COMIC LO、2012年2月号)
    • ろりともだち(COMIC LO、2011年8月号)
      大学生の男性二人が日本各地を車でまわり、通りすがりの少女たち11人を拉致しては強姦して捨てる、という旅の姿を描いたロリコン漫画。実際にロリコンの傾向を持つ作者が悩み、「今僕らが欲するのは、行き場のない思いを吐露できる、同類の友達なのでは」と考えた末に、「くずロリコンの友情?モノ」というアイディアが膨らんで生まれた作品だという[38]。今作は「合意を得ずに、乱暴に、少女側は苦痛しか与えられない」ものとして描かれ、痛々しく鬱々とした内容となっており、そのような作風は、同様に少女との性交を背徳的に描写することの多い町田ひらくからの影響もあるという[38]。少女が一人の人間として愛でられるのではなく性のはけ口として使い捨てられるストーリーの中で、共犯の男二人のある種の絆は強調されている[11]
    • 学祭ぬけて(COMIC LO、2010年11月号)
    • 学祭ぬけて番外編 ニコニコ♪ゆなちゃん(COMIC LO、2013年1月号)
    • ロリ裁判と賢者の石(COMIC LO、2012年9月号)
    • まなでし!(COMIC RIN、2008年10月号)
    • ろりともだち番外編 夏休みの少女達(描き下ろし) - 『ろりともだち』に登場した少女たちが被害に合う前の様子が描かれた番外編。

単行本未収録[編集]

  • 凛としてしゃぶれ (COMIC LO、2013年11月号)
  • 歌い手のバラッド 第1話 歌い手はJCを食うのが好き(COMIC LO、2016年1月号)
  • 歌い手のバラッド 第2話 歌い手のバラッド 音楽に真剣なフリをする(COMIC LO、2016年4月号)
  • 歌い手のバラッド 第3話 歌い手はJCをアフターに誘う(COMIC LO、2016年9月号)
  • 歌い手のバラッド 第4話 歌い手にもヒエラルキーがある(COMIC LO、2016年12月号)
  • 歌い手のバラッド 第5話 歌い手は一人の女を愛せない①(COMIC LO、2017年06月号)

同人誌[編集]

合同誌

  1. マジカロイドミサ #1(合同誌『漫画雑誌KNOW 03』収録、2004年、シャープ名義)[3][6][7]
  2. マジカロイドミサ #2(合同誌『漫画雑誌KNOW 04』収録、2004年、シャープ名義)[3][6][7]

会誌(宇都宮大学漫画研究会)

  1. be promised…(会誌『NOUVEAU2004』収録、2004年、いかがわ名義)[2]
  2. 仲間はずれとお嬢様と人造人間。(会誌『WA!!33』収録、2004年、いかがわ名義)[2]
  3. ラサツ(会誌『NOUVEAU2005』収録、2005年、いかがわ名義)[2]
  4. 戦わない君の歌(会誌『WA!!34』収録、2005年、いかがわ名義)[2]
  5. 君と僕の第一次オシャレ大戦(会誌『NOUVEAU2006』収録、2006年、いかがわ名義)[2]
  6. 車上生活(会誌『WA!!35』収録、2006年、いかがわ名義)[2]

個人誌(サークル「クジラックス」)

  1. 井の中のピョコたん(コミティア70、2004年、いかがわ(仮)またはいかがわしんご名義)[3]
  2. ストロー。(コミティア72、2005年、いかがわ名義)[3]
  3. ヤクルトレディとゆかいななかまたち本(コミティア73、2005年、イカ川名義)[3]
  4. サッチとユーリのちきゅう☆おんだんか。(コミティア82、2007年、イカ川名義)[3]
  5. さよならモエコロジー(コミティア84、2008年、イカ川名義)[3]
  6. お守りはカッター。(コミティア84、2008年、烏賊川ホゑル名義、『ヤングサンデー』新人賞 佳作受賞作)[3]
  7. がいがぁかうんたぁ(コミティア106、2013年、成年向け)[15][16]
    • 放射線検査を装って両親不在の小学五年生の江藤沙織の家に押し入って強姦する。
  8. がいがぁかうんたぁ2(コミックマーケット85、2013年、成年向け)[17][18]
    • C85 おまけ 4p折り本(コミックマーケット85、2013年、成年向け、元ネタ:のんのんびより「越谷小鞠」)[17]
    • がいがぁかうんたぁの続編
  9. わんぴいす(書店委託、2015年、成年向け)[23][24]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 実際には埼玉県へ引っ越している。
  2. ^ 自身初の一般向け同人としては2004年に『井の中のピョコたん』を発行している。
  3. ^ なお、イラスト提供時に添えられていた下ネタを連想させるコメント「僕のおティッピーもモフモフしてください^^」はカットされている[19]
  4. ^ エロマンガ研究家、エロ漫画家インタビュアー[31]
  5. ^ 2014年春頃より東京都の緑が多い場所に住んでいる[35][36]
  6. ^ 2014年11月4日までに164冊発行されており、作者単位でのランキングとなる。
  7. ^ 発売時、店舗別の特典として、『ろりともだち』に登場した少女をクローズアップした描き下ろし漫画冊子が制作され、とらのあなでは『9人目のロリっ娘 読書大好き唯ちゃん(JS6)のエロ同人誌』が[10][51]メロンブックスでは『最後の娘 詩依ちゃん(JS4)のエロ同人誌』が[10]、購入者にプレゼントされた。

出典[編集]

  1. ^ a b プロフィール”. クジラックス〜いかがわの日記〜 (2006年8月19日). 2006年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i いかがわ”. 宇都宮大学漫画研究会. 宇都宮大学 (2007年4月1日). 2015年7月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l illust&comix”. クジラックス (2010年4月27日). 2015年7月4日閲覧。
  4. ^ a b c d 稀見理都 (2012年12月24日). “えろまんがけんきゅう(仮)【クジラックス先生インタビュー】”. フラクタル次元. 2014年11月25日閲覧。
    稀見理都 『エロマンガノゲンバ Vol.7』 フラクタル次元、2012年
    冬コミのゲスト情報”. クジラックスのダイエットBLOG (2012年12月22日). 2013年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月4日閲覧。
  5. ^ a b コミティア参加&冬コミ申し込みました”. クジラックスBLOG (2013年9月24日). 2015年7月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e 日記0406”. クジラックス (2004年6月29日). 2012年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月5日閲覧。
  7. ^ a b c バックナンバー”. 漫画雑誌KNOW (2007年6月16日). 2015年7月5日閲覧。
  8. ^ 週刊ヤングサンデー2008年17号(4月18日号)
  9. ^ a b c d e f g h ■過去仕事等■”. クジラックスBLOG (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  10. ^ a b c d クジラックス/ろりとぼくらの。「初コミックスなのに、既に伝説」メロン山積み”. アキバBlog (2012年11月20日). 2015年6月18日閲覧。
  11. ^ a b c 東浩紀 (2011年7月19日). “LO掲載のクジラックス「ロリともだち」がなかなかすごい。”. Twitter. 2015年5月28日閲覧。
    東浩紀 (2011年7月19日). “どうすごいのか。”. Twitter. 2015年5月28日閲覧。
    東浩紀 (2011年7月19日). “掲載誌がロリコン誌なので紹介するのもどうかと思いつつ、しかし優れた作品だったので批評家として紹介しておきます。”. Twitter. 2015年5月28日閲覧。
    東浩紀 (2011年7月19日). “修正。”. Twitter. 2015年5月28日閲覧。
    東浩紀 (2011年7月20日). “読めばわかる。一種のロードムービーです。男ふたりで小学生レイプする旅をしたあげく手繋いで死ぬんですよ。”. Twitter. 2015年5月28日閲覧。
  12. ^ a b あの少女連続凌辱漫画も収録のクジラックス「ろりとぼくらの。」”. にゅーあきばどっとこむ. にゅーあきば (2012年11月23日). 2015年6月26日閲覧。
  13. ^ 女性アシスタントのマンガに興奮して…エロマンガ家の意外な日常 2ページ目”. LITERA/リテラ. サイゾー (2014年8月1日). 2015年6月22日閲覧。 “東浩紀が絶賛するほどのロリマンガの描き手”との記述がある。
  14. ^ a b LO載ります”. クジラックスBLOG (2013年9月14日). 2015年6月23日閲覧。
  15. ^ a b 「コミティア106」情報”. クジラックスBLOG (2013年10月13日). 2015年6月22日閲覧。
  16. ^ a b クジラックスの初同人誌 「容赦無し!キモいオッサン無双!」JSガチレ○プ”. アキバBlog (2013年10月20日). 2015年6月27日閲覧。
  17. ^ a b c 「コミックマーケット85」情報”. クジラックスBLOG (2013年12月13日). 2015年6月23日閲覧。
  18. ^ a b クジラックスのJSガチレ○プ同人誌 がいがぁかうんたぁ2  「怒涛ともいうべき陵辱劇」”. アキバBlog (2014年1月1日). 2015年6月27日閲覧。
  19. ^ a b c d e f イラスト仕事”. クジラックスBLOG (2014年5月5日). 2015年6月23日閲覧。
  20. ^ a b Blu-ray&DVD”. TVアニメ「ブラック・ブレット」公式サイト. ブラック・ブレット製作委員会 (2014年12月10日). 2015年6月23日閲覧。
  21. ^ a b TVアニメ『ご注文はうさぎですか?』 (2014年5月2日). “イラストはクジラックスさんから頂きました。”. Twitter. 2015年6月23日閲覧。
  22. ^ a b スペシャル - 応援イラスト2”. TVアニメ「ご注文はうさぎですか?」公式サイト. ご注文は製作委員会ですか? (2014年5月2日). 2015年6月22日閲覧。
  23. ^ a b 新しい漫画ようやく完成しました!”. クジラックスBLOG (2015年6月19日). 2015年6月23日閲覧。
  24. ^ a b サークルクジラックス新刊 ハイエースした女児小学生を輪◯陵辱同人誌 「わんぴいす」”. アキバBlog (2015年6月27日). 2015年6月27日閲覧。
  25. ^ 【同人誌新作情報】クジラックス同人誌第三弾「わんぴいす」【好評発売中!】”. 同人探訪 - ブックメイト同人ピックアップコーナー. ブックメイト (2015年6月29日). 2015年6月29日閲覧。
    【クジラックス】人生を変える感動体験(少女誘拐陵辱調教)「わんぴいす」【同人誌紹介】”. 同人探訪 - ブックメイト同人ピックアップコーナー. ブックメイト (2015年7月3日). 2015年7月5日閲覧。
  26. ^ ブックメイトさんのPOP”. クジラックスBLOG (2015年6月23日). 2015年6月23日閲覧。
  27. ^ a b 今後の予定”. クジラックスBLOG (2015年7月5日). 2015年7月5日閲覧。
  28. ^ comicLO 2016年1月号 に載ります!”. クジラックスBLOG (2015年11月21日). 2015年12月4日閲覧。
  29. ^ 「約2年の時を経て…クジラックス先生LO降臨!今回もロリ&シコ度MAX!」”. アキバBlog (2015年11月23日). 2016年3月29日閲覧。
  30. ^ a b 年末近況報告!”. クジラックスBLOG (2015年12月29日). 2016年3月29日閲覧。
  31. ^ すべてを受け止めてくれる高身長彼女がたまらない!? 「身長差カップルマンガ」ベスト3 漫画家インタビュアー・稀見理都さん【目ききに聞く】”. このマンガがすごい!WEB (2015年2月17日). 2015年6月23日閲覧。
  32. ^ 血液検査の結果”. クジラックスBLOG (2013年2月28日). 2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月23日閲覧。
  33. ^ a b 血液検査2回目の結果”. クジラックスBLOG (2013年5月25日). 2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月23日閲覧。
  34. ^ クジラックス (2015年7月18日). “他に訂正したいネットの噂2”. Twitter. 2015年7月19日閲覧。
  35. ^ 24p中18p。”. クジラックス (2015年9月30日). 2015年10月23日閲覧。
  36. ^ 停の滞”. クジラックス (2015年10月5日). 2015年10月23日閲覧。
  37. ^ LO1話目ペン入れ半分”. クジラックス (2015年9月24日). 2015年10月23日閲覧。
  38. ^ a b c 載ります”. クジラックスのダイエットBLOG (2011年6月16日). 2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月28日閲覧。
  39. ^ 女性アシスタントのマンガに興奮して…エロマンガ家の意外な日常”. リテラ. 2015年6月24日閲覧。
  40. ^ このマンガがすごい!編集部 『このマンガがすごい!2012』 宝島社、2011年、94頁。ISBN 978-4796688321
  41. ^ 有村悠 (2011年7月26日). “さて『ろりともだち』を読んだ。”. Twitter. 2015年5月28日閲覧。
  42. ^ 有村悠 (2011年7月26日). “明日無き逃避行という手垢のついたネタを小学生レイプに絡めて描いた点は新しい、というのが妥当な評価か。”. Twitter. 2015年5月28日閲覧。
  43. ^ LO歴代コミックスTOP10 「業界唯一のロリ漫画レーベルのこれがトップ10だ!」”. アキバBlog (2014年11月4日). 2015年6月21日閲覧。
  44. ^ 2ch「エロ漫画大賞2012」1位はらんち「コイナカ-恋膣-」”. にゅーあきばどっとこむ. にゅーあきば (2013年1月19日). 2015年6月18日閲覧。
  45. ^ アダルト商業誌ランキング【年間ランキング(2012年度)】”. 虎通 OnLine URANIWA. 2015年6月24日閲覧。
  46. ^ アダルト商業誌ランキング【年間ランキング(2013年度)】”. 虎通 OnLine URANIWA. 2015年6月24日閲覧。
  47. ^ K-BOOKS秋葉原新館の2012年エロ漫画ベストセラー らんち、赤月みゅうと、Hisasiら”. アキバBlog (2013年1月5日). 2015年6月27日閲覧。
  48. ^ 2013年 年間ランキング特集 - 電子コミック -”. DMM.R18. DMM.com (2014年1月26日). 2015年6月24日閲覧。
  49. ^ 電子コミック 2014年 年間 コミックランキング ベスト100”. DMM.R18. DMM.com (2015年1月26日). 2015年6月24日閲覧。
  50. ^ とらのあな通信販売 2015年18禁同人誌年間ランキング”. とらのあな通信販売. とらのあな (2016年1月11日). 2016年3月29日閲覧。
  51. ^ 鬼才・クジラックス先生が放つ『ろりとぼくらの。』は禁忌に満ちたバイブル!”. TORANOANA WEB SITE. とらのあな (2012年11月8日). 2015年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]