ノート:クジラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

このページは一度削除が検討されました。削除についての議論は「Wikipedia:削除依頼/クジラックス」をご覧ください。

単独項目に相応しいか[編集]

ろりともだち関連です。「ろりとぼくらの。」という単行本を出していてプロジェクト:漫画家#特筆性の目安はクリアしてそうに見えますけど、単行本は一冊だけ、唯一の出典もインタビュー記事であるものの個人運営っぽいマイナーなサイトであるため単独項目に相応しいのか疑問です。削除依頼を検討していますがその前にノートで意見を求めたいのでよろしくお願い致します。--K-iczn会話) 2015年6月14日 (日) 07:04 (UTC)

コメント 連載に関してはクリアしていませんし、どこまで信用できるか判らないものの、プロとしては一時引退する旨の本人発信もあったようですね。作家本人の情報の出典としては、現状のサイトでは信頼できる情報源とは、とても認められませんが、『ろりともだち』の出典である『このマンガがすごい』によって、第三者から評価され認められたという特筆性がある作品の作家という相関関係からは、一応の特筆性はあるとはいえるかも知れません。『このマンガがすごい』に作家自身の情報が記載されているのであれば、そちらを出典にできるでしょうが、評者のコメントだけという状態であれば、それも適いません。このような状態で、作家自身の信頼できる情報源である出典が確保されないのであれば、作家と作品(「ろりともだち」)の双方が単独記事にふさわしいかというと、確かに疑問がでることも無理からぬことではあります。記事の主従として、作品記事があって作家記事がないという状態、例えば私が加筆した『桃色書店へようこそ』では、作家は当時該当作しか発表しておらず、作家を記事のリダイレクトにしてありますが、これは作品が作家のコミックエッセイでしたので、双方の概要が重なっていて兼ねられたからでもあります。これとは違い、兼ねられない状態でも認められるのなら、作家を作品のリダイレクトにするとか、主従にそって『ろりともだち』を作家記事に整理統合することも考えても良いのではないでしょうか。--ジャムリン会話) 2015年6月14日 (日) 09:42 (UTC)
ありがとうございます。『このマンガがすごい!2012』を実際読んでみないと分かりませんが、整理統合するにしても有効(もし読んでみてそう判断できる場合)な言及が一つしかなく両方共これ以上の実績が確認できない場合は削除もやむを得ないのではないかと考えるのです。--K-iczn会話) 2015年6月14日 (日) 14:15 (UTC)
単行本は1冊しか出してませんが売上は同業作家の中でも上位のようですhttp://imgbako.com/pic/l_141104_1415081452465.jpg--Godhage会話) 2015年6月20日 (土) 06:36 (UTC)

出典が追加されましたがアキバBlogは「個人ニュースサイト」ですし、『エロマンガノゲンバ Vol.7』も「同人誌」とのことなので特筆性を保証しているとは考えられません。--K-iczn会話) 2015年6月22日 (月) 13:32 (UTC)

Haetenaiさんが「「2ちゃんねる」だから不適切という判断が不適切。出版社の販促に使われることもあり、社会に影響がある出来事。」とか言っていますが販促はともかく「社会に影響がある出来事。」は大げさでしょう。余計強引に持ち上げてるようにしか見えません。プロジェクト:漫画家#特筆性プロジェクト:漫画#特筆性に成年コミックのみの作者をそのまま当てはめて良いのか疑問に感じています。--K-iczn会話) 2015年6月26日 (金) 12:50 (UTC)

出版社からの本は全国で販売されています。その本を見た人は「へー、あそこのエロマンガ大賞で○位になったのか」と思うでしょう。別に大多数の人に影響がなくとも、書店で見かけた人には影響を与えることになるでしょう。「社会的な現象」と言うのなら否定しますが、少なくともエロ漫画を買おうとしている人たちには影響があります。買おうとしている人たちは社会の一部ではないのでしょうか?
「成年コミックのみの作者を~~」と言いますが、それは全ての成年コミックのみを執筆している漫画家に対して「あなたはWikipedia上では漫画家ではありませんよ」という趣旨の発言につながりかねませんので賛同できません。漫画家である以上、成年向けだろうが幼児向けだろうがそのプロジェクト:漫画家プロジェクト:漫画に含まれると認識しています。--Haetenai会話) 2015年6月26日 (金) 13:03 (UTC)

幼児向けと成年向け(エロ漫画)を同じように考えてはいけません。幼児向けは購入に年齢制限は付きませんが、成年向けは自主規制や青少年条例改正などの法的含めて購入可能な年齢に制限がつきます。その時点で基本的に「出版社」にも「言及」にも大きく制限がつくものなんです。Haetenaiさんが加筆で付けている出典を見ていて却って「成年コミック専門雑誌で掲載、連載」したり「(専門的に)成年コミックを扱う出版社から単行本を出した」だけではウィキペディアにおいてエロ漫画関連だけ特別扱いすることになるので問題ではないかと思うのです。鳴子ハナハルさんらのように一般向けに商業活動に進出したとかそうでなくても普段エロ漫画と関わっていない層からも認知されるほどのさらなる実績が検証可能かどうかでしょう。エロゲーのように商業で出版されるエロ漫画情報誌があって作品(単行本)の特集や作者へのロングインタビューがあれば良いとは個人的に考えますが。--K-iczn会話) 2015年6月26日 (金) 13:51 (UTC)

それはあなたの独自研究による独自の見解でしょう。そんなことを言うのであれば、『「出版社」にも「言及」にも大きく制限がつくにもかかわらず、他のエロ漫画を差し置いて小さくとも言及されているエロ漫画家には特筆性がある』とか主張しますよ。「このマンガがすごい! 2012」もエロ漫画に対する言及が他に一切ないにもかかわらず『ろりともだち』だけが言及されてるんですから。他にも『引用符付きの検索でgoogleは約60万件の検索結果が出る。週刊少年ジャンプでアニメ化したハイキュー暗殺教室ニセコイワールドトリガーの作者を検索しても約30万から40万。検索サイトを変えれば結果は変わると思うが、マイナー誌出身の執筆者の名がこれだけ広がっているのも特異なこと。スラングではあるものの「クジラックスする」などという動詞としても使われていることが確認できる。』などとWikipediaでは認められない主張もし始めますよ。
エロ漫画家の独立項目についての基準の是非についてはこのような小規模な項目のノートで話すことではなく、PJ:漫画家PJ:漫画であなたの主張を議論として立ち上げて大々的に話し合った方がよいでしょう。今現在の方針ではPJ:漫画家#特筆性の条件に合致しているものに対して積極的に削除しようとする姿勢が否定されています。確かに削除の対象と成り得ますなので、ノートで議論を立ち上げて削除依頼についての合意が得られたのであれば、提出することは問題ないことでしょう。その依頼が合意に至って削除されるかどうかは別問題ですが。--Haetenai会話) 2015年6月26日 (金) 14:38 (UTC)

HaetenaiさんはWikipediaでは認められないと分かっていて「少女が関連する性犯罪のニュースなどでネットユーザーによって〜」とか書いたんですか?そういう記述を見て余計特筆性は満たさないんだなと思ったのですが。--K-iczn会話) 2015年6月26日 (金) 15:32 (UTC)

アレは追加するべきではないですね。その現象を見て記事されてから出ないと無理です。すみません。--Haetenai会話) 2015年6月26日 (金) 15:34 (UTC)
ありがとうございます。あと「他のエロ漫画を差し置いて小さくとも言及されているエロ漫画家には特筆性がある」も「独自研究による独自の見解」だから不適切になるという見解でしょうか?--K-iczn会話) 2015年6月27日 (土) 06:57 (UTC)
コメントスペースの大小に関係なく、漫画界に大きな影響をもたらしている書籍『このマンガがすごい』の中で著名人物に取り上げられたという点だけで特筆性としては十分ではないでしょうか。厳密に何文字以上あれば特筆性がある、紙面の何分の一以上割かれていれば特筆性がある、というルールがない以上、文章量やスペースサイズではなく書籍と発言者で判断した方が適切ではありませんか?「著名人物が有名書籍で作品内容に言及したことがある」「全国に展開している書店の成人書籍部門で単行本が年間2位の売上だった」この二点があれば漫画家のページ存続に足ると考えています。--利用者:蜂ぶんぶん2015年6月27日 (土) 17:15 (UTC)
もしよろしければWikipedia:削除依頼/クジラックスでも意見をお願いします。--Haetenai会話) 2015年6月27日 (土) 09:39 (UTC)
Wikipedia上の主要な方針やガイドラインでは記載さていないでしょうね。もし、これに絡めて「このマンガがすごい!2012」の言及が特筆性は無いと主張するのであれば、同じく「独自研究による独自の見解」でしょう。ただの一個人の見解に対するものなのですから。私としては蜂ブンブンさんの意見が今のところしっくり来ます。--Haetenai会話) 2015年6月27日 (土) 09:39 (UTC)
「コメントスペースの大小に関係なく」というのは削除依頼でも書きましたがWP:GNG/SCに違反しますよ。「書籍と発言者で判断した方が適切」と言いたいのでしたらWikipedia‐ノート:独立記事作成の目安で改訂含めて提案なさることをお薦めします。あと「全国に展開している書店」とは言ってもコミックとらのあなはそれほど権威が非常に高い販売チェーンなんですか?--K-iczn会話) 2015年6月27日 (土) 10:33 (UTC)
WP:GNG/SCには当てはまらないでしょう。「少なくとも「取るに足らないようなもの」(他の話題に関する記述において蛇足的に触れられているもの)以上の言及」とあり、「いま注目しているマンガ」という主題の中で意見を述べられているのですから。とらのあなについては業界トップクラスと言っても差支えはないでしょう。自社グループですが「通販サイトは業界トップ」と公称してますし[1]。--Haetenai会話) 2015年6月27日 (土) 11:08 (UTC)
コミックとらのあなのアダルト商業誌ランキング【年間ランキング(2012年度)】ですが1位に輝いた(2chのエロ漫画大賞2012でもK-BOOKS秋葉原新館の2012年ランキングでも1位です)作品の作者であるらんちさんはウィキペディアではそれらしき記事は未作成ですがスタブ以上に中身のある形で作成することは考えていますか?
WP:GNG/SCですけど、「いま注目しているマンガ」自体扱いが小さいコーナーですからろりともだちの詳しい解説ができず「魂を揺さぶられました」ぐらいしかコメントできなかったと思うんですが。もし「このマンガがすごい!2012」での言及がWP:GNG/SCに抵触しないにしてもWP:GNG/Sで「複数の情報源がなく、単一の情報源のみで特筆性を立証する場合は、その情報源が検証できる状態であり、信頼でき、中立的な観点に基づき、取り扱う対象に対し包括的かつ詳細な情報を提供している必要があります。」という記載もあり、「このマンガがすごい!2012」のみで存続させるのは厳しいと考えます。--K-iczn会話) 2015年6月27日 (土) 12:09 (UTC)
べつに私はらんちさんの項目を作ろうという気はありません。掲載したいと思う人が掲載すればいいので。既に誰かが作っているのであれば加筆したかもしれませんが。
WP:GNG/SCは「コメントスペースの大小」について言及されていません。べつにWP:GNG/Sでもいいですが「特筆性を示す出典がない、またはひとつしかないということだけでは削除の理由になりません」ともあります。ですのでこのように再考のための議論になっているのでしょう。「存続させるのは厳しいと考えます」という意見も別に問題はありません。賛同しませんが。--Haetenai会話) 2015年6月27日 (土) 17:40 (UTC)

(インデント戻します)コミックとらのあななど複数店舗で「ろりとぼくらの。」より売れたのに別に作成する気はないというのはコミックとらのあなに関する特筆性を自ら否定するようなものでしょう。あと「WP:GNG/SCは「コメントスペースの大小」について言及されていません。」というのは確かでしょうけど、改めて言いますがどう考えても「このマンガがすごい!2012」を持ち出すなら「アンケートの回答における一言」程度ではなく作者や作品のある程度の解説が掲載されていないと有意な言及ではありません。WP:GNG/SCではまた「対象の話題について、直接的かつ詳細に述べていることを意味します。」とも書かれているんですから。--K-iczn会話) 2015年6月28日 (日) 14:07 (UTC)

独自解釈しないで下さい。別にWikipediaに記事を掲載することは義務じゃないんですから。項目が作られたのであればその件は特筆性があるとして載せるでしょう。私が記事が作成されたことに気付けば。
前にも言いましたがエロ漫画家の独立記事の基準に対してプロジェクト:漫画家のノートなどで議論を立ち上げることおすすめします。この小さなスペースでほんの一握りの少人数で話し合ってそれで合意が得られたとしても、それを全てに適用するには不適切と考えます。あなたの主張はエロ漫画家全般に対して行われているものなのですから。--Haetenai会話) 2015年6月29日 (月) 11:53 (UTC)
らんちさんに関して蜂ぶんぶんさんの「全国に展開している書店の成人書籍部門で単行本が年間2位の売上だった」ことも単独項目に相応しい理由という考えにHaetenaiさんが賛同したのに年間1位の作者の項目がないのはおかしいのではないかと思った次第です。それに改めて言いますけどプロジェクト:漫画家#特筆性では「商業出版社から自分名義での単行本が1冊以上刊行されている(自費出版は不可)。」を満たしているだけで単独項目に相応しいわけでなければ、「単行本」「連載経験」のどちらも満たさない漫画家だけを削除対象としているわけでもないと解釈できます。--K-iczn会話) 2015年6月29日 (月) 13:00 (UTC)
ジャック・ティッツやルイス・ニーレンバーグの項目がないからといって彼らが受賞したアーベル賞が無価値になるわけではないですし、「ジョン・ナッシュについて書いたくせに同年に同じ賞を取ったルイス・ニーレンバーグについて書かない編集者はおかしい」という理屈は変です。エンタメ関係のページでいえばこのマンガがすごい!本格ミステリベスト10でも2位以降の作品のページは作成されているのに1位のページは作られていないことはしばしばあります。1位の方の項目の有無に関係なく、全国展開している書籍店の年間ランキングに載っているのは十分な評価であると考えています。--蜂ぶんぶん 2015年7月2日 (木) 08:40 (UTC)
項目の有無はともかくチェーン限定かつエロ漫画限定のランキングであり、全国展開しているだけでは根拠として弱いと考えますし、コミックとらのあなですら20店舗ほどじゃないですか。上位に入ったエロ漫画はそのアーベル賞のように複数の大手メディア(アキバBlogとかのように個人運営じゃない)で些細でない形で取り上げられたり、メディアミックスされることが多いなど権威が高いと客観的に判断できる材料とかあるのでしょうか?--K-iczn会話) 2015年7月2日 (木) 14:04 (UTC)
K-icznさんが「年間1位の作者の項目がないのはおかしい」「別に作成する気はないというのはコミックとらのあなに関する特筆性を自ら否定する」と、項目の有無をとやかくしたことへの反論です。ともかく、と後から自分で否定する程度のことを強弁しておられたのでしょうか。20店舗ほどもあって全国展開している書籍店であれば根拠として強いと考えます。--蜂ぶんぶん 2015年7月2日 (木) 21:29 (UTC)
「ともかく」は「仮に「年間1位の作者の項目がないのはおかしい」「別に作成する気はないというのはコミックとらのあなに関する特筆性を自ら否定する」が認められない場合でも」のつもりで言ったことですよ。誤解ですよ。売れて上位にランクインしたらメディアに些細でない形で取り上げられたりメディアミックスされることが多いなどのような客観的な材料をお願いします。蛇足ですけどジャンル違いですいませんがWikipedia:特筆性 (音楽)では「ナショナルチャート」だけで特定チェーンの売上ランキングに上位チャートインではダメなようですね。ですのでウィキプロジェクトなどで発議して合意を得て下さい。--K-iczn会話) 2015年7月3日 (金) 12:34 (UTC)

記事の保護について[編集]

編集合戦が発生しているものとして保護をかけました。編集の差し戻しが荒らし行為への対処としてのみ推奨されていることを思い出してください。書き方がウィキペディアのスタイル上どうであれ、単純に差し戻すだけでは何の解決にもなりません。記載するかしないか、するならばどういった書き方が好ましいか、話し合ってから編集してください。--Bellcricket会話) 2017年6月14日 (水) 03:51 (UTC)

コメント 記事主題人物のTwitterについては認証アカウントではなく、どの事件を差して言及しているかについて、Twitterの方では事件記事へのリンク・犯人名との関連性やツイート間の連続性が明確ではなく、該当されるという事件に対する事件報道には作家名・作品名がない以上、現時点では関連性に考察・推測が入る以上出典とは認められないと判断します。別の信頼できる情報源等で関連付けられて考察や批評が・論評が出てくれば、検討できる状況になると考えます。--ジャムリン会話) 2017年6月14日 (水) 06:33 (UTC)

方針を無視して削除を繰り返した挙句、認証アカウントでは無いだの作家本人が作品名を出して手口の一つに過ぎないとまで明確に発言しているにも関わらず認められないというのはあまりにも乱暴だと感じますが。--153.248.135.54 2017年6月14日 (水) 07:30 (UTC)
コメント 私的ブログやTwitterがwikipediaにおいて信頼できる情報源になっていなのは、第三者によって内容の事実関係に対してチェックは入っておらず、また法的責任の所在があきらかでないことから、信憑性に疑問があるからであって、これは独自見解ではなく、wikipediaの方針であり、事実、該当事件と記事主題人物作品を直接結びつけている出典が現時点でないのは、まぎれもない事実です。--ジャムリン会話) 2017年6月14日 (水) 07:56 (UTC)修正:--ジャムリン会話) 2017年6月14日 (水) 07:59 (UTC)
Wikipedia:検証可能性#自主公表された情報源:公式サイトにて情報源自身に関する記事においてはTwitterを含めた各種SNSも情報源として利用可能と定められています。これはあなたの会話ページでも記載させていただきましたが上記の方針を全く読まれていないのでしょうか?本方針を根拠にすれば作者本人が作品名や事件の詳細、事のあらましを公開している時点で出典は成立します。それを第三者のチェックが無いだの認証されていないだの主張して出典として認めないのは独自見解以外の何物でもないでしょう--153.248.135.54 2017年6月14日 (水) 08:38 (UTC)
コメント (IPさん宛) 最終的に除去された記述[2]に出典として付けられたTwitterの発言からは(前後の発言含む)[3]「警察の方がクジラックス邸を訪ね、違法アップロードについてと、「がいがぁかうんたぁ」を何を思って描いたか等について話し、(何らかに対して)了解しましたと答えた」ということしかわからないため、記述してあった事件に関連するかのような内容には結び付けられません。ですので出典無効としたジャムリンさんによる記述の除去は問題ありません。--Haetenai会話) 2017年6月14日 (水) 09:11 (UTC)
コメント (ジャムリンさん宛)自主公表された情報源:公式サイト】より「自主公表物やその他の信頼性に乏しい情報源でも、それらの情報源自身に関する記事においては、情報源として使用することができます。」「TwitterTumblrFacebookGoogle+などのソーシャルネットワークサイトについても、この方針が適用されます。」ということから、本人の記事では、本人のTwitterでの発言を出典として使用することは可能です。また、現在はTOPページは削除されていますが、公式サイト(自身による過去作品の公開があり、今も残っている)のアーカイブから確認すれば現在のアドレスと同じブログがリンクされており、また、そのブログのアドレスは現在でも運営されており、そこからTwitterのアカウントが紹介されているため、認証アカウントではなくとも本人であることに対しての疑いはないでしょう。--Haetenai会話) 2017年6月14日 (水) 09:11 (UTC)

コメント 作者本人が[4][5]と事件に言及しているため、非常に強く推測できるとは思いますが、いかんせん双方ともに具体的な言及がされていないため(作者名、作品名の公開にOKが出ているにも関わらず[6]新聞社からは作者名や作品名が出ていないし、作者から新聞社や記事、逮捕者名など確実に特定できる情報が出ていない)ため、これを結びつけるとなると情報の合成となってしまい、ウィキペディアでは禁止される行為になります。現時点で事件に結び付けられているのは、【漫画家への申し入れ「社会の発展に好ましくない」…強制わいせつ、警察の対応に問題は”. 弁護士ドットコムニュース. 弁護士ドットコム (2017年6月14日). 2017年6月14日閲覧。】くらいでしょうか。こちらについても「漫画の作者とみられるクジラックスさんは」と記事を書いた人の推測が入っているため使用には注意を必要とするでしょう(二次情報ですので使用自体は可能)。有効な出典が出てきたとしても、本件が「載せるに値することなのか」どうなのかの議論を経てから載せることが好ましいでしょう(事件そのものより、その後に警察の申し入れがあったこと(和やかな雰囲気であったとしても)の方が社会に多大な影響を与えた出来事と言えるかもしれません)。現時点の出典からは(ほぼ確定ではあるものの)推測にならざるを得ず、載せるかどうかの検討前の問題であると思います。--Haetenai会話) 2017年6月14日 (水) 09:11 (UTC)

コメント ことTwitterに関しては実際に成りすましが起ったり、ある程度のフォロワー数の多いアカウントと同名アカウントなどが当たり前のように作成されているとはいえ、通常、記事主題人物のTwitterアカウントや個人ブログに関しては、所属組織・団体などからのリンクがあれば、認証アカウントでなくても当人として判断できると思っております。該当のアカウントに関しては御当人のアカウントであるとは思いますが、アカウントやブログトピックを除去したり再作成したりが頻繁な方ではあるのでHaetenaiさんの編集のように出典とする場合はアーカイブ対応が望ましいでしょう。
Twitterや個人ブログは、スケジュールの先行発表や個人的な主張・発言のようなものは現行として出典として扱えると思いますが、今回の件に関しては現段階では報道記事とツイートの間に推測をはさまなければ結びつきませんし、一部報道との齟齬というか解釈が定まらない言い回しもみられますので、次に確実なアクションが発生するまでは慎重にならざるえない状況であると思います。--ジャムリン会話) 2017年6月14日 (水) 13:28 (UTC)

コメント コメント依頼を受けましたのでこちらに記載させていただきます。記載した私が言うのもどうかと思いますが、今回の件は速報じみた内容であった点も否めませんし続報が出て確定した上で改めて内容を検討すれば良いでしょう。トラブルに発展しても困りますので現時点で私が言えることはこれだけです。--キルクラゲ会話) 2017年6月15日 (木) 05:26 (UTC)

コメント とりあえずこちら[7]から毎日新聞の記事とは紐付けられそうです。他の報道と異なる報道がされていた『漫画家は「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」と了承したという。[8]』については、対象となった漫画と同じような内容のものは描く気にならないと思う、ということのようです。--Haetenai会話) 2017年6月15日 (木) 09:05 (UTC)

コメント Haetenaiさんにご提示いただいたツイートの内容を確認しました。現代の日本を舞台にした作品であるなら、現行の法律や条例から、対象少女からの合意の有無や少女の方から行為を強請ったり望んだりしている状況があろうと、成人が少女というカテゴリーの年齢層に属する女子に対して性的行為を成せば「少女が性的被害に遭う」とみなされますので、「少女が性的被害に遭うような漫画」がどういう状況描写であるのか、警察と作者で認識の一致があるのか明確ではありませんし(少なくともエロシーンは描かないというところまで考慮しているのか否か)、以前にも引退意志や身体的精神的不調で表現活動から離れていたこともある作家さんですので、今後の活動やその路線の変更や変心でどういうところに落ち着くのか落ち着かないのかまだ疑問は残りますが、ツイートアーカイブを出典として作家側からの発表のような形で記載されるのであれば、作家の本業に影響のある事象として記載可能の状況になったのではないかと思います。--ジャムリン会話) 2017年6月15日 (木) 09:55 (UTC)
コメント 該当ツイートを確認しましたが、ジャムリンさんが記載された「少女が性的被害に遭う」というツイートは一切無く『がいがぁかうんたぁ』レベルのもの」「ロリが性犯罪にあうリアルな感じのやつ」「エロシーンに入るまでじっくりコマ割で手口がわかる感じのやつ」等の曖昧な言い方をされたとツイートされておりました。これだけでエロシーンは書かないと考えるのは曲解ですし「少女が性的被害に遭う」という表現は作者の発言とは大きく異るためその点は注意されたほうが良いと思います。--キルクラゲ会話) 2017年6月15日 (木) 10:24 (UTC)
コメント Haetenaiさんのご指摘にもありますように、「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」という毎日新聞の記事にあった文言を受けてのツイートという意味ですが?そしてそれを受けての回答が「該当作品のようなものは描かない」とか「模倣されないように、手口やコマの構成に留意する」としているので、毎日新聞が伝えるような認識の一致があるのかどうか曖昧なままなので、そこの部分はどこまでなのか疑問な状況ではあるが、これからは要請を鑑みた内容にしていく意志があると表明しているので、影響があったと認められるということですけど?--ジャムリン会話) 2017年6月15日 (木) 11:05 (UTC)
コメント 改めてツイートを確認しましたが「『がいがぁかうんたぁ』っぽいものは描く気にならないと思う。」「僕と警察の方は、抗力も保障もない極めて曖昧なお話をしたのですが、「こんな事件2度と起こらなければいいのに」という気持ちは同じだったと思っています。」としか記載は行われていませんでした。ジャムリンさんの記載されている「該当作品のようなものは描かない」とか「模倣されないように、手口やコマの構成に留意する」という発言はどこにもなく推測に過ぎません。影響はあったことは事実でしょうが本文に記載を行うとすれば新聞記事へのリンクを添えた上で作者の直接的な見解ではないことを留意するべき旨の記載が必要と考えます。--キルクラゲ会話) 2017年6月15日 (木) 12:02 (UTC)
コメント 全部引用で済ますこともないので、あくまで前後ツイートを含めての要約とご理解下さい。「ああ思った」「こう望んでいる」という事象に対する感想や私生活エピソード報告止まりであり、特筆性のある本業に影響があると認められないような直接的な関連性の曖昧なコメントの継ぎ接ぎでしかないということであれば、wikipediaでは雑多な内容として記載する価値、または状況に至ってはいないということになります。記載なしで済ますのであれば、それで構わないと思います。--ジャムリン会話) 2017年6月15日 (木) 12:26 (UTC)修正:--ジャムリン会話) 2017年6月15日 (木) 12:29 (UTC)
荒らしには何を言っても無駄。あなたは本文の削除が目的で、その為に論点ずらしを繰り返して最後には記載する価値なしとしたいだけでしょう?--153.248.135.54 2017年6月15日 (木) 14:34 (UTC)

コメントクジラックスさん「警察の圧力に屈したわけではない」 成年漫画の表現自粛の報道を受けて発言 ハフィントンポスト - オリジナルのアーカイブ】、【成人漫画まねたわいせつ事件発生 警察が作者に「配慮」求める? 報道に作者がコメント オリコンニュース】。これらと先述の弁護士ニュース含め、ある程度の推測を含むものの複数のメディアから情報が出ましたし、また作者本人から犯人名に言及がありましたので、その事件の手口の参考にされてしまった漫画の作者であると判断することに問題はなくなったと思います。また、今回のことは「作者に影響を与えた出来事」としてだけではなく、「社会に(漫画家や作家など)影響(表現方法の萎縮を招きかねないなど)を与えたできごと」と言えると思いますので、wikipediaに収録されていても問題ないものであると思います。--Haetenai会話) 2017年6月16日 (金) 13:16 (UTC)

コメント Haetenaiさんご提示のハフィントンポストやORICONニュースに加え、ねとらぼでも、事件と記事主題人物とその作品名を明示した上で、派生した動きにまで言及した報道出典も出ましたので、記載に値する事象にまで発展したということになりますね。これまで主にHaetenaiさんの多大なご尽力で構成されてきた記事ですが、出典が一次情報やミドルメディアであるブログなどの出典が多かっただけに、記事主題の特筆性の担保に加え、記事全体の出典状態の補強となる事象となりました。
容疑者名につきましては、Haetenaiさんはご承知おきのことではあると思いますが、この件に関しての過去編集の傾向から、テキストの横にコメントアウトで、WP:BLPからwikipedia上では出典のタイトルや内容が表示される形であっても、記載不可である旨の注意書きを添えた方が良いかと思います。--ジャムリン会話) 2017年6月16日 (金) 15:30 (UTC)
コメント 今回は出典状況の進展が短期間に変化していきましたので、同事象に関する記載の可能性も刻々と変わっていきました。同事象の編集に関わった利用者の中にはアカウント編集歴が浅かったり、IPユーザーであるせいなのか、記載基準の変化にまつわる判断やガイドライン・方針の理解度に問題がある版もみられ、管理者の方の除去編集まで「荒らし呼ばわり」しているケースや、議論においても論理的な説明になっていない感情的なコメントなどもみられましたので、注意があった方が良いかと思います。--ジャムリン会話) 2017年6月17日 (土) 03:53 (UTC)
コメント ええ、そうですね。方針やガイドラインを読んでいない方が編集に来ることも考えて、ユーザー向けのコメントとして書いておいたほうが良いでしょうね。--Haetenai会話) 2017年6月17日 (土) 06:48 (UTC)
コメント 大元の私がこんなことを言い出すのも非常に恐縮なのですが、リアルが忙しすぎて今後を含めて全てを追跡したり記載案を練るのが正直難しい状況です。頻繁に様々な情報が出て来るかもしれませんしそれを踏まえた上で適切な記載をいただけますと助かります。--キルクラゲ会話) 2017年6月18日 (日) 17:04 (UTC)

まともに考えたら最初から記載されておくべき案件でしょう?社会的影響とか以前に作者の出来事なんだから別に書かれてても何もおかしくない。それを出典が云々で難癖付けて荒らしてたのはどこの誰ですか?容疑者名が記載不可なんてわざわざこんな所で言い出すべきことじゃないし、まだ話を引っ掻き回したいの?--153.248.135.54 2017年6月17日 (土) 02:46 (UTC)

報告 保護解除まで数日であり、参加者の153.248.135.54さんの投稿ブロック(利用者:153.248.135.54 (投稿ブロック記録))は解除されいない状況とはいえ、該当事項の記載に反対はないこともあり、一応保護解除依頼いたしました。--ジャムリン会話) 2017年6月19日 (月) 05:12 (UTC)