アキバBlog

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アキバBlog
URL blog.livedoor.jp/geek/
使用言語 日本語、中国語
タイプ 個人ニュースサイト
運営者 geek
設立者 geek
設立日 2004年1月19日
現状 運営中

アキバBlog(あきばぶろぐ、または秋葉原ブログ)は「秋葉原の某ショップ元店長」を自称するgeekによる個人ニュースサイト

概要[編集]

管理人のgeekが秋葉原で目撃したことを書くというテーマのもと[1]、秋葉原やそれに関連する出来事を独自に取材している。秋葉原という地域柄、記事は萌えおたくメイドコスプレ、各種イベントといった話題が中心となっているが、秋葉原で起こった事故や事件などについて言及されることもある[1]。記事は書誌の引用や事実の記載、ショップ店員や他の秋葉原ユーザーからの伝聞といった内容で構成され、管理人個人の個性をアピールする必要はないという方針のもと、書き手の意見や感想はあまり前面に出さないスタイルで書かれている[1]

個人運営のブログながら、秋葉原の情報を発信するウェブサイトとしては出版社のサイトと同等のアクセス数があるとも言われ[1]、2011年4月にはアキバ現地情報を取り扱うサイトとしては最大の月間3000万PVを記録し、それ以降も月間2000万PVを超え、約140万人の利用者がいることを公称している[2]。海外の読者も多いとされる[1]

サイトに入る際の年齢確認は無いものの、(モザイク加工を施してはいるが)成人向け商品の紹介記事も多く扱っている。

マスコットキャラクターとして、POPがデザインしたナードたんが2005年6月より登場し、バナーなどに使用されている[2]

沿革[編集]

アキバBlogが登場するフィクション[編集]

2006年7月に発売されたヒロユキの漫画『ドージンワーク』第2巻には、登場人物の1人がアキバBlogを模したウェブサイトに紹介されるという場面があり[5]、そのことがアキバBlogで言及された[6]。小説作品では、2007年5月に出版された畑健二郎原作、築地俊彦によるノベライズ作品『ハヤテのごとく! 春休みの白皇学院に、幻の三千院ナギを見た byハヤテ』にはアキバBlogへの言及があり[7]、アキバBlogが作中に登場するライトノベルはこれが初であるとされる[8]

2008年8月に出版された伏見つかさによるライトノベル『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の第1巻では、ヒロインの高坂桐乃がはてなアンテナに登録したうえで巡回先にしているウェブサイトとして、「かーずSP」と共にアキバBlogの名が登場し、桐乃が隠れオタク趣味をやめようと思ってもやめられない理由を両サイトに責任転嫁する場面が描かれた[8][9]。作中においては一度その名が言及されたのみであるが、この言及は実際のかーずSPやアキバBlogで取り上げられ[8]、後にアニメ版のプロデュースを手掛ける岩上敦宏が同作を知ったきっかけとなった出来事として挙げる[10]など、インターネット上における同作の話題作りに貢献した[11][12]。その後、同作の続刊が出るたびにかーずSPとアキバBlogの合同企画という体裁で、作者の伏見つかさへのインタビュー企画が恒例として行われている[13]ほか、2010年に放送された同作のテレビアニメ版にも、原作通りにかーずSPとアキバBlogの名が登場している[14][15][16]。テレビアニメ版の脚本を担当した倉田英之はこの台詞について、絶対に原作通りに実名を出したかった部分であったと語っている[17]

2012年のテレビアニメ『マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん 〜英語で戦う魔法少女〜』は、「アキバBlog公認連動作品」を銘打っており[18]、アキバBlogのマスコットキャラクターであるナードたんも劇中に登場した[19]。第1期は全12話のショートアニメとしてAT-Xほかで放送・配信され、2013年には第2期がテレビ東京ほかで放送された。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 古田雄介 (2008年10月27日). “「アキバの現実」報道する「アキバBlog」の現在”. ASCII.jp. アスキー・メディアワークス. 2010年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c アキバBlogについて”. アキバBlog. 2010年9月23日閲覧。
  3. ^ geek (2008年6月1日). “アキバBlogはライブドアBlogに出戻りました”. アキバBlog. 2009年4月18日閲覧。
  4. ^ AkibaBlog Staff (2009年8月28日). “Dear AkibaBlog readers”. AkibaBlog. 2010年9月23日閲覧。
  5. ^ ヒロユキ (w, p, i). ドージンワーク vol. 2, (2006年8月11日), 芳文社, ISBN 4-8322-7585-2
  6. ^ geek (2006年7月28日). “ドージンワーク2巻発売 「これだけ売れるのは、ネタが面白いから」”. アキバBlog. 2010年9月23日閲覧。
  7. ^ 築地俊彦畑健二郎 『ハヤテのごとく! 春休みの白皇学院に、幻の三千院ナギを見た by ハヤテ』 小学館〈ガガガ文庫〉、2007年5月。ISBN 978-4-09-451009-6
  8. ^ a b c 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 かーずSP・アキバBlogが名指しで登場”. アキバBlog (2008年8月9日). 2010年8月4日閲覧。
  9. ^ 伏見つかさ俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第1巻、アスキー・メディアワークス電撃文庫〉、2008年8月10日、15版、70頁。ISBN 978-4-04-867180-4
  10. ^ かーず; ノトフ (2010年5月1日). “「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 アニメ化記念インタビュー”. アキバBlog. 2010年8月2日閲覧。
  11. ^ “「電撃文庫」の大人気シリーズ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』アニメ化決定のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), アスキー・メディアワークス, (2010年5月13日), http://asciimw.jp/info/release/pdf/20100513.pdf 2010年9月24日閲覧。 
  12. ^ 「付録(1) “まるごと一冊”『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』」、『電撃文庫MAGAZINE Vol.16』第3巻第6号、アスキー・メディアワークス、2010年11月、 6頁、 JAN 4910163991106、雑誌16399-11。
  13. ^ 伏見つかさ; 小原一哲; 三木一馬 (2010年1月7日). 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5) 発売記念 伏見つかさインタビュー<前編>. インタビュアー:かーず. アキバBlog.. http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50961937.html 2010年8月4日閲覧。 
  14. ^ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1話「俺が妹と恋をするわけがない」 (Television production). ニコニコチャンネル.. 該当時間: 18:43-18:46. http://www.nicovideo.jp/watch/1286535366 2010年10月10日閲覧。 
  15. ^ かーず (2010年10月4日). “10月04日”. かーずSP. 2010年10月4日閲覧。
  16. ^ アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が始まったので、とりあえずアキバの様子”. アキバBlog (2010年10月4日). 2010年10月11日閲覧。
  17. ^ 神戸洋行、倉田英之伏見つかさ 「スタッフインタビュー01」『俺の妹がこんなに可愛いわけがないアニメ公式ガイドブック アニメ『俺の妹』がこんなに丸裸なわけがない』 電撃文庫編集部、アスキー・メディアワークス2011年9月30日、151頁。ISBN 978-4-04-870649-0
  18. ^ “オリジナルアニメーション「マジでオタクなイングリッシュ! りぼんちゃん」~英語で戦う魔法少女~ 企画開始のお知らせ” (プレスリリース), アニメインターナショナルカンパニー, (2012年6月22日), http://www.anime-int.com/news/2012/000205.html 2013年7月4日閲覧。 
  19. ^ キャラクター”. マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん 〜英語で戦う魔法少女〜 the TV 公式サイト. テレビ東京. 2013年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]