井上和郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井上 和郎
生誕 1972年5月1日(41歳)
日本の旗 日本栃木県
職業 漫画家
ジャンル 少年漫画
代表作 美鳥の日々
あいこら
魔法のいろは!
テンプレートを表示

井上 和郎(いのうえ かずろう、1972年5月1日[1] - )は日本漫画家栃木県佐野市出身。

人物[編集]

『DREAM SECURITY マオ』でデビュー、『HEAT WAVE』で初連載。代表作はアニメ化もされた『美鳥の日々』。近作としては『週刊少年サンデー2005年32号より2008年10号まで『あいこら』を連載していた。藤田和日郎の元チーフアシスタントで、雷句誠とは同期。哀川翔のファンでもあり『週刊少年サンデー』紙面で対談した事もある。ミュージシャンの小山田圭吾にも影響されていて、漫画内でもタイトルなどで影響を見ることが出来る。なお、漫画家の井上博和とは何の関係も無い。

基本的にライトで見やすく可愛らしい絵柄だが、場合によっては師匠である藤田和日郎譲りの勢いのある描線も自在に使いこなすという二面性のある作風が特徴。そしてプロットの立て方についても、話運びだけを取り出せばごくストレートな人間ドラマでありながら、そこに非常にクセの強い変化球的な設定を入れることによって王道を外すといった二面性が各作品に共通して見られる(『あいこら』では、そのズレをギャグとして自ら積極的に作品に取り入れている)。また別作品のキャラがカメオ出演したり、別作品の用語が登場するのも一つの特徴である。

アメリカのアクション俳優、チャック・ノリスの大ファンである。

細かく粒々としたものが苦手。サンゴの産卵映像を見た際には「自然、死なねえかな」というコメントを残している[2]

作品リスト[編集]

連載[編集]

読切[編集]

  • KIDS ARE ALRIGHT(少年サンデー超1998年8月20日号)
  • 古書店夜光奮戦記(原案:吉永タタミ、少年サンデー超2000年3月20日号)
  • フルスクラッチ・エイジ(少年サンデー超2002年3月25日号)
  • 葵DESTRUCTION!(週刊少年サンデー2002年17号)
  • 葵DESTRUCTION!2(少年サンデー超2003年4月25日号)
  • 美鳥の日々 番外編(少年サンデー超2004年5月25日号)
  • 音禰のないしょ(原作:中山文十郎、少年サンデー超2004年11月25日号)
  • 春らんまん!(ヤングアニマルあいらんど4号)※2005年
  • 葵DESTRUCTION!3(少年サンデー超2006年9月25日号)
  • 春らんまん!(ヤングアニマルあいらんど6号)※2007年
  • 聞こえすぎた男(『あいこら』単行本12巻収録)※2008年
  • あねコミ(ヤングアニマルあいらんど7号)※2008年
  • 春らんまん!(ヤングアニマルあいらんど8号)※2009年
  • ラブ☆コミ(ミラクルジャンプ4号)※2011年
  • アスミンの音域(ビッグコミック増刊号2013年12月17日号)

その他[編集]

短編集[編集]

師匠[編集]

親交[編集]

出典[編集]

  1. ^ 今日で三十代最後の誕生日。39ってことで”. 2011年5月1日閲覧。井上和郎ツイッター
  2. ^ からくりサーカス』43巻巻末「団員紹介」より。
  3. ^ Twitter2012年9月28日 - 11:46にて

関連項目[編集]

外部リンク[編集]