鏡優翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
日本の旗 日本
世界選手権
2022 ベオグラード 76kg級
U-23世界選手権
2019 ブダペスト 76kg級
世界ジュニア選手権
2019 タリン 72kg級
世界カデット選手権
2017 アテネ 70kg級
2018 ザグレブ 73kg級

鏡 優翔(かがみ ゆうか、2001年9月14日 - )は、日本の女子レスリング選手。山形県出身[1](以前は栃木県出身としていた)。階級は72kg級。身長167cm[2]

来歴[編集]

小学生の時はサンダーキッズでレスリング、宇都宮ラグビースクールでラグビーに取り組んでいた[3]。その後レスリングに専念すると、雀宮中学1年の時に全国中学生選手権57kg級で2位になった[2]。3年の時には上京してJOCエリートアカデミーへ入校すると、稲付中学に通うようになった[3][4]。全国中学生選手権では70kg級で3位だったが、全国中学選抜選手権とクリッパン女子国際大会カデットの部で優勝を飾った[2][3]。2017年には帝京高校へ進むと、ジュニアクイーンズカップカデットの部とJOC杯カデットの部で優勝した。さらにインターハイ世界カデット選手権でも優勝を成し遂げた[2][3]。クリッパン女子国際大会では2連覇した[2]。2年の時にはジュニアクイーンズカップカデットの部とJOC杯カデットの部73kg級でそれぞれ2連覇すると、アジアカデット選手権でも優勝した[2]。世界カデット選手権とインターハイでもそれぞれ2連覇を達成[2]ユースオリンピックでは開会式で日本選手団の旗手を務めたものの、3位にとどまった[2][5][6]全日本選手権72kg級では高校2年ながらシニアの大会で優勝を果たした[2]。3年の時にはジュニアクイーンズカップジュニアの部とアジア選手権で優勝した[2][7]全日本選抜選手権ではオリンピック階級の76kg級に階級を上げて決勝まで進むも、世界選手権3位の皆川博恵に敗れて2位だった[2]。インターハイでは3連覇を達成した[8]世界ジュニアでは72㎏級で優勝を飾った[9]U-23世界選手権では2位にとどまった[2][10]成田で開催されたワールドカップでは優勝した[11]。2020年には東洋大学へ進むと、全日本レスリング選手権大会で優勝した[12]。2年の時には全日本レスリング選手権大会で2連覇した[2]。3年の時にはアジア選手権で2位だった[13]。全日本選抜選手権では優勝して、世界選手権代表に選ばれた[2]世界選手権では準々決勝でトルコの選手に敗れるも、その後の敗者復活戦を勝ち上がって3位になった[14]

主な戦績[編集]

70kg級での戦績

73kg級での戦績

72kg級での戦績

76kg級での戦績

(出典[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 鏡優翔 - International Wrestling Database (英語)