半田百合子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
半田 百合子
HANDA Yuriko
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Yuriko Handa 1964.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1940-03-31) 1940年3月31日(78歳)
出身地 栃木県宇都宮市
ラテン文字 HANDA Yuriko
身長 166cm
体重 60kg
選手情報
ポジション センター
 
獲得メダル
オリンピック
1964 東京 バレーボール
世界選手権
1962 モスクワ 女子バレーボール
テンプレートを表示

半田 百合子(はんだ ゆりこ、現姓:中島、1940年3月31日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。1964年東京オリンピックバレーボール女子金メダリスト。

来歴[編集]

栃木県宇都宮市出身。高校時代は全く無名の選手だったが日紡東京で頭角を現し、貝塚チーム大松博文に認められ、貝塚チームに移籍する。レシーブ、トス、スパイクと三拍子揃った好選手であり、運動神経のよさはチーム随一であった[1]東洋の魔女のレギュラーメンバーとして、1964年の東京オリンピック金メダル獲得に大きく貢献した。

現役引退後の1965年2月に、徳川夢声の司会でテレビ結婚式をあげた。新郎は松下電器の元バレーボール部員。大松は「半田は無口だがやさしい読書家、結婚生活もうまくやれる」とコメントを寄せている。

1966年から京都産業大学体育講師などを経て、現在は講演講師。

球歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1964年10月号 45ページ

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1965年2月号 40ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]