柴田未崎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴田未崎
Misaki-Shibata20100207.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県宇都宮市
生年月日 (1977-06-18) 1977年6月18日(39歳)
身長 160cm
体重 48kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・高木嘉夫(1996.3.1 - 2005.5.20)
→美浦・フリー(2005.5.21 - 2009.6.20)[1]
→美浦・畠山吉宏(2009.6.21 - 2011.3.20)[2]
→美浦・フリー(2011.3.21 - 2011.3.31)
→美浦・斎藤誠(2014.3.1 - 2014.6.30)
→美浦・フリー(2014.7.1 - 2015.8.31)
→栗東・フリー(2015.9.1 - )
初免許年 1996年
免許区分 平地・障害[3]
通算勝利 2435戦82勝
テンプレートを表示

柴田 未崎(しばた みさき、1977年6月18日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の騎手調教助手である。

1996年にJRAの騎手となり、2011年3月31日に引退するまで、通算82勝を挙げた。その後調教助手に転身し、美浦トレーニングセンター斎藤誠厩舎に所属したが、2013年より再び騎手試験を受験し合格、騎手に復帰することとなった。

双子の兄・柴田大知もJRAの騎手であり、双子の騎手はJRA史上初めての事であった[4][5]。同期に他に福永祐一和田竜二らがおり、いわゆる競馬学校花の12期生のひとりである。

来歴[編集]

栃木県宇都宮市出身[4]1996年高木嘉夫厩舎所属の騎手としてデビューし、同年6月マイネルダンケに騎乗して初勝利を達成。また同年8月3日新潟競馬第8競走では兄弟で上位を独占する(1着・未崎、2着・大知)など、デビュー初年度は12勝を記録する。

その後勝利数を伸ばしたものの、減量騎手から外れる1999年以降は騎乗数・勝利数ともに低迷し、2003年より障害競走への騎乗を始め、2004年障害競走初勝利を記録。

このころより騎乗の場を障害競走へと移すも、平地・障害双方にて重賞勝利などの特筆すべき実績はなく2011年3月31日付で騎手を引退。斎藤誠厩舎で調教助手となった。

しかしその後、兄・大知がGI制覇を達成するなどの活躍を見せ、それに触発された未崎は騎手復帰を志すようになる[6]。 JRAが騎手の人材不足を解消するため、2013年の騎手試験より元騎手について一次試験の技術科目を免除するなどの制度改正を行ったことも、再受験を後押しする形になった [7]。 2013年、新規騎手免許1次試験に競馬学校卒業生以外でただひとり合格[8]、翌2014年の2次試験にも合格し、同年3月より騎手に復帰することとなった[9]。 当初は美浦斎藤誠厩舎の所属であったが、2014年7月1日付けでフリーとなり主に栗東所属厩舎の馬に騎乗している。 7月27日、福島9Rでヴァンデミエールに騎乗して1着となり、復帰後初勝利を挙げた。初勝利まで77戦を要し、レース後は涙で声を詰まらせる場面もあった[10]。また再デビューの同期(2014年度デビュー騎手)の他6名は既に初勝利を挙げており、一番遅い初勝利となった(柴田の初勝利時のプラカード持ちをしたのは、その同期にあたる石川裕紀人と木幡初也)。

2015年9月1日付けで栗東トレーニングセンター・フリーに所属変更となった[11]

主な騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順

初騎乗 1996年3月2日 1回中山3日3R 4歳新馬 ヒサゴシズカ 16頭 12 12着
初勝利 1996年6月16日 3回中山2日1R 4歳未勝利 マイネルダンケ 15頭 1 1着
重賞初騎乗 1997年2月23日 2回中山2日11R 中山牝馬ステークス テンドラー 15頭 15 9着
GI初騎乗 1999年5月16日 2回東京8日11R NHKマイルカップ ミッキーダンス 18頭 17 14着

初騎乗 2003年4月6日 4回中山4日5R 障害未勝利 サキノハマナス 14頭 14 13着
初勝利 2004年4月24日 2回東京1日5R 障害未勝利 ハッピートウキョウ 14頭 7 1着
重賞初騎乗 2006年10月14日 4回東京3日9R 東京オータムジャンプ ユキノサンロイヤル 14頭 6 9着
JGI初騎乗 2008年4月19日 3回中山7日11R 中山グランドジャンプ バローネフォンテン 10頭 8 8着
年度 平地競走 障害競走
1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
1996年 12 14 22 294 .041 .088 .163 -
1997年 18 20 28 351 .051 .108 .188 -
1998年 19 25 19 332 .057 .133 .190 -
1999年 11 22 28 372 .030 .089 .164 -
2000年 5 11 8 198 .025 .081 .121 -
2001年 2 2 1 168 .012 .024 .030 -
2002年 4 6 5 178 .022 .056 .084 -
2003年 1 0 3 129 .008 .008 .031 0 0 1 13 .000 .000 .077
2004年 1 2 7 72 .014 .042 .139 2 2 2 27 .074 .148 .222
2005年 0 0 2 55 .000 .000 .036 1 0 2 28 .036 .036 .107
2006年 0 0 0 11 .000 .000 .000 2 1 2 35 .057 .086 .143
2007年 0 0 0 6 .000 .000 .000 1 2 0 35 .029 .086 .086
2008年 0 0 1 6 .000 .000 .167 1 0 1 38 .026 .026 .053
2009年 0 0 0 3 .000 .000 .000 0 0 0 39 .000 .000 .000
2010年 0 0 0 3 .000 .000 .000 2 2 1 36 .056 .111 .139
2011年 - 0 0 1 6 .000 .000 .167
中央 73 102 124 2178 .034 .080 .137 9 7 10 257 .035 .062 .101
地方 10 8 11 106 .094 .170 .283  

脚注[編集]

  1. ^ “柴田未崎騎手もフリーに”. 競馬実況Web (日経ラジオ社). (2005年5月20日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-130530.html 2010年8月8日閲覧。 
  2. ^ “柴田未崎騎手、高橋亮騎手が所属変更”. 競馬実況Web (日経ラジオ社). (2009年6月19日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-169168.html 2010年8月8日閲覧。 
  3. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月6日閲覧。
  4. ^ a b 読売新聞 2013年5月6日 栃木版 朝刊 31面
  5. ^ 一方がJRA、もう一方が地方競馬所属の双子騎手としては、水野貴広水野貴史兄弟が既にいた。また両方が地方競馬の所属の双子騎手としては竹田吉孝竹田吉秀兄弟や、かつて兵庫に在籍していた松本良平松本心平兄弟の例もあった。
  6. ^ “元騎手の柴田未崎が再受験で騎手免許1次試験に合格”. 東京スポーツ. (2013年10月17日). http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/195646/ 2014年2月6日閲覧。 
  7. ^ “再受験で元騎手・柴田未1次試験に合格”. デイリースポーツ. (2013年10月17日). http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2013/10/17/0006426554.shtml 2014年2月6日閲覧。 
  8. ^ “柴田未崎助手が騎手1次試験に合格”. 予想王TV@SANSPO (産経新聞社). (2013年10月17日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20131017/etc13101717270005-n1.html 2014年2月6日閲覧。 
  9. ^ “【速報】柴田未崎助手が騎手試験合格、3年ぶりにターフへ”. netkeiba.com. (2014年2月6日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=83942 2014年2月6日閲覧。 
  10. ^ “柴田未、復帰後初勝利「やっと勝てた」”. スポーツ報知. (2014年7月28日). http://www.hochi.co.jp/horserace/20140727-OHT1T50182.html 2014年7月28日閲覧。 
  11. ^ 柴田未崎騎手、9月1日付けで栗東へ所属変更”. 競馬実況Web. 日経ラジオ社. 2015年9月14日閲覧。
  12. ^ 「地方競馬ニュース『5月の重賞結果』」、『優駿』、日本中央競馬会、1999年7月、 128頁。
  13. ^ “ナンゴクロックオンが差し切り連勝/たんぽぽ賞・佐賀”. netkeiba.com. (2016年2月11日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=107103 2016年4月11日閲覧。 

関連項目[編集]