渋井哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渋井 哲也(しぶい てつや、1969年10月17日 - )は、日本ライタージャーナリストノンフィクション作家栃木県那須郡出身。まくびー所属。

経歴[編集]

東洋大学法学部卒業後、長野日報社記者を経て、東洋大学大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程修了。修士論文のテーマは「インターネット(オンライン)における、子どもと若者のコミュニケーションと居場所に関する検討[1]」。

ネットコミュニケーションを研究対象としているが、インターネットサブカルチャーへの安易な批判に対しては懐疑的である。

オーマイニュース」では記事執筆と、日替わりでの編集部デスクを務めた[2]2010年12月より、「渋井哲也オンラインマガジン 「悩み、もがき。それでも...」」(有料メルマガ配信サービス)を発行[3]

著書[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 渋井哲也. インターネット(オンライン)における、子どもと若者のコミュニケーションと居場所に関する検討. http://homepage3.nifty.com/sbtetuya/online.html 2008年12月10日閲覧。. 
  2. ^ 増田覚 (2009年5月26日). “オーマイニュース関係者が振り返る「編集部発・最後の炎上大会」”. INTERNET Watch (インプレス). http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2009/05/26/23559.html 2009年11月30日閲覧。 
  3. ^ 渋井哲也の 「悩み、もがき。それでも...」

外部リンク[編集]