西那須野町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西那須野町
廃止日 2005年1月1日
廃止理由 新設合併
黒磯市西那須野町塩原町那須塩原市
現在の自治体 那須塩原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 栃木県
那須郡
団体コード 09409-9
面積 59.63km²
総人口 45,565
推計人口、2004年12月1日)
隣接自治体 黒磯市大田原市塩原町
町の木 ケヤキ
町の花 水仙
町の鳥 カラス
西那須野町役場
所在地 329-2792
栃木県那須郡西那須野町あたご町2-3
座標 北緯36度52分55.8秒
東経139度59分1.3秒
西那須野町の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

西那須野町(にしなすのまち)は、栃木県北東部に位置していたである。大田原市への通勤率は21.5%(平成12年国勢調査)。

2005年1月1日黒磯市那須郡塩原町と新設合併して那須塩原市となり、廃止した。栃木県内では人口最多の町であった。

概要[編集]

西那須野町旗

地理[編集]

全域が那須野が原に包含される。 明治以前は原野であったが、明治期の殖産興業政策により、日本国有鉄道東北本線(現JR宇都宮線)、那須疏水、那須野ヶ原開拓事業により、形成される。 県北部の交通の要衝として著しい発展を遂げる。

隣接した自治体

人口[編集]

合併前は、町として県内最多人口であり、(旧)日光市(約1万6000人)、矢板市(3万3000人)の2市よりも人口が多かった。人口密度は、764.13k㎡

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1885年(明治18年) 6月? - 那須開墾社・加治屋開墾の区域に那須野村が起立。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 那須野村が西那須野村に改称。西那須野村狩野村(かりのむら)の2村が発足。
  • 1932年(昭和7年)4月1日 - 西那須野村が町制施行、西那須野町となる。
  • 1955年(昭和30年)2月11日 - 西那須野町・狩野村が合併、新しい西那須野町となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 大字加治屋を大田原市へ編入。
  • 1999年(平成11年)12月20日 ― 国会等移転審議会は、小渕内閣総理大臣に対し、移転先候補地として「栃木・福島地域」「岐阜・愛知地域」、そして将来移転先候補地となる可能性がある地域として「三重・畿央地域」を選定する答申を行った。審議会では、移転先候補地の答申を行うにあたり、16の評価項目を設け点数付けを行い、さらに、各項目の重要度を加味した上で総合点を算出し、結果、栃木・福島地域(那須・阿武隈地域)が最高得点を獲得した。

行政[編集]

西那須野村長・町長(旧)[編集]

氏名 就任 退任 出身校 職歴 出身地 備考
1 斎藤半次郎 1889年(明治22年)6月13日? 1895年(明治28年)1月18日? 那須開墾社幹事・矢板銀行副頭取 塩谷郡
2 井上寬二 1895年(明治28年)1月19日? 1896年(明治29年)8月15日 群馬県庁職員 埼玉県
3 品川貞之進 1896年(明治29年)8月16日 1907年(明治40年)3月25日 那須開墾社植林事務所長、西那須野村助役、第4代西那須野郵便局長 山口県
4 江川福松 1907年(明治40年)3月26日 1912年(明治45年)4月11日 西那須野村会議員、那須郡会議員、会社社長 滋賀県 在任中死亡
5 田島弥三郎 1912年(明治45年)5月20日 1917年(大正6年)11月27日 ミラノ・インターナショナルスクール 西那須野村会議員・助役 群馬県 第9代町長田島薫は子息。
6 宇佐美嘉吉 1917年(大正6年)11月28日 1929年(昭和4年)11月27日 西那須野村会議員 大分県
7 蓮池佼 1929年(昭和4年)11月28日 1933年(昭和8年)3月3日 西那須野村助役 塩谷郡
8 菊地米松 1933年(昭和8年)10月1日 1947年(昭和22年)4月4日 栃木県師範学校 小学校長 那須郡
9 田島董 1947年(昭和22年)4月5日 1951年(昭和26年)4月23日 東京英語学校中退 西那須野村村会議員 群馬県 第5代町長田島弥三郎は父。
10 川上安一郎 1951年(昭和26年)4月23日 1951年(昭和26年)4月24日 会社経営 合併により新・西那須野町長となる。

西那須野町長[編集]

氏名 就任 退任 出身校 職歴 備考
1 川上安一郎 1951年(昭和26年)4月24日 1959年(昭和34年)3月16日 会社経営、(旧)西那須野町長 旧西那須野町長から継続
2 中島欣三郎 1959年(昭和34年)3月16日 1974年(昭和49年)6月2日 会社社長、狩野村長 在任中死亡
3 阿久津文一 1974年(昭和49年)7月21日 1982年(昭和57年)7月20日 慶應義塾普通部 東京都職員、西那須野町助役
4 高野三郎 1982年(昭和57年)7月21日 1990年(平成2年)7月20日 京都帝国大学農学部 神奈川県職員、栃木県民生部長
5 宮本善夫 1990年(平成2年)7月21日 年(平成年)月日 宇都宮農林専門学校 栃木県職員、西那須野町収入役・助役
6 平山武 年(平成年)月日 2004年(平成16年)12月31日 拓殖大学政経学部 議員秘書 閉町

議会[編集]

歴代町議会議長・副議長[編集]

経済[編集]

産業[編集]

農業分野においては、日本三大疏水の一つに上げられる那須疏水が整備され、かつて不毛の地と呼ばれた荒野に美しい田園地帯が広がった。

姉妹都市・友好都市[編集]

埼玉県の旗 新座市埼玉県
2000年11月西那須野町が友好姉妹都市提携。
富山県の旗滑川市富山県
1996年4月西那須野町が姉妹都市提携。

地域[編集]

町名一覧[編集]

西那須野地区[編集]

  • 東町
  • あたご町
  • 一区町
  • 扇町
  • 上赤田
  • 北赤田
  • 北二つ室
  • 五軒町
  • 三区町
  • 下永田1-8丁目
  • 千本松
  • 永田町
  • 二区町
  • 西赤田
  • 朝日町
  • 幸町
  • 栄町
  • 西原町
  • 大和町
  • 東赤田
  • 二つ室
  • 南赤田
  • 南町
  • 四区町

狩野地区[編集]

  • 井口
  • 石林
  • 新南郷屋
  • 関根
  • 高柳
  • 太夫塚1-6丁目
  • 槻沢
  • 西遅沢
  • 西富山
  • 西三島1-7丁目
  • 東遅沢
  • 東関根
  • 東三島1-6丁目
  • 三島1-5丁目
  • 南郷屋1-5丁目

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 西那須野町立三島小学校
  • 西那須野町立西小学校
  • 西那須野町立東小学校
  • 西那須野町立南小学校
  • 西那須野町立大山小学校
  • 西那須野町立槻沢小学校

郵便[編集]

集配局及び郵便番号は、以下の通りである。

郵便局[編集]

  • 西那須野郵便局(07045)
  • 西那須野駅前郵便局(07287)
  • 西那須野下永田郵便局(07312)

電話番号[編集]

全域が大田原MAの管轄である。市外局番は「0287」。収容局は以下のビルが該当し、市内局番は以下の通り。

  • 西那須野2局(大田原MA):36-39


病院[編集]

国際医療福祉病院(現・国際医療福祉大学病院)

交通[編集]

鉄道路線[編集]

一般路線バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

乃木神社 。画面左端は乃木希典像。手前は蟇沼用水の水路。
那須野が原公園。右奥の山は高原山
  • 県営那須野が原公園
  • 千本松牧場
  • 烏が森公園
  • 乃木神社

出身有名人・関連有名人[編集]

西那須野町出身者[編集]

政治
  • 渡辺喜美(衆院議員)
  • 平山正二(栃木県議会議長)旧西那須野町
  • 郡司征夫(栃木県議会議長)旧西那須野町
芸能
芸術
  • 相馬寛哉(画家)西那須野出身
  • 高野悦子(『二十歳の原点』の主人公、父親の高野三郎は元町長)

西那須野町ゆかりの人物[編集]

歴史人物
  • 矢板武(那須開墾社社長、下野銀行頭取)矢板農場経営
  • 印南丈作(那須開墾社社長)
政治
  • 大山巌(従一位大勲位功一級公爵、元帥陸軍大将、大警視、陸軍大臣、陸軍参謀総長、文部大臣、内大臣、元老、貴族院議員)加治屋開墾場、大山農場を設営。大山小学校の校名の由来。
  • 乃木希典(正二位勲一等功一級伯爵、陸軍大将)
  • 松方正義(従一位大勲位公爵、元内閣総理大臣兼大蔵大臣)千本松農場。
  • 千坂高雅(石川・岡山県令、貴族院議員)千坂農場
  • 三島通庸(内務官僚、栃木県令、警視総監、正三位勲二等子爵)肇耕社・三島農場を設立し、那須疏水開削に関わる。三島小学校の校名の由来。
  • 西郷従道(海軍大臣、侯爵)加治屋開墾場、西郷農場。
  • 三島弥太郎(貴族院議員、第8代日本銀行総裁)
  • 渡辺美智雄(元副総理、元外相、元蔵相、元農水相、元通産相、元衆議院議員、元税理士)旧西那須野町に地元事務所
その他
  • 草野榮龍(僧侶)真言宗東寺派第6代管長、雲照寺(那須塩原市三区町)第7代住職
架空の人物

関連項目[編集]

外部リンク[編集]