印南丈作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いんなみ じょうさく
印南 丈作
生誕 神山 源太郎
(かみやま げんたろう)

1831年8月23日
下野国都賀郡日光入町本町
(現:栃木県日光市
死没 1888年(明治21年)1月7日
栃木県那須郡黒磯町
(現・那須塩原市三区町)
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家
著名な実績 那須疏水の開削

印南 丈作(いんなみ じょうさく、1831年8月23日天保2年7月16日) - 1888年(明治21年)1月7日)は、江戸期及び明治期の実業家。矢板武とともに那須野が原開拓の功労者として知られる。

略歴[編集]

その他[編集]

  • 那須塩原市の烏森神社に印南丈作頌徳碑が建立されている。