道の駅那須野が原博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
那須野が原博物館
道の駅那須野が原博物館
所在地 329-2752
栃木県那須塩原市
三島5-1
座標
登録路線 市道塩原街道線
登録回 第20回 (09012)
登録日 2004年8月9日
開駅日 2004年4月23日(施設供用)
営業時間 9:00 - 17:00
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅那須野が原博物館(みちのえき なすのがはらはくぶつかん)は、栃木県那須塩原市にある市道塩原街道線の道の駅である。

登録当初の名称は道の駅にしなすのだった[1][2]

施設[編集]

那須野が原博物館に隣接して、道路情報館やトイレを整備することにより道の駅として登録された。博物館と一体化した道の駅である[3]

  • 駐車場(普通車90台、大型車10台、身体障害者用3台)
  • トイレ(男15、女17、多目的トイレ2)
  • 公衆電話
  • 道路情報館
  • 那須野が原博物館
  • 田園空間博物館総合案内所

アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広報なすしおばら No.104 (PDF)”. 那須塩原市企画部秘書課広報広聴係 (2009年4月20日号). 2013年1月13日閲覧。
  2. ^ 那須塩原市教育部生涯学習課那須野が原博物館. “道の駅「にしなすの」から道の駅「那須野が原博物館」に名称変更しました”. 那須塩原市役所. 2013年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月13日閲覧。
  3. ^ 那須野が原博物館 関東「道の駅」”. 国土交通省関東地方整備局. 2010年5月1日閲覧。
  4. ^ 栃木の道の駅”. 国土交通省関東地方整備局宇都宮国道事務所. 2013年1月13日閲覧。

関連項目[編集]

那須野が原博物館[編集]

那須野が原博物館は那須塩原市が運営する博物館。1977年開館の西那須野町郷土資料館を前身として2004年に開館し、2005年に那須塩原市那須野が原博物館となった。附属施設として、黒磯郷土館がある。[1]付属施設の日新の館と関谷郷土資料館は2019年3月31日に閉館した。[2][3]

外部リンク[編集]

  • ^ 当館について 付属施設 黒磯郷土館 那須野が原博物館
  • ^ 当館について 付属施設 日新の館 那須野が原博物館
  • ^ 当館について 付属施設 関谷郷土資料館 那須野が原博物館