この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

Green Flash (AKB48の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界が泣いてるならから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

Green Flash
AKB48シングル
初出アルバム『0と1の間
B面 マジすかFight(Type A)
春の光 近づいた夏(Type A)
ヤンキーロック(Type S)
世界が泣いてるなら(Type S)
履物と傘の物語(Type N、劇場盤)
パンキッシュ(Type N)
挨拶から始めよう(Type H)
大人列車(Type H)
初恋のおしべ(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
Carlos K.(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
ミリオン(日本レコード協会[1]
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2015年3月度月間1位(オリコン)
  • 2015年度上半期2位(オリコン)
  • 2015年度年間3位(オリコン)
AKB48 シングル 年表
希望的リフレイン
(2014年)
Green Flash
(2015年)
僕たちは戦わない
(2015年)
ミュージックビデオ
Green Flash
0と1の間(NO.1 SINGLES) 収録曲
希望的リフレイン
(DISC2-9)
Green Flash
(DISC2-10)
僕たちは戦わない
(DISC2-11)
テンプレートを表示

Green Flash」(グリーン・フラッシュ)は日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、Carlos K.により作曲されている。2015年3月4日に、AKB48のメジャー39作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは柏木由紀小嶋陽菜が務めた[2]

背景とリリース

前作「希望的リフレイン」から3か月半ぶりで、2015年最初のシングル。

表題曲「Green Flash」は、2015年1月25日に開催された『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト1035 2015』最終日公演にて選抜メンバー・センターが発表され、その場で楽曲を初披露した[2]。音楽番組では、同年2月27日に選抜メンバーが『MUSIC STATION』(テレビ朝日)に出演[注 2][3]、テレビ初披露した。

柏木由紀小嶋陽菜がダブルセンターを務め、柏木はAKB48在籍9年目にして自身初のシングル表題曲センターとなり、小嶋陽菜は「ハート・エレキ」以来6作品ぶりのセンターである[4]

「Green Flash」は、日没時に一瞬見られる希少な自然現象「グリーンフラッシュ」をテーマにしており、ミディアムテンポのバラード楽曲の途中に高橋みなみ山本彩のラップがある[2][5]。AKB48のシングル表題曲にラップが取り入れられるのは初めてである[4]。また、2番のパートの途中に生駒里奈入山杏奈川栄李奈木﨑ゆりあ小嶋真子のラップもあり、同年3月7日に『AKB48 SHOW!』(NHK BSプレミアム)でフルコーラスの際、生駒、川栄、木﨑、小嶋真子、向井地美音[注 3]が2番のラップを初披露した。

キャッチコピーは「しあわせって何だろう?」。

アートワーク

ジャケット写真のメンバー
Type A 小嶋陽菜・柏木由紀・宮脇咲良・松井珠理奈
Type S 高橋みなみ・山本彩・島崎遥香・川栄李奈
Type N 指原莉乃・横山由依・生駒里奈・木﨑ゆりあ
Type H 渡辺麻友・入山杏奈・小嶋真子・松井玲奈
劇場盤 表 小嶋陽菜・柏木由紀
劇場盤 裏 「Green Flash」選抜メンバー16名

Type AからType Hに関しては表裏ともにメンバーは同一。アートディレクションは信藤三雄が担当した[6]

チャート成績

「Green Flash」のシングルCDは、2015年3月16日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。同チャートにおけるAKB48のシングルの1位獲得は「RIVER」から26作連続、通算26作目である。これにより、AKB48は浜崎あゆみが保持していた女性アーティストのシングル連続1位獲得数記録(25作)を4年5か月ぶりに更新した。このほか、AKB48のシングル1位獲得年数が2009年から7年連続となり、モーニング娘。が保持していた女性グループのシングル連続1位獲得年数(6年)も同時に更新した。初動売上は約100万1000枚で100万枚をわずかに上回り、初動売上のみでのミリオンセラーを達成した。AKB48のシングルのミリオンセラー達成は「桜の木になろう」から20作連続、通算21作目である[7]。オリコンによる2015年の年間シングルランキングにおいて3位となった[8]

ミュージック・ビデオ

表題曲「Green Flash」のミュージック・ビデオは、「桜の木になろう」以来4年ぶりに映画監督の是枝裕和が担当して撮影された[5][9]。是枝が「泣き顔で始まろうということだけ最初に決めました。強い泣き顔。」とコメントしているように、島崎遥香が大粒の涙をこぼすシーンから始まり、8人のメンバーが次々と涙するシーンを受けて、それぞれの物語が別々の方向に展開され、その8人がグリーンフラッシュを観るために海辺に集まり、最後は海に沈む夕陽を見ている横顔のシーンが続き、海に沈む夕陽を背景にした全景で終る[5][9]。テーマに関して「あえて一言で表現するなら『浄化』」で、「海辺の8人の晴れやかな笑顔は特筆すべき美しさ」だったと是枝はコメントしている[5][9]。海辺のシーンは静岡県西伊豆で、海辺のシーンに登場しないWセンター2人を含む別の8人のメンバーがグリーンの衣装を着用して歌唱するシーンは横浜のビル屋上で撮影された[9]

シングル収録トラック

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

Type A

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Green Flash」秋元康Carlos K.佐々木裕
2.「マジすかFight」秋元康井上トモノリ久下真音
3.「春の光 近づいた夏」(AKB48選抜)秋元康Amber楊慶豪
4.「Green Flash off vocal ver.」   
5.「マジすかFight off vocal ver.」   
6.「春の光 近づいた夏 off vocal ver.」   
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「Green Flash」  是枝裕和
2.「マジすかFight」  松井夢壮
3.「春の光 近づいた夏」  井上強
合計時間:

Type S

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Green Flash」秋元康Carlos K.佐々木裕
2.「ヤンキーロック」秋元康chalaza野中“まさ”雄一
3.「世界が泣いてるなら」(SKE48選抜)秋元康川島有真野中“まさ”雄一
4.「Green Flash off vocal ver.」   
5.「ヤンキーロック off vocal ver.」   
6.「世界が泣いてるなら off vocal ver.」   
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「Green Flash」  是枝裕和
2.「ヤンキーロック」  松井夢壮
3.「世界が泣いてるなら」  本郷伸明
合計時間:

Type N

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Green Flash」秋元康Carlos K.佐々木裕
2.履物と傘の物語秋元康片桐周太郎片桐周太郎
3.「パンキッシュ」(NMB48選抜)秋元康西島真実、力丸尊西島真実、力丸尊
4.「Green Flash off vocal ver.」   
5.「履物と傘の物語 off vocal ver.」   
6.「パンキッシュ off vocal ver.」   
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「Green Flash」  是枝裕和
2.「履物と傘の物語」  井上哲央
3.「パンキッシュ」  スミス
合計時間:

Type H

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Green Flash」秋元康Carlos K.佐々木裕
2.「挨拶から始めよう」(Team 8)秋元康木村有希木村有希
3.「大人列車」(HKT48選抜)秋元康外山大輔野中“まさ”雄一
4.「Green Flash off vocal ver.」   
5.「挨拶から始めよう off vocal ver.」   
6.「大人列車 off vocal ver.」   
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「Green Flash」  是枝裕和
2.「挨拶から始めよう」  土屋隆俊
3.「大人列車」  高橋栄樹
合計時間:

劇場盤

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Green Flash」秋元康Carlos K.佐々木裕
2.「履物と傘の物語」秋元康片桐周太郎片桐周太郎
3.「初恋のおしべ」(てんとうむChu! & かぶとむChu!)秋元康NaO、MATCH若田部誠
4.「Green Flash off vocal ver.」   
5.「履物と傘の物語 off vocal ver.」   
6.「初恋のおしべ off vocal ver.」   
合計時間:

選抜メンバー

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算41作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」と「掌が語ること」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ この日は生駒里奈が欠席で加藤玲奈が代わりを担当。
  3. ^ 入山杏奈が欠席の代替出演。
  4. ^ 発売当時、AKB48の公式ライバルグループ・乃木坂46とAKB48を兼任。
  5. ^ 発売当時、AKB48とその姉妹グループ・NMB48を兼任。
  6. ^ AKB48の姉妹グループ・HKT48とHKT48劇場支配人を兼任。
  7. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48とAKB48を兼任。
  8. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48とAKB48の公式ライバルグループ・乃木坂46を兼任。
  9. ^ AKB48の姉妹グループ・HKT48とAKB48を兼任。
  10. ^ AKB48の姉妹グループ・NMB48を兼任。

出典

外部リンク