高橋てい一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「高橋靗一」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
たかはし ていいち
高橋 靗一
生誕 1924年(大正13年)4月27日
中華民国の旗 中華民国青島市
死没 (2016-02-25) 2016年2月25日(91歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞
(1971年、1982年)
日本芸術院賞(1982年)
村野藤吾賞(2004年)
所属 第一工房
建築物 佐賀県立博物館
大阪芸大塚本英世記念館・芸術情報センター
群馬県立館林美術館
白河市立図書館

高橋 靗一(たかはし ていいち。「てい」は青偏に光、1924年4月27日 - 2016年2月25日)は、日本の建築家である。日本統治時代の青島生まれ。大阪芸術大学名誉教授、第一工房代表。日本建築学会員、日本建築家協会名誉会員。

代表作に 佐賀県立博物館、大阪芸術大学東京都立大学(現・首都大学東京)南大沢キャンパス、全労済情報センター、パークドーム熊本群馬県立館林美術館あいち海上の森センター、白河市立図書館などがある。

経歴[編集]

青島生まれ。東京大学第二工学部建築学科を卒業後、逓信省営繕部設計課勤務。大学助教授を経て第一工房を設立(1960〜2015年)。東京大学、東京工業大学東北大学九州芸術工科大学明治大学、東海大学東京電機大学の非常勤講師歴任。

年譜[編集]

受賞歴[編集]

主な受賞

主な作品[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1982年3月3日(東京本社発行)朝刊、22頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]