この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

谷桃子 (バレエダンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たに ももこ
谷 桃子
谷 桃子
満27歳(1948年)。
本名 上田 桃子 (うえだ ももこ)
生年月日 (1921-01-11) 1921年1月11日
没年月日 (2015-04-26) 2015年4月26日(94歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県姫路市
死没地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
職業 バレリーナ振付家芸術監督
ジャンル 現代舞踊バレエ
活動期間 1929年 - 2015年
著名な家族 伊達ナナ (妹)
伊達純 (義弟)
所属劇団 石井漠舞踊団
日劇ダンシングチーム
東京バレエ団
小牧正英バレエ団
一般財団法人谷桃子バレエ団 (1949年 - 2015年)
公式サイト tanimomoko-ballet.com
主な作品
コッペリア
白鳥の湖
ジゼル
『リゼット』

谷 桃子(たに ももこ、1921年1月11日 - 2015年4月26日)は、日本バレリーナ振付家である[1][2][3][4][5]一般財団法人谷桃子バレエ団総監督(芸術監督[2]。本名は上田 桃子(うえだ ももこ)[1][2][6]日本バレエ協会第3代会長[1][7]全日本舞踊連合理事等を歴任した。

略歴

人物・来歴

1921年(大正10年)1月11日、兵庫県姫路市に生まれる[1][2][4][5]。7歳まで同県西宮市で育つ[4]。まだ3歳だった1924年(大正13年)、来日して神戸市聚楽館で公演が行われた『瀕死の白鳥』でのアンナ・パブロワを目撃している[4]

旧制小学校に在籍していた1929年(昭和4年)、満8歳のときに石井漠舞踊団に入団、石井漠(1886年 - 1962年)、その義妹の石井小浪(1905年 - 1978年[12])に師事する[1]文化学院を卒業後、第二次世界大戦初期、満22歳になった1943年(昭和18年)に日劇ダンシングチームに入団、益田隆(1910年 - 1996年)、伊藤道郎(1893年 - 1961年)に師事し、現代舞踊ダンサーとして活動する[1][6]

小牧正英(1911年 - 2006年)に師事してクラシックバレエに転向、戦後、1946年(昭和21年)、小牧も参加した第1期東京バレエ団に参加、同年10月14日 - 同29日、同団第2回公演として帝国劇場で行われた「藝術祭バレエ公演」のうち、草刈義人(1909年 - 2004年)原案・台本による『パガニーニの幻想』(振付小牧正英)に「少女」役で出演、これがバレエデビュー第1作に当たる[1][3]。同団は現在の東京バレエ団とは直接の関係はなく、4年の活動で解散した。1948年(昭和23年)1月9日 - 同13日、小牧正英バレエ団が大阪朝日会館で行った「グランドバレエ コッペリア 靑い眼の少女」の公演において、『コッペリア』に主演、プリマバレリーナとして「スワルニダ」役を演じて「フランツ」役の小牧を相手役とした[3]。1949年(昭和24年)には谷桃子バレエ団(東京バレエ研究会)を組織、翌1950年(昭和25年)2月1日 - 同14日には、小牧正英バレエ団・服部島田バレエ団との合同公演を有楽座で開き、『白鳥の湖』、『コッペリア』を、小牧正英バレエ団のプリマ・広瀬佐紀子(1927年 - )や大滝愛子(1928年 - 2007年)とともに交代で主演する[3]。1951年(昭和26年)11月には、瀧口修造らの実験工房の第1回発表会において、『生きる悦び』を益田隆とともに上演した[13]。1954年(昭和29年)にはパリに留学、その後、1956年(昭和31年)には『ジゼル』で舞踊ペンクラブ賞、1962年(昭和37年)には『リゼット』で芸術祭奨励賞を受賞した[1]

1974年(昭和49年)、満53歳のときに『ジゼル』を最後に現役ダンサーを引退、同バレエ団で芸術監督、振付家として、古典のみならず創作バレエも生み出し、後身を指導する[1]。2003年(平成15年)、日本バレエ協会第3代会長に就任、2006年(平成18年)に退任した[1]。門下には、有馬五郎(1922年 - 1993年)[14]松岡伶子[4]石井清子高部尚子黒田育世らがいる[5]

2015年(平成27年)4月26日、敗血症のため神奈川県川崎市の病院で死去した[1][2][5]。満94歳没。同年5月3日に青山葬儀所で行われた葬儀の喪主は、妹の伊達ナナが務めた[2][5]ピアニスト東京芸術大学教授の伊達純(1920年 - 2000年)は義弟に当たる[15]。同バレエ団は、赤城圭が継承し団長、芸術監督は齊藤拓が務める[2]

フィルモグラフィ

おもな劇場用映画テレビ映画の一覧である[16][17][18][19][20]

モデルとなった作品

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 谷桃子コトバンク、2015年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 訃報谷桃子バレエ団、2015年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c d 谷桃子昭和音楽大学、2015年8月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e バレリーナ谷桃子さんが日本のバレエに残したもの菘あつこWEBRONZA、2015年5月26日付、2015年8月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g “元日本バレエ協会会長の谷桃子さん死去”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年4月27日). http://www.asahi.com/articles/ASH4W6RT7H4WUCLV012.html 2015年5月14日閲覧。 
  6. ^ a b c “全国的バレエ・ブーム起こす…谷桃子さんが死去”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年4月27日). オリジナル2015年4月29日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20150429074843/http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150427-OYT1T50119.html 2015年5月14日閲覧。 
  7. ^ 日本バレエ協会とは”. 日本バレエ協会. 2015年5月14日閲覧。
  8. ^ ヒストリー”. 谷桃子バレエ団. 2013年5月1日閲覧。
  9. ^ 設立から1969年まで”. 日本バレエ協会の歩み. 日本バレエ協会. 2015年5月14日閲覧。
  10. ^ a b 谷桃子さん死去 94歳 戦後の日本バレエ界をけん引 スポニチアネックス 2015年4月27日
  11. ^ バレリーナの谷桃子さん死去
  12. ^ 石井小浪、コトバンク、2015年8月20日閲覧。
  13. ^ 実験工房、コトバンク、2015年8月20日閲覧。
  14. ^ 有馬五郎、コトバンク、2015年8月20日閲覧。
  15. ^ 伊達純、コトバンク、2015年8月20日閲覧。
  16. ^ a b c 谷桃子東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年8月20日閲覧。
  17. ^ 谷桃子文化庁、2015年8月20日閲覧。
  18. ^ 谷桃子KINENOTE, 2015年8月20日閲覧。
  19. ^ 谷桃子日本映画データベース、2015年8月20日閲覧。
  20. ^ 谷桃子テレビドラマデータベース、2015年8月20日閲覧。
  21. ^ 奥村土牛”. 東文研アーカイブデータベース. 東京文化財研究所. 2015年5月14日閲覧。

参考文献

  • 『谷桃子バレエ団の40年』、谷桃子バレエ団40年史編集委員会・谷桃子バレエ団、レオ企画、1995年5月発行 ISBN 4897560551

関連項目

外部リンク

画像外部リンク
谷桃子 白鳥
(谷桃子バレエ団)