オールナイトニッポンPremium

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オールナイトニッポン > オールナイトニッポンPremium
オールナイトニッポンPremium
愛称 ANNP、ANN Premium
放送方式 基本的に生放送、場合により録音放送
放送期間 2017年10月2日 - 2018年3月23日
2018年10月1日 - 2019年3月22日
2019年10月5日 - 2020年3月21日
2020年10月3日 - 2021年3月27日
2021年10月2日 - 2022年3月26日
2022年10月1日-
放送時間 2017年度:月曜-金曜 19:00-20:50
2018年度:月曜-金曜 18:00-20:30
2019年度・2020年度・2021年度・2022年度:毎週土曜 19:00-21:00
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 週替わり(2022年度)
過去の年度は歴代パーソナリティ項を参照
テーマ曲 BITTERSWEET SAMBA
プロデューサー 長濱純
テンプレートを表示

オールナイトニッポンPremium』(オールナイトニッポンプレミアム)は、ニッポン放送2017年10月2日からナイターオフ期に放送されているオールナイトニッポンブランドのワイド番組である[1]。オールナイトニッポンを「ANN」と略すため、略称は「ANNP[注釈 1]あるいは「ANN Premium」となっている[2]。2017年度・2018年度は平日ナイターオフの夕方帯ワイド番組として、2019年度以降はニッポン放送週末ナイターオフ夕方ワイド番組として放送されているほか、特番のタイトルとしても使用されている(「スペシャルパーソナリティ」を参照)。

概要[編集]

そもそもは、2014年度からナイターオフ期に放送されてきた『今夜もオトパラ!』の19時台・20時台の放送枠を統合し、新たに『オールナイトニッポンブランドのワイド番組』として放送を始めたもので、この番組では、2017年10月にオールナイトニッポンが放送開始50周年を迎えるにあたり、かつて1990年代から2010年代にオールナイトニッポンを担当していたパーソナリティをこの番組に起用[3][4][5]。2017年度はパーソナリティが3カ月サイクル(2017年10月から12月・2018年1月から3月)で交代していた[3][4]

なお、2017年度は「オールナイトニッポンブランドを用いて、久しぶりに登場するパーソナリティーを通して「休眠リスナーを呼び起こす」」ことと、ソーシャル・ネットワーク・システムからの新しいリスナーを獲得するという2つの狙いがあった[6]

2018年度は2017年度をもって終了した『今夜もオトパラ!』の一部の時間帯を吸収する形で、月曜から金曜の18:00-20:30に放送された[7]。月曜から木曜の内容は『今夜もオトパラ!』で扱ってきた「時事問題」を取り入れながら、「流行・話題」「エンタメ」「カルチャー」といった多様な話題を「『笑い』のフィルター」によって、「より面白く」取り上げた[7]。一方で、金曜日は、1967年10月に始まったオールナイトニッポン50年の歴史で初めてジャニーズのユニットのメンバー全員が起用されることになり、その第1弾として、Kis-My-Ft2が起用された[8]。なお、メンバーの一人である北山宏光は、ニッポン放送で「キスマイ 北山宏光 ナニキタ」を2013年10月から2016年3月まで担当していた[8]

また、月曜から金曜とも、『今夜もオトパラ!』に内包していた『小島奈津子のおかえりなさい』と『菊正宗 ほろよいイブニングトーク』をこの番組でも内包した[9]。また、火曜日には2018年4月から始まった『ザ・フーパーズ 火曜イケナイト!』を2018年度ナイターイン編成の毎週火曜日の21:30-21:40の放送枠から2018年度のナイターオフ編成は毎週火曜日の19:46-19:54の放送枠に移動したうえで内包し[10]、水曜日には『私の正論』を19:46-19:54に、木曜日には新しく始まるミニ番組『焼肉屋みやこんじょ 〜僕のミートフルな日常〜』を19:46-19:54に内包した[11]。11月5日からは月曜日には『デリシャス!とち麦ガールの小麦パラダイス』を19:46-19:54に内包し[12]、月曜から木曜の19:56-20:00に『乃木坂46梅澤美波の「のぎぼき」!』を内包した[13]

オールナイトニッポンの統括プロデューサーの冨山雄一は「2016年からラジオの制作現場を離れてイベントの部署に2年間ほどいて、そこから2018年4月にANN(オールナイトニッポン)枠をはじめとした夜の時間帯のプロデューサーとして戻ってきたのですが、その時にまず感じたのが午後6時からの番組の姿が大きく変わったなと感じました。TBSラジオさんはナイターの野球中継をやめて、ライムスター宇多丸さんの『アフター6ジャンクション』を始められていました。僕は『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』を担当していましたが、(裏番組にあたる)宇多丸さんの『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』や『アトロク』は非常に濃厚な密度でカルチャーを取り扱っている番組という印象を持っていました」としたうえで、改めて、オールナイトニッポンブランドを掲げたうえで「お笑いのストロングなしゃべり」で勝負することを決意したという[14]。その為、月曜から木曜のオールナイトニッポンPremiumの場合は日曜日未明(土曜日深夜)のオールナイトニッポンを担当しているオードリーが行っている長尺フリートークを参考にして、18時台から20時台にかけてフリートークの時間を最大で25分持たせているという[14]

一方で、2018年度のオールナイトニッポンPremiumの金曜をKis-My-Ft2が担当しているが、これについて、冨山は「僕のイメージではジャニーズのパーソナリティと生放送は相性がいいなと感じていました。それを、身をもって体験したのは、立ち上げから関わっていた関ジャニ∞大倉忠義さんと高橋優さんがパーソナリティの『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』です。やっぱりツイッターのハッシュタグが非常に活発に動いてリアルタイムに実況コメントが溢れる様子といい、生放送でのドキドキ感、リアルタイム感とハマっているなという手応えがありました」と、「ジャニーズのグループと生放送」の相性について、述べている[14]。それに関連して、Kis-My-Ft2が2018年度の「第44回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」を担当することについても、冨山は「10月から『Premium』で毎週2時間半の生放送をやって頂いていることが、『ミュージックソン』に向けての流れとしては理想の形となっています。キスマイの皆さんが生放送で平日の午後6時からしゃべっているのを聴く機会ってなかなかないと思うので、そういった意味でも楽しんでもらえているのではないかと思っています」とも述べている[14]

2019年度は月曜から木曜日18:00-20:20、金曜日17:40-20:20の放送枠に報道・情報番組『ザ・フォーカス[15] を編成するため[16]、放送を土曜日のみとし、2018年度の金曜日のパーソナリティを務めていたKis-My-Ft2を前年度に引き続き起用し、19時から21時の放送枠で放送した[17]。2019年度は2018年度に人気を集めていた番組内コーナー(後述)に加え、「“笑顔”をテーマにした」番組内コーナーを設けた[17][18]。2018年度と2019年度はいずれも毎回、大きな反響を得て、多くの回において、ツイッターの日本におけるトレンドで1位を取っている[19]

2020年度も、リスナーからの復活の要望によって、引き続きKis-My-Ft2が土曜日のパーソナリティを務めた[19]。ただし、ニッポン放送の場合は、2020年10月・11月に限って「ショウアップナイター」を編成しているため、動画配信サービスの「SHOWROOM」において音声という形で配信した[19][20]。2020年10月3日の初回配信では、同じ日に「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2020 To-y2」が行われることから、より多くの人々に配信番組を見てもらいたいという意図から、配信開始時間を20時30分に変更された[21]

2021年度は、新たになにわ男子がパーソナリティを務めた[22]。なお、ニッポン放送の場合は、2021年10月・11月に「ショウアップナイター」を編成するため、野球中継が優先される週は動画配信サービスの「SHOWROOM」においてにおいて音声という形で配信した[22][23]

2022年度も土曜日のナイターオフ番組として放送されることになったが、これまでとは違い、『オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンPremium』として、木曜の『オールナイトニッポンX』や土曜の『オールナイトニッポン0(ZERO)』同様に週替わりとなり、歴代のオールナイトニッポンのパーソナリティに加え、“いま”オールナイトニッポンでしゃべって欲しい話題の人をパーソナリティとして起用する55周年記念番組として編成する[24]

放送時間・ネット局[編集]

ニッポン放送での放送時間は次の通り。

放送期間 放送時間
開始 終了
2017年10月 2018年3月 月曜-金曜 19:00-20:50
2018年10月 2019年3月 月曜-金曜 18:00-20:30
2019年10月 2020年3月 毎週土曜 19:00-21:00
2020年10月 2021年3月
2021年10月 2022年3月
2022年10月 2023年3月

2017年度[編集]

2018年度[編集]

2019年度[編集]

2020年度[編集]

2021年度[編集]

2022年度[編集]

放送対象地域 放送局 放送時間 備考
関東広域圏 ニッポン放送(LF) 土曜 19:00 - 21:00 制作局
北海道 STVラジオ [72]
山形県 山形放送(YBC) [73]
静岡県 静岡放送(SBS) [74]
京都府・滋賀県 京都放送(KBS) [75]
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS) [76]
山口県 山口放送(KRY) [77]
徳島県 四国放送(JRT) [78]

備考[編集]

  • 2022年度は、前年度のネット局が継続してネットするほか、新たにSTVラジオ[72]がこの枠自体を、KBS京都と静岡放送が土曜枠となって以後、それぞれ初めてこの番組をネットすることになった。STVラジオは平日枠時代はローカル番組『MUSIC★J』を放送していたため、また土曜枠となって以後は自主編成(2021年度はローカル番組『リアルタイム!』など)、静岡放送は土曜枠となって以後は自主編成、KBS京都は土曜枠となって以後はローカル番組『森脇健児のサタデーミーティング』放送のため、この番組をネットしていなかった。

出演者[編集]

歴代パーソナリティ(2017年度 - 2021年度)[編集]

期間 パーソナリティ
開始 終了 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
2017年10月 2017年12月 綾小路翔
氣志團
ココリコ
遠藤章造田中直樹
藤井フミヤ デーモン閣下 藤井隆 なし
2018年1月 2018年3月 Toshl
X JAPAN
鴻上尚史 miwa バカリズム 大槻ケンヂ
2018年10月 2019年3月 ココリコ
(遠藤章造・田中直樹)
中川家
礼二
中田敦彦
オリエンタルラジオ
よゐこ
濱口優有野晋哉
Kis-My-Ft2
北山宏光千賀健永宮田俊哉横尾渉藤ヶ谷太輔玉森裕太二階堂高嗣[79]
2019年10月 2020年3月 なし Kis-My-Ft2
(北山宏光・千賀健永・宮田俊哉・横尾渉・藤ヶ谷太輔・玉森裕太・二階堂高嗣)
2020年10月 2021年3月
2021年10月 2022年3月 なにわ男子
西畑大吾大西流星道枝駿佑高橋恭平長尾謙杜藤原丈一郎大橋和也[80]

アシスタント(2017年度 - 2021年度内)[編集]

2018年10月 - 2019年3月
  • 月 - 木曜:東島衣里(ニッポン放送アナウンサー)※交通情報、ラジオリビング担当。月・火・木曜は、19時台前半・後半のネット局飛び降りアナウンス担当やコーナーレギュラーとして本編にも登場。
  • 金曜:煙山光紀(ニッポン放送アナウンサー)※交通情報、ラジオリビング担当。時事トピックを元にトークするコーナー(キスマイジャーナル)で原稿読みも担当。
2019年10月 - 2021年3月
  • 煙山光紀(ニッポン放送アナウンサー)

2022年度パーソナリティ[編集]

2022年
10月 1日 西川貴教 8日 大宮エリー 15日 荘口彰久[注pre2022 1] 22日 垣花正[注pre2022 2] 29日 吉田尚記[注pre2022 2]
11月 5日 十三代目市川團十郎白猿
十一代目市川海老蔵[注pre2022 3][注pre2022 4][81]
12日 高嶋ひでたけ 19日 藤井フミヤ 26日 土屋礼央
12月 3日 久保ミツロウ能町みね子 10日 山下健二郎三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE 17日 松村邦洋 24日 SixTONES[注pre2022 5] 31日 ももいろクローバーZ[注pre2022 6]
注pre2022
  1. ^ ニッポン放送では2022セ・リーグクライマックスシリーズ中継の放送予定があったが、14日で日本シリーズの進出チームが決まったためこの日の試合は行われず、ニッポン放送でも放送されている。
  2. ^ a b 両者ともニッポン放送で放送されないことを逆手に取り、若手時代の秘話などを中心にトークを繰り広げた。
  3. ^ 録音放送で、事前収録時点では團十郎襲名前のため、放送内では海老蔵と名乗っての放送となるが、放送日が襲名後となるため番組タイトルは襲名後の團十郎名義でとなっている。
  4. ^ アシスタント:新行市佳(ニッポン放送アナウンサー)、ゲスト:吉田沙保里
  5. ^ 当日放送の『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』に内包したスペシャル版にて放送。一部メンバーのみ出演。19時台には飯田浩司、20時台には東島衣里もそれぞれアシスタントとして参加。
  6. ^ 『~第6回ももいろ歌合戦 ラジオで生中継~』として放送。
2023年
1月 7日 田中将大 14日 新内眞衣 21日 宇崎竜童 28日 鴻上尚史
2月 4日 鬼龍院翔
ゴールデンボンバー
11日 18日 松山千春[注pre2023 1] 25日
注pre2023

スペシャルパーソナリティ[編集]

コーナー[編集]

2017年度[編集]

月曜[編集]

Toshl[編集]
  • Toshl CAF? PREMIUM!
  • ウソかマコトか!?噂のToshl伝説
  • Mr.LOGANのちょい悪パンチング!

火曜[編集]

ココリコ[編集]
  • ○○の達人
あらゆる分野の達人と呼ばれる人をゲストに迎え、トークを展開する。
鴻上尚史[編集]
  • 究極の選択2018

水曜[編集]

藤井フミヤ[編集]
  • 全国ラジオパーソナリティー名鑑
全国のAM・FM局の番組から選りすぐりの番組を紹介し、その番組のパーソナリティーと対談する。
  • フミヤさん、これ知ってますか?
  • いい感じの爺ちゃん化計画
miwa[編集]

(テーマ:大人ラジオ)

  • 一人暮らしのススメ
  • miwaイドショー
  • オトナ趣味
  • 響け!片想いリクエスト

木曜[編集]

デーモン閣下[編集]
  • デーモン閣下、尊さを学ぶ。
  • 有楽町忘年会準備室[90]
  • ラジオ巌流島
  • 帰ってきた大相撲を666倍楽しむ方法
  • 昔もらったサイングランプリ
  • あれから30年、私の劇的ビフォーアフター
バカリズム[編集]
  • 架空○○日記
  • 秘密の花園
  • 空想悪口
  • エロリズム論

金曜[編集]

藤井隆[編集]
藤井がマイレジェンドと崇めているゲストを迎えてトークを展開する。ゲストは月替わり。
  • 養命酒製造プレゼンツ 心がコトコト
  • 藤井隆のプロモーターさん、いらっしゃい!
  • 隆のマイフェイバリットダンスミュージック
大槻ケンヂ[編集]
  • リスナー置いてけぼりポカーんの部屋
  • 君の考えたこんなアイドルグループ
  • 宇宙人の声は、何と言っている!?
  • あからさまだぞ!!

いま、君にありがとう(水曜以外19:56-、水曜のみ19:43頃。2017年10-12月)[編集]

ネスカフェゴールドブレンド提供の、藤井フミヤ担当のミニコーナー。
リスナーからありがとうのメッセージを募集して読み上げるコーナーだが、藤井フミヤ自身が担当する水曜はリスナーと電話を繋ぐ。

後述の事例の場合は休止。

2018年度[編集]

月曜[編集]

  • 泣かせてほしい![91]
  • 名言を聞きたい![91]
上記二つをまとめて「あの人が言ってそうな名言」に変更。有名人が言いそうな名言を読み上げる。ビートたけしだけは感動できる名言だがそれ以外(タモリ、タラちゃん、財津一郎、長淵剛、木梨憲武、掛布雅之等)はネタ。2月4日の放送分を持って終了。
  • 最新生き物情報を教えて欲しい!(アースのコーナー)[91]
田中が進行役を担当し、地球や生物に関するトピックスを紹介する。
  • 500人の変態、500人の怖い
国民全体の約500人程度は共感してくれそうなフェチズム、恐怖を感じる物を募集する。

火曜[編集]

  • 中川家への質問[92]
  • あなたの地元自慢[92]
  • あなたの周りの気になるオジサン[92]
  • おい、ちょっと待て![92]
いろいろな事にツッコミを入れる。
  • ラジオCMを作ろう![92]
リスナーから送られるお題に中川家がローカルCM風の構成を考え、完成したものは翌週に放送される。
  • オジサンのトリセツ
西野カナの「トリセツ」の曲に当てそのおじさんバージョンを送ってもらう。
  • 小田急プレゼンツ 小田急線途中下車の旅
2019年のみ、18時台後半。毎回小田急線のある駅にスポットを当て、周辺の情報を紹介する。中継リポーターとしてひろたみゆ紀が出演する回もある。

水曜[編集]

2019年2月のみ、19時台。17liveで活動するイチナナライバーとのトークコーナー。

※他曜日のような固定の投稿コーナーはなく、当初は放送開始直前に自身が立ち上げたブランドTシャツ「幸福洗脳」の他に載せるオリジナル四文字熟語を募集していた。そこからリスナーからアイディアや協力者を募集し、最終的には幸福洗脳の経過と経営方針を毎回報告するドキュメントバラエティ番組になった。 また、投稿は長文のメール、Twitterで3行以上書かれたもののみ対象という独自ルールを設けている。

木曜[編集]

よゐこの少年時代を過ごした80~90年代の思わず懐かしいと思うものを送ってもらう。
  • ゲストを呼んでのトーク
  • まちゃるの甘口?辛口?!
濱口が二択のお悩み相談に答える。

金曜[編集]

  • キスマイジャーナル
18時台後半。アイドルも世間のことをいくらか知らねばということで時事トピックを元にトークする。初回はトピックの原稿読みも含めメンバーのみで進行していたが、2回目からは原稿読みを煙山が担当(場合によってはトークにも参加)。
  • あなたに代わって『ありがとう』[94]
日ごろの感謝をリスナーに代わって紹介する。
  • キスマイ男塾[94]
男性限定の恋愛相談。その答えに女性リスナーから苦情が来る事も。
  • 今日の家計簿~あなたのレシート見せてください![94]
リスナーから送られたレシートを見て職業を当てる。
  • 2020(ニーゼロニーゼロ)あるある[94]
現在は無いが2020年には成立していそうなあるあるネタを募集する。
  • 玉喜利
玉森当番回限定コーナー。木曜担当のよゐこから「追い詰められた時の玉森は面白い」と提案された玉森への大喜利。

2019年度[編集]

  • 検索履歴・プロファイリング[95]
リスナーのスマートフォンの検索の履歴をスクリーンショット(撮影)して番組に送ってもらう。その履歴からどのような人物か「プロファイリング」する。
2018年度に玉森が登場した時に大喜利コーナーがあったが、2019年度はキスマイのメンバー全員が参加する。その為の、大喜利のお題をリスナーから募る。
リスナーの電話参加企画で、リスナーには電話に出て「方言(お国言葉)」を話してもらい、どこの地域に住んでいるのか、チェックする。
  • 忘れられない笑顔の話~スマイル・ストーリー~[95][96]
リスナーから「忘れられない笑顔」に関するエピソードを募り、それをメンバーが紹介する。

2020年度[編集]

キスマイジャーナル[97]
前年度、行っていたコーナーを「Kis-My-Ft2のメンバーが知らない最新情報」をリスナーが特派員になって教えるコーナーに一新する。
玉喜利グランプリ2020[97]
前年度より継続のコーナー、2020年度もメンバーが大喜利のお題に答えてもらい、それをポイント制で競う。
今さら聞けないキスマイのこと[97]
CDデビュー10年目を迎えるKis-My-Ft2にリスナーが「素朴なギモン」を送ってもらう。
ごめんなさいが言えなくて[97]
2018年度の「あなたに代わって、ありがとう」・2019年度の「スマイルストーリー」に続く朗読コーナー。あの時、言えずにいた「ごめんなさい」のエピソードをリスナーから送ってもらう。

内包番組[編集]

2017年度はネット局向けの裏送りのみの体制であったが、2018年度は放送時間が大きく変わったため各曜日に内包番組があり、特記のないものは当番組終了翌週まで放送が続いた[98]

小島奈津子のおかえりなさい(18:34 - 18:37)[編集]

菊正宗 ほろよいイブニングトーク(18:48 - 18:56)[編集]

乃木坂46梅澤美波の「のぎぼき」!(月曜 - 木曜 19:56 - 20:00、2018年11月5日 - 2019年3月28日)[編集]

概要[編集]

簿記」をテーマに、「名前は聞いたことがあるが、実際にはどんなことをしているのかわからない…」というイメージを持つ人に対し、簿記のスペシャリストと梅澤が基礎知識を学ぶことが出来るクイズを毎日1問出題する番組であった。

パーソナリティ[編集]

デリシャス!!とち麦ガールの小麦パラダイス(月曜 19:46 - 19:54、2018年11月5日 - 2019年2月25日)[編集]

ザ・フーパーズ 火曜イケナイト!(火曜 19:46 - 19:54、2018年10月 - 2019年1月22日)[編集]

ニッポン放送ローカル(火曜21:30枠)より内包番組へと移動された[99] が、ザ・フーパーズとしては2019年1月をもって活動終了をするため1月22日をもって放送を終了した。

風男塾 How do you do? (火曜 19:46 - 19:54、2019年1月29日 - )[編集]

「人を元気にする」という活動理念を持つ風男塾のメンバーが「リスナーのあなたを元気にする番組」を届けるもので、リスナーから「失敗してしまったエピソード」を募り、風男塾のメンバーが「リスナーを励まし、元気にしていく」ものであった[100]

私の正論(水曜 19:46 - 19:54)[編集]

焼肉屋みやこんじょ ~僕のミートフルな日常~(木曜 19:46 - 19:54)[編集]

石井正則が2週登場するゲストとトークを行う番組。[11][101]

クローズアップミュージック(19:56 - 20:00)[編集]

ネット局のみの裏送りコーナー。
2017年10-12月は上述の「いま、君にありがとう」が休止されたときにのみ放送。
ナイターオフ枠恒例のミニコーナー。

特別編成・休止等[編集]

2017年度[編集]

2017年

  • 10月16日[102] - 『ショウアップナイタースペシャル 2017パ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ第3戦 埼玉西武×東北楽天[103] を放送のため、ニッポン放送は休止。ネット局へ裏送りをして、「いま、君にありがとう」は休止。
  • 10月17日[102] - 『ショウアップナイタースペシャル 2017セ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ第3戦 阪神×横浜DeNA』を放送のため、ニッポン放送は休止。ネット局へ裏送りをして、「いま、君にありがとう」は休止。
  • 10月18〜20・23・24日 - 『ショウアップナイタースペシャル 2017セ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ 広島×横浜DeNA』を放送のため、ニッポン放送・東海ラジオ(後者は23・24日は通常通りネット)は休止。東海ラジオ以外のネット局へ裏送りをして、「いま、君にありがとう」は休止。
  • 10月31日〜11月2日 - 『ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ2017 横浜DeNA×福岡ソフトバンク』を放送のため、ニッポン放送は休止。一部のネット局へ裏送りをして、「いま、君にありがとう」は休止[104]。また一部ネット局も同試合をネット[105] のため休止。
  • 12月11〜15日 - ニッポン放送のみ21:50までの放送となった。

2018年

  • 3月21日 - 20:50まで放送している一部ネット局は「 WE LOVE RADIO!」の放送のため、20:00までの放送となった。

2018年度[編集]

2018年

  • 10月15日 - 『ショウアップナイタースペシャル 2018パ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ第3戦 福岡ソフトバンク×北海道日本ハム[106] を放送のため、ニッポン放送は休止。他のネット局へ裏送り。一部のネット局は20:50までの放送となった。
  • 10月16日、12月10〜14日 - ニッポン放送と一部のネット局は20:50までの放送となった。
  • 10月17〜19日 - 『ショウアップナイタースペシャル 2018セ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ第1~3戦 広島×巨人』を放送のため、ニッポン放送・東海ラジオは休止し、東海ラジオ以外のネット局へ裏送り。一部のネット局は20:50までの放送となった。
  • 10月30日〜11月1日 - 『ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ2018 福岡ソフトバンク×広島』を放送のため、ニッポン放送は休止し、他のネット局へ裏送り。また一部ネット局も同試合をネット[105] のため休止。ただし、11月1日は東島衣里の単独放送。
  • 12月24日 - 『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』を放送のため、ニッポン放送[107]・青森放送は休止し、他のネット局へ裏送り。なお、ココリコは当日の生放送へ出演後、『ミュージックソン』のスタジオにも出演し、東島と共に募金の電話受付も行った。

2019年

  • 2月4〜8日 - ニッポン放送と一部のネット局は20:50までの放送となった。ただし、ニッポン放送のみ8日は21:50までの放送。
  • 4月15日 - ニッポン放送のみの関東ローカルで、『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンGOLD』として復活特番を放送。

2019年度[編集]

2019年

  • 10月12日 - 令和元年東日本台風(台風19号)が関東地方に接近[108] したことを受け、Kis-My-Ft2メンバーは電話出演のみとし、スタジオは煙山が単独で進行。事実上の報道特別番組として台風情報を中心に放送した。
  • 10月19日 - 『ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ2019 福岡ソフトバンク×読売巨人』を放送のため、ニッポン放送は休止し、他のネット局へ裏送り。また九州朝日放送を含めた一部ネット局[109] も、九州朝日放送制作のNRN地方局向けの中継を放送するため休止。
  • 11月16日 - 『ショウアップナイタースペシャル 世界野球WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本対韓国』を放送のため、ニッポン放送は休止。
  • 12月28日 - 特別番組放送のため、山陰放送は休止。

2020年

  • 3月28日 - レギュラー放送自体は前週の3月21日で終了したが、同番組レギュラーの煙山が単独で進行する『煙山光紀のサウンドコレクション』を、ニッポン放送以外のネット局への裏送りで放送。選曲テーマをKis-My-Ft2の楽曲に絞り、事実上の特別編となった。

2020年度[編集]

2020年

  • 4月25・26日 - プロ野球開幕延期に伴う『ショウアップナイター』の代替番組として、25日に『Stay at Home ジャニーズ・ウィークエンド 亀と山PのオールナイトニッポンPremium』、26日に『Stay at Home ジャニーズ・ウィークエンド Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』を、ニッポン放送のみの関東ローカルによる18:00 - 21:00の3時間枠で編成。
  • 6月13・14日 - 13日に『ジャニーズ・ウィークエンド ジャニーズWESTのオールナイトニッポンPremium』、14日に『ジャニーズ・ウィークエンド Hey! Say! JUMPのオールナイトニッポンPremium』(18:00 - 21:00)を、両日ともニッポン放送のみの関東ローカルによる18:00 - 21:00の3時間枠で編成。
  • 10月10日 - 四国アイランドリーグPlus・徳島インディゴソックス戦中継放送のため、四国放送は休止。
  • 10月19日 - ニッポン放送のみの関東ローカルで、『Sexy ZoneのオールナイトニッポンPremium』を、18:00 - 21:50の枠で編成。
  • 10月31日 - この日の煙山は、同時間帯にニッポン放送自社向けに放送される『ショウアップナイタースペシャル 煙山光紀のサウンドコレクション』の方を担当するため本番組本編を休演したが[110]、ニッポン放送に向けての『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』の告知のため、19:15 - 19:36に20:15 - 20:40に本番組と前述の『サウンドコレクション』との同時放送を挿入した。
  • 11月21日 - 『ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ2020 読売巨人×福岡ソフトバンク』を放送のため、ニッポン放送と山口放送は休止し、他のネット局へ裏送り。
  • 12月14日 - ニッポン放送のみの関東ローカルで、『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』を、19:00 - 21:50の枠で編成。
  • 12月20日 - ニッポン放送のみの関東ローカルで、『Hey! Say! JUMPのオールナイトニッポンPremium』を、17:40 - 21:40の枠で編成。

2021年

2021年度[編集]

2021年

2022年

  • 3月26日 - 四国アイランドリーグPlus・徳島インディゴソックス戦中継放送のため、四国放送は休止。このため、四国放送は3月19日の放送が2021年度の最終回となった。

2022年度[編集]

2022年

反響[編集]

  • 2018年度の『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』の最終回(3月22日放送)は、同時間帯のradiko聴取数字で首位を獲得した[112]。また、この日の放送時間中に届いたメール総数は1万7000通を超え、総ツイート数も5万7000ツイートを記録し、Twitterの日本トレンド1位も獲得した。この反響やリスナーからの復活希望の声を受け、2019年4月15日に『オールナイトニッポンGOLD』枠での特別番組の放送が決定している[112]

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年10月から放送されている「オールナイトニッポンPODCAST」でもこの略称が用いられている。
  2. ^ a b c d ショウアップナイター休止に伴う代替番組。

出典[編集]

  1. ^ “中居正広の土曜ラジオ番組、10月以降も継続へ”. 日刊スポーツ. (2017年7月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1854265.html 2017年7月12日閲覧。 
  2. ^ Kis-My-Ft2『ANN Premium』期間限定で復活「キスマイ“らしく”お届けします」」『オリコンニュース』、2020年9月23日。2020年9月23日閲覧。
  3. ^ a b “オールナイトニッポン50周年記念 「オールナイトニッポンプレミアム」10月から放送決定!パーソナリティは、綾小路 翔、ココリコ、藤井フミヤ、デーモン閣下、藤井隆!”. ニッポン放送. (2017年7月12日). https://news.1242.com/article/121011 2017年7月12日閲覧。 
  4. ^ a b “ニッポン放送、「ANN」放送50周年記念の一環で過去の番組パーソナリティー登場”. サンケイスポーツ. (2017年7月12日). https://www.sanspo.com/article/20170712-S7ABKPGECVIWLMEQX6IHIZNWXE/ 2017年7月12日閲覧。 
  5. ^ 2017秋改編新番組「オールナイトニッポンpremium」”. 2017年7月21日閲覧。
  6. ^ “デーモン閣下や綾小路翔のオールナイトニッポンが復活 50周年記念番組”. デイリースポーツ. (2017年7月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/12/0010364101.shtml 2017年7月13日閲覧。 
  7. ^ a b c “ココリコ、中川家、オリラジ中田、よゐこの「オールナイトニッポン Premium」10月1日(月)スタート!”. ニッポン放送. (2018年9月12日). https://news.1242.com/article/155020 2018年9月12日閲覧。 
  8. ^ a b c “Kis-My-Ft2 が金曜パーソナリティ ~新番組「オールナイトニッポン Premium」”. ニッポン放送. (2018年9月18日). https://news.1242.com/article/155583 2018年9月18日閲覧。 
  9. ^ 2018年10月1日の番組表(ニッポン放送公式サイトより)”. 2018年9月24日閲覧。
  10. ^ 『ザ・フーパーズ 火曜イケナイト!』公式サイト”. 2018年9月25日閲覧。
  11. ^ a b 『焼肉屋みやこんじょ 〜僕のミートフルな日常〜』公式サイト”. 2018年11月17日閲覧。
  12. ^ 『デリシャス!とち麦ガールの小麦パラダイス』公式サイト”. 2018年11月17日閲覧。
  13. ^ “梅澤美波がニッポン放送の新番組「乃木坂46梅澤美波の『のぎぼき』!」のレギュラーとして出演決定!”. 乃木坂46公式サイト (乃木坂46LLC). (2018年11月3日). https://web.archive.org/web/20181103131439/https://www.nogizaka46.com/news/2018/11/46-20191.php 2018年11月3日閲覧。 
  14. ^ a b c d “52年目の『オールナイトニッポン』 現プロデューサーが語る“ブランド価値と使命””. オリコンニュース. (2018年12月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2125136/ 2018年12月10日閲覧。 
  15. ^ 金曜日は『ザ・フォーカス〜フライデースペシャル』と題している。
  16. ^ 現代日本ぶった斬る!“エモやん”江本孟紀氏、ニッポン放送レギュラー」『サンケイスポーツ』、2019年9月8日。2019年9月8日閲覧。
  17. ^ a b c Kis-My-Ft2がオールナイトニッポンに帰ってくる! 『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』 期間限定で復活決定!」『ニッポン放送』、2019年9月14日。2019年9月14日閲覧。
  18. ^ Kis-My-Ft2の「オールナイトニッポンPremium」復活!“笑顔”テーマの新コーナーも」『音楽ナタリー』、2019年9月14日。2019年9月14日閲覧。
  19. ^ a b c Kis-My-Ft2がオールナイトニッポンに帰ってくる!「僕らは“ラジオ”が大好きです」」『ニッポン放送』、2020年9月23日。2020年9月23日閲覧。
  20. ^ SHOWROOM株式会社「SHOWROOMにて『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』の2ヶ月限定ラジオ配信が決定!」『PR Times』、2020年9月23日。2020年9月23日閲覧。
  21. ^ SHOWROOM株式会社「「Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium」初回はSHOWROOMの配信時間を20時30分スタートに変更 ファンアバター無料配布 & ケムケムのアフタートーク配信も決定!」『PR Times』、2020年10月2日。2020年10月2日閲覧。
  22. ^ a b この秋CDデビューの「なにわ男子」が、ニッポン放送でグループ初の冠レギュラーラジオ番組を担当!」『ニッポン放送』、2021年9月20日。2021年9月20日閲覧。
  23. ^ なにわ男子のオールナイトニッポンが10月スタート、「メンバー全員めっちゃ楽しみ!」」『映画ナタリー』、2021年9月20日。2021年9月20日閲覧。
  24. ^ 2022 秋の新番組のご案内
  25. ^ “オールナイトニッポンに、Toshl、鴻上尚史、miwa、バカリズムが帰ってくる!”. ニッポン放送. (2017年9月13日). https://news.1242.com/article/125316 2017年9月13日閲覧。 
  26. ^ 北日本放送・ラジオ番組表”. 2017年10月3日閲覧。
  27. ^ 10/2新番組スタート!秋の夜長はSBCラジオで!!”. 2017年10月4日閲覧。
  28. ^ 東海ラジオ2017年10月期タイムテーブル”. 2017年9月13日閲覧。
  29. ^ ラジオ福島・2017年秋の新番組”. 2017年9月28日閲覧。
  30. ^ 2018年3月21日のみ、ワイドFM開局記念特番放送のため非ネット。
  31. ^ TBCラジオ 2017年秋の新番組&番組改編”. 2017年9月28日閲覧。
  32. ^ MROラジオ2017年10月の改編情報”. 2017年9月28日閲覧。
  33. ^ YBCラジオ週間番組表”. 2018年9月25日閲覧。
  34. ^ KNBラジオ週間番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  35. ^ RABラジオ週間番組表(10月1日~10月7日)”. 2018年9月26日閲覧。
  36. ^ radiko.jp内茨城放送番組表”. 2018年9月30日閲覧。
  37. ^ YBSラジオ週間番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  38. ^ SBCラジオ2018年10月5日番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  39. ^ 東海ラジオ 秋の改編情報”. 2018年9月16日閲覧。
  40. ^ FBCラジオ週間番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  41. ^ BSSラジオ 番組のお知らせ”. 2018年9月28日閲覧。
  42. ^ RKCラジオ週間番組表”. 2018年9月27日閲覧。
  43. ^ 2018年10月1日の番組表(京都放送公式サイトより)”. 2018年9月27日閲覧。
  44. ^ radiko.jp内JRT四国放送番組表”. 2018年9月30日閲覧。
  45. ^ OBSラジオ番組表”. 2018年9月24日閲覧。
  46. ^ 10月からの番組情報!”. 2018年9月25日閲覧。
  47. ^ RKKラジオ2018年10月2日番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  48. ^ IBCラジオ週間番組表”. 2018年9月25日閲覧。
  49. ^ ABSラジオ週間番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  50. ^ TBCラジオ 秋の新番組&番組改編”. 2018年9月25日閲覧。
  51. ^ 栃木放送10月タイムテーブル”. 2018年9月27日閲覧。
  52. ^ radiko.jp内SBSラジオ番組表”. 2018年9月30日閲覧。
  53. ^ RSKラジオ週間番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  54. ^ KRYラジオ週間番組表”. 2018年9月24日閲覧。
  55. ^ MBCラジオ週間番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  56. ^ radiko.jp内和歌山放送番組表”. 2018年9月30日閲覧。
  57. ^ RNCラジオ週間番組表”. 2018年9月24日閲覧。
  58. ^ BSNラジオ・2018年10月3日番組表”. 2018年9月28日閲覧。
  59. ^ ラジオ福島2018年秋の番組改編”. 2018年9月25日閲覧。
  60. ^ MRTラジオ週間番組表”. 2018年9月29日閲覧。
  61. ^ ラジオ沖縄番組表(10・11・12月)”. 2018年9月28日閲覧。
  62. ^ 金曜はKINGS COURTSIDE LIVEが19:00から放送の場合は休止
  63. ^ MROラジオ 10月改編情報”. 2018年9月22日閲覧。
  64. ^ RNBラジオ週間番組表”. 2018年9月30日閲覧。
  65. ^ YBCラジオ週間番組表”. 2019年9月25日閲覧。
  66. ^ a b c d e 番組公式ホームページより
  67. ^ 2019年秋・山陰放送テレビ・ラジオ番組表より
  68. ^ ワタナベエンターテインメント九州事業部所属のタレント・中島綾菜のTwitterより”. 2019年9月23日閲覧。
  69. ^ 2020年1月4日放送開始。SBCラジオ週間番組表”. 2020年1月3日閲覧。
  70. ^ 全試合デーゲームで行われ、ナイター中継の設定がない場合でもこの番組の放送は行わずナイタースペシャルを放送する
  71. ^ 前年度と異なり、ナイター中継の設定がない場合は当番組の放送を行う
  72. ^ a b STVラジオ・2022秋の改編情報”. STVラジオ (2022年9月18日). 2022年9月19日閲覧。
  73. ^ YBCラジオ番組表
  74. ^ SBSラジオタイムテーブル
  75. ^ 2022年10月1日Gガイド番組表(京都)
  76. ^ 2022年10月1日Gガイド番組表(島根)
  77. ^ 2022年10月1日Gガイド番組表(山口)
  78. ^ 2022年10月1日Gガイド番組表(徳島)
  79. ^ 通常は、北山+週替わりで2名、の3名が出演。初回(2018年10月5日)及び最終回(2019年3月22日)は、7人全員が出演した。
  80. ^ 週替わりで3~4人が出演(CDデビュー直後の2021年11月13日には全員で出演)。なお、なにわ男子は2021年10月まで「らじらー!」の21時台の生放送に出演する週があったが、同日に当番組と「らじらー!」の両方に出演するメンバーはいなかった。
  81. ^ 今の海老蔵から團十郎へのメッセージ。吉田沙保里とのスペシャル対談も!『市川團十郎のオールナイトニッポンPremium』 - ニッポン放送、2022年10月28日、2022年10月31日閲覧
  82. ^ 2018年元日放送!「田中将大のオールナイトニッポンNY」 2019年1月3日閲覧
  83. ^ 名曲『Runner』の秘話が明かされる!「サンプラザ中野くんのオールナイトニッポンPremium」放送決定!. ニッポン放送. (2017年12月27日) 2019年1月3日閲覧
  84. ^ 「千鳥のオールナイトニッポンPremium」放送決定!. ニッポン放送. (2017年12月18日) 2019年1月3日閲覧
  85. ^ ビートたけしのラジオが復活! 生放送では絶対NGのトークを炸裂. ニッポン放送. (2018年12月9日) 2019年1月3日閲覧
  86. ^ 平成最後の大晦日の夜、クミコがラジオで唄う!. ニッポン放送. (2018年12月21日) 2019年1月3日閲覧
  87. ^ 留学のため芸能活動休止中の岡本圭人は不参加。
  88. ^ “占い師・星ひとみ、19日に『ANN』生特番 リスナーをリモートで占う”. ORICON NEWS. (2021年12月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2218015/full/ 
  89. ^ 三浦知良、ラジオパーソナリティ初挑戦! 3.9『ANN』55周年特番を担当」『マイナビニュース』、2022年3月1日。2022年3月1日閲覧。
  90. ^ 2017年12月28日の放送では「有楽町忘年会」となった。
  91. ^ a b c 【ココリコのオールナイトニッポンPremium】#1〜2018年10月1日(月)〜”. 2018年10月4日閲覧。
  92. ^ a b c d e 初回おわりました!”. 2018年10月4日閲覧。
  93. ^ 『よゐこのオールナイトニッポンPremium』メール募集中!!”. 2018年10月5日閲覧。
  94. ^ a b c d 【Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium】始動します!”. 2018年10月5日閲覧。
  95. ^ a b c d #01 初回生放送!Twitterでトレンド1位獲得!【各コーナー募集中】”. 2019年10月8日閲覧。
  96. ^ a b 【番組コーナー】メール募集のお知らせです!”. 2019年10月4日閲覧。
  97. ^ a b c d 「Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium」3rdシーズン 初回放送に関して”. ニッポン放送 (2020年9月28日). 2020年9月30日閲覧。
  98. ^ ナイター中継が開始となった金曜日分を除く。
  99. ^ 毎週火曜日19時台にお引越し! - オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93 ニッポン放送”. 2019年1月7日閲覧。
  100. ^ “男装ユニット・風男塾のラジオ新番組がスタート!”. ニッポン放送. (2019年1月24日). https://news.1242.com/article/166414 2019年1月24日閲覧。 
  101. ^ ラジオドラマで都城の魅力をPR - 来て見て感じて 都城物語”. 2018年10月28日閲覧。
  102. ^ a b 16日は両リーグとも2戦で決着がついた場合、17日は予備日を行使しなかった場合はニッポン放送のみ21:50までの放送となっていた。
  103. ^ 当初は2017セ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ第3戦 阪神×横浜DeNAを中継予定だったが、雨天中止になったため差し替え
  104. ^ 11月2日は通常通り放送。
  105. ^ a b 制作局は各局により異なる
  106. ^ 当初は2018セ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ第3戦 東京ヤクルト×巨人を中継予定だったが、前日までに勝利チームが決定し終了したため差し替え
  107. ^ Kis-My-Ft2がメインパーソナリティを、煙山がアシスタントを、それぞれ担当。
  108. ^ 番組開始時点で東京神奈川埼玉群馬の各都県に大雨特別警報が発令されていて、放送中に茨城栃木の両県にも追加発令された。
  109. ^ 山口放送、四国放送
  110. ^ その日はかわりに新行市佳が担当した。
  111. ^ なお、ニッポン放送では2021セ・リーグクライマックスシリーズの放送の予定があったが、セ・パ両リーグで日本シリーズの進出チームが決まったためこの日の試合は行われず、ニッポン放送でも放送されている。
  112. ^ a b Kis-My-Ft2 がオールナイトニッポンに帰ってくる! 新曲初解禁も決定! 『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンGOLD』4月15日(月)生放送” (2019年4月8日). 2019年4月8日閲覧。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ニッポン放送 月曜 19:00 - 20:50
前番組 番組名 次番組
オールナイトニッポンPremium
(2017年度)
ニッポン放送 月曜 18:00 - 20:30
オールナイトニッポンPremium
(2018年度)
ニッポン放送 火曜-金曜 19:00 - 20:50(ナイターオフ)
今夜もオトパラ!
(17:30 - 20:50)
オールナイトニッポンPremium
(2017年度)
オールナイトニッポンPremium
(18:00 - 20:30)
REPROFILE(火曜)
玉城ティナとある世界(水曜)
週刊わくわくエクストリーム(木曜)
マキタスポーツ食道(金曜)
(20:30 - 20:50)
ニッポン放送 火曜-木曜 18:00 - 20:30(ナイターオフ)
今夜もオトパラ!
(17:30 - 19:00)
オールナイトニッポンPremium
(19:00 - 20:50)
オールナイトニッポンPremium
(2018年度)
ニッポン放送 金曜 18:00 - 20:30(ナイターオフ)
今夜もオトパラ!
(17:30 - 19:00)
オールナイトニッポンPremium
(19:00 - 20:50)
オールナイトニッポンPremium
(2018年度)
ザ・フォーカス〜フライデースペシャル
(17:40 - 20:20)
dreamBoatのラジオボート
(20:20 - 20:30)
週刊わくわくエクストリーム
(20:30 - 20:50)
ニッポン放送 土曜 19:00 - 21:00(ナイターオフ)
NRN全国ネット
Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium
(2019・2020年度)

なにわ男子のオールナイトニッポンPremium
(2021年度)

オールナイトニッポン55周年記念
オールナイトニッポンPremium
(2022年度)
-