オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オレたちゴチャ・まぜっ!
〜集まれヤンヤン〜
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2009年4月12日 -
放送時間 毎週日曜日 1:50 - 4:27(土曜深夜
放送局 MBSラジオ
パーソナリティ 加藤浩次極楽とんぼ
有野晋哉よゐこ
平成ノブシコブシ
吉村崇徳井健太
早川真理恵
ほか
テンプレートを表示

オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜(オレたちゴチャまぜっあつまれヤンヤン)は、MBSラジオで放送されているラジオ番組

本項では2009年から2014年にかけて同時間帯で放送されていた『まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜』についても記載する。

その他の「オレたちゴチャ・まぜっ!」を冠する番組については、オレたちゴチャ・まぜっ!を参照のこと。

概要[編集]

2009年4月12日より『まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜』として番組スタート。それまで帯番組として放送されていた『ゴチャ・まぜっ!』が、土曜深夜の時間帯に集中して放送されるスタイルに変更されたのに伴い新設された番組。

2014年4月6日より『オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜』 (『オレたちゴチャ・まぜっ!』土曜日)へと番組名変更。変更当初の番組表やイベント『オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれ韓国やってまーす〜』のCMでは『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜』という名称が使われていた。

主に女性アイドルを扱う内容で、当初のコンセプトは「おっさんによるおっさんのためのアイドル番組」。お笑い芸人と進行役の女性タレントを中心に、「ヤンヤンガールズ」と呼称される多数の女性タレントが様々な課題に挑戦する。この「ヤンヤンガールズ」は基本的に1年間で入れ替えが行われ、卒業後にはMBSラジオの別番組において起用されることもある。

2014年春の番組改編までは『ゴチャ・まぜっ!』の名前を冠するラジオ番組で、唯一生放送されている番組だった[1]。送出スタジオは大阪・茶屋町の毎日放送本社スタジオではなく、東京・赤坂サカス内の赤坂Bizタワーにある東京支社内のスタジオである。

2011年10月30日から2017年4月2日までは、前の時間帯で同じく東京支社から生放送されている番組のエンディングに本番組の出演者も出演し、数分間のクロストークが行われていた。

2017年4月9日からは、本番組の前に「極楽とんぼオレたちちょこっとやってまーす!」が始まったことにより、引き続き本番組に出演する加藤浩次に加え、レギュラーではない山本圭壱もオープニングに居残って他の出演者らとトークをしている。

放送時間[編集]

まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜
  • 2009年4月12日 - 2010年4月4日、2時00分 - 4時45分(土曜深夜)
  • 2010年4月11日 - 2010年10月3日、2時10分 - 4時56分
  • 2010年10月10日 - 2012年4月1日、2時00分 - 4時56分
  • 2012年4月8日 - 2014年3月30日、2時00分 - 4時26分
オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜
  • 2014年4月6日 - 2014年4月27日、1時50分 - 4時26分
  • 2014年5月4日 - 現在、1時50分 - 4時27分(土曜深夜)

プロ野球中継延長への対応[編集]

プロ野球のナイター中継『MBSベースボールパーク』が延長され、21時以降も放送される場合は放送時間が短縮される場合がある。

  • 2009年 - 2011年…延長時間分だけ放送時間が短縮。
  • 2012年 - 2013年…前番組『ザ・ヒットスタジオ〜レッツゴーヤンヤン〜』の放送時間が短縮される。そのため2012年は短縮されることはなかったが、2013年には延長時間が1時間30分を超えることがあり、その場合は『ザ・ヒットスタジオ』の放送時間30分を確保するため、本番組の放送時間が短縮された。
  • 2014年 - 現在…前番組『ちょこっとやってまーす!』の放送時間が短縮される。『ザ・ヒットスタジオ』とは異なり『ちょこっと』の放送時間確保は行われない。2016年6月26日は延長時間が2時間となったため、『ちょこっと』の休止に加えて本番組の放送時間が40分短縮された。

出演者[編集]

現在の出演者[編集]

第9期(2017年4月15日 - )出演者
名前 よみ 生年月日 出身地 血液型 事務所 備考
MC
有野晋哉 ありの しんや (1972-02-25) 1972年2月25日(45歳) 大阪府 B型 松竹芸能 アッパレやってまーす!』にも出演。
吉村崇 よしむら たかし (1980-07-09) 1980年7月9日(37歳) 北海道 A型 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 隔週の出演。
徳井健太 とくい けんた (1980-09-16) 1980年9月16日(37歳) 千葉県 A型 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
加藤浩次 かとう こうじ (1969-04-26) 1969年4月26日(48歳) 北海道 O型 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 極楽とんぼの『極楽とんぼオレたちちょこっとやってまーす!』にも出演。
早川真理恵 はやかわ まりえ (1988-06-10) 1988年6月10日(29歳) 愛知県 O型 ホリプロ
ヤンヤンガールズ
新井愛瞳 あらい まなみ (1997-11-19) 1997年11月19日(20歳) 群馬県 B型 YU-Mエンターテインメント アップアップガールズ(仮)メンバー
イチサキミキ - (1991-12-30) 1991年12月30日(25歳) 茨城県 A型 ライジングプロダクション
岩立沙穂 いわたて さほ (1994-10-04) 1994年10月4日(23歳) 神奈川県 B型 AKS AKB48メンバー
熊江琉唯 くまえ るい (1995-04-17) 1995年4月17日(22歳) 中国・四川省 - アイズ
黒澤ゆりか くろさわ ゆりか (1988-10-14) 1988年10月14日(29歳) 千葉県 AB型 アービング 2017年7月8日より出演。
神部美咲 じんぶ みさき (1994-08-20) 1994年8月20日(23歳) 大阪府 O型 プラチナムプロダクション
関根ささら せきね ささら (1993-01-14) 1993年1月14日(24歳) 埼玉県 A型 CUTE BLACK 放課後プリンセスメンバー
惣田紗莉渚 そうだ さりな (1993-01-18) 1993年1月18日(24歳) 埼玉県 B型 AKS SKE48メンバー
谷亜沙子 たに あさこ (1993-05-20) 1993年5月20日(24歳) 東京都 A型 エイジアプロモーション
ほのか - (1996-03-23) 1996年3月23日(21歳) 神奈川県 O型 アイエヌジー
メロディー・チューバック - (1997-01-29) 1997年1月29日(20歳) 東京都 A型 ズームリパブリック
山地まり やまち まり (1994-06-25) 1994年6月25日(23歳) 東京都 O型 SPエージェンシー
渡邊真由 わたなべ まゆ (1997-09-12) 1997年9月12日(20歳) 神奈川県 O型 プラチナム・パスポート Paletメンバー

歴代出演者[編集]

  • 放送日はあくまで暦日で表記しているため、注意のこと。
  • 現在の所属事務所を表記している。

ゲスト[編集]

2010年8月8日に番組を卒業した川崎希・次原かな・松本さゆきのヤンヤンガールズ3名が番組を卒業。
それに代わり10月以降に出演する新たなヤンヤンガールズを選出するために設けられた。
その結果、工藤菜緒・瀬長奈津実・光上せあらの3名が選出された。
  • 相川友希(SDN48、2010年11月7日)
  • SDN48(2010年11月21日)

コーナー[編集]

オープニング
出演芸人によるフリートーク。曲とCMを挟んだ後に、女性MCと前回のトップ ヤンヤンガール(後述)が登場する。
採用されてナンボ、マイク前でお便りを読もうのコーナー
ヤンヤンガールズが書いたふつおたを紹介するコーナー。採用された本人が手紙を読み、パーソナリティと共にその内容に沿ったトークをする。
ヤンヤンガールズ、トップを目指せのコーナー
毎週異なったテーマでヤンヤンガールズ全員が競い合い、最も優秀だった女の子「トップ ヤンヤンガール」を選出する。選ばれたトップ ヤンヤンガールは翌週放送で、オープニングのトークコーナーから出演することができる。

遅刻の罰則[編集]

稀に出演者が本番組出演前に自宅で仮眠をとり、そのまま寝過ごしてしまったという理由で、番組に遅刻することがある。その際、遅刻者は自腹でリスナーへのプレゼントを購入する罰則が定着している。
キッカケは南海キャンディーズ山里が初めて遅刻した際に、番組エンディングに発表された罰則で、それから一ヶ月と経たない期間で山里が再び遅刻してしまい定着することになった。

前回から一ヶ月と経たない期間での遅刻であるため、前回よりも重い罰則を科すこととなり、タクシーでスタジオに向かう山里に、深夜営業しているドン・キホーテで薄型テレビを購入してくることを電話で指示され、購入した薄型テレビを持参し収録に参加した。
  • 2011年4月24日:TKO木本が遅刻し、ニンテンドー3DSを3台提供。
  • 2011年9月25日:平成ノブシコブシ吉村が遅刻し、ニンテンドー3DSを5台提供。
  • 2012年3月25日:よゐこ有野が遅刻し、液晶テレビレグザ40型を2台提供。
  • 2014年6月1日:平成ノブシコブシ徳井が遅刻し、10万円、5万円、3万円、2万円、1万円を各1冊、総額21万円のカタログギフトを提供。
  • 2014年12月7日:極楽とんぼ加藤が遅刻し、10万円のカタログギフトを3冊(総額30万円)提供。
    また、平成ノブシコブシ吉村も電話で加藤を上手く追い詰められなかったとして、くじ引き形式でリスナーが希望するものを提供。番組スタッフ関係者も希望を送っていいというルールで、翌週に4時10分の男として登場した吉村が引き当てたのは、ヤンヤンガールズ宮澤じゅりの希望「1万円のクオカード」だった。
  • 2016年12月24日:極楽とんぼ加藤が遅刻し、10万円のカタログギフトを5冊(総額50万円)提供。

話題[編集]

  • 番組開始当初は、有野の「スタッフが機械音痴だから」という発言から、リスナーからの生投稿をファックスでのみ募集していた。しかし投稿はあまり集まらず、「ファックスの前に配置させるスタッフの人件費がもったいない」という理由付けで、第4回放送からメールでの投稿も受け付けるように切り替えられた。

年次別の主な出来事[編集]

2009年
2010年
  • 8月1日:『MBSタイガースナイター』延長のため、放送時間が大幅に短縮され早朝4時45分から11分間の放送となった。
  • 8月8日:川崎希・次原かな・松本さゆきの3名が番組を卒業。翌週の15日から10月3日までは、10月以降に出演する新メンバーを選出するために、「ヤンヤンガールズセピア」として週替わりで2人のアイドルが出演することとなった。
2011年
2012年
  • 10月14日:ナガシマスパーランドでの公開録音イベント『MBSスター大集合!ゴチャまぜ祭 in ナガシマスパーランド』に、MC全員が出演した。このイベントに関する話は、同日の放送でオンエアされた。また、吉村は当時『いきなり!黄金伝説』(テレビ朝日)の企画「1ヶ月1万円節約生活」に参加しており、吉村がイベントに参加している様子もオンエアされた。
2013年
  • 3月31日:2時15分 - 3時15分は『MBS競馬中継スペシャル 2013ドバイワールドカップ実況中継』放送のため、当番組の放送時間は1時30分 - 2時15分、3時15分 - 4時26分となった。
2014年
  • 10月10日 - 12日:旅行会社IACEトラベルとの合同企画『オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれ韓国やってまーす〜』を開催。ツアー参加者とMC陣が韓国ソウルに渡り、11日には「ゴチャ・まぜっ!懇談会」を行い、番組放送時間にはホテルの会議室から公開生放送を行った。なお、ヤンヤンガールズは東京支社スタジオから中継を繋ぐ形で出演。
2015年
  • 8月30日:インターネットテレビ『めちゃ×2ユルんでるッ!』が、MBSラジオ局内にて生放送を行った。メンバーは、よゐこ濱口、ナイナイ岡村、オアシズ光浦、カンニング竹山、トータル藤田。ただし、声の出演は、姉妹番組『アッパレやってまーす!月曜日』(MBSラジオ)のレギュラー出演者である濱口のみであった。(大人の事情による)

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年4月5日からは生放送番組『オレたちゴチャ・まぜっ! (第2部)』が開始された。
  2. ^ ラジオ|あゆみオフィシャルブログ「AYUMI'S SECRET」Powered by Ameba
  3. ^ 立花麗美オフィシャルblog*レイミの缶詰* - スタ☆ブロ - 2010年10月30日

外部リンク[編集]