ハイヤングKYOTO (第二期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項では、かつてKBS京都で放送されていた深夜ラジオ番組の内、1996年1999年に放送されたものを第二期として記述していく。

同名番組で、1981年4月から1987年3月まで放送されていたものについては、ハイヤングKYOTO (第一期)を参照。

概要[編集]

1996年4月に、『はいぱぁナイト』の後番組として開始。

放送時間は開始当初、毎週月〜土曜の22:00〜24:00。1997年10月からは終了までは、毎週月〜金曜の23:00〜25:00だった。1999年9月に終了。

開始への経緯[編集]

イトマン事件の影響でKBS京都が会社更生法の適用を余儀なくされ、それによる経費削減の為にそれまでの東京・原宿スタジオ発のはいぱぁナイトを終了させるに伴い、本格的に京都本社制作に回帰する形で開始された(既にその1年前に金曜枠が京都本社制作に変更されていた)。

しかし、開始に当たっては『はいぱぁナイト』の中でも特に人気の高かった日高のり子杉原徹近藤ナツ子は引き続き起用し、更に旧『ハイヤングKYOTO』水曜担当で、同番組の中でも一二を争う人気パーソナリティだったつボイノリオを再び金曜担当として起用。伝説の番組『ハイヤングKYOTO』のタイトルを冠する事によって、かつてのハイヤンリスナーの取り込みをも図った。

なお、つボイは当時既に、現在も続くCBCラジオの平日朝の看板番組『つボイノリオの聞けば聞くほど』を担当しており、活動の拠点を完全に名古屋に定着させた時期だった。しかし『ハイヤン』へのリスペクトの思いが強く、名古屋-京都間の「長距離移動」の過酷さを覚悟して同番組出演を引き受けたようである。

結果[編集]

上記のように関係各者の努力と思い入れをもってスタートした番組だが、KBS京都本社制作の平日深夜生番組が長らく途絶えていた影響及び、旧ハイヤンやはいぱぁの遺産に依存している面は否めず、全体的に見て第一期の頃の勢いとは程遠いものであった。

会社更生法の管理下で制作費削減などの影響もあって、1996年秋改編で杉原が降板、更に1997年秋改編で土曜枠廃止の上に放送時間を1時間繰り下げ、そして日高・つボイが降板するに至る。

その後、新しい看板パーソナリティーを育てる事も局の苦しい経営状態ではままならず(T・K・Oの木曜の健闘などもあるにはあったが)、番組全体のパワーダウンを食い止める事は出来なかった。

そこに1991年に開局した京都のFM局・α-Stationの台頭に加え、更に娯楽の多種多様化でAMラジオ自体のシェアが急減した影響も重なり、1999年秋改編をもって番組終了に至る。

KBS京都の深夜生番組のその後[編集]

同番組終了後、月〜金曜の枠はニッポン放送からallnightnipponSUPER! (〜2003年3月)のネット受けに変更された。

この改編以後、KBS京都は土曜日にM3〜森谷威夫のモリモリマニアカウントダウンRadioといった深夜生番組を細々と制作し続けるも、2005年秋改編をもって同局から自社製作深夜生番組が完全消滅に至った。

その後、2011年冬にKBS京都開局60周年記念特番として、『つボぼイノリオのハイヤングKYOTO』および『M3〜森谷威夫のモリモリマニア』が一晩限りの復活を遂げた[1]

主なパーソナリティー[編集]

備考[編集]

  • 開始当初から半年間、木曜担当でもあった和田りつ子による京都パープルサンガ情報ミニコーナー『りっちゃんのパープルウェーブ』が、新「ハイヤン」の前番組の「はいぱぁ」末期時代から番組中にニッポン放送からネットされていた『独占!!Jリーグエキスプレス』のすぐ後に放送されていた。
  • 放送時間が22:00〜24:00だった時代は、番組中にニュース速報や地震速報が入ってきたときも、その臨時ニュースは、番組パーソナリティーが原則読んでいた。

脚注[編集]

  1. ^ 80年代の人気ラジオ番組つボイノリオの「ハイヤングKYOTO」が一夜限りの復活 烏丸経済新聞 2011年12月6日、2013年2月19日閲覧。
KBS京都 月〜金曜22:00〜24:00
(1997年10月より23:00〜25:00)
前番組 番組名 次番組
はいぱぁナイト
月曜〜金曜22:00~24:00
(1995年4月-1996年3月は月曜〜木曜)
ハイヤングKYOTO (第二期)
allnightnippon SUPER!ニッポン放送制作)
月曜〜金曜22:00〜24:00