坂東太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂東太郎(ばんどうたろう)

  • 利根川の異名で、「坂東関東)にある日本で一番大きいの川」の意味[1]
  • 常陸戦国大名佐竹義重の異称。
  • 江戸時代江戸における方言で、夏に出る白(入道雲)のこと。他の地方では、丹波太郎(京阪)、山城次郎(京阪)、比叡三郎(京阪)、信濃太郎(越前)、比古太郎(あるいは、英彦太郎)(九州)、阿波太郎(讃岐地方)、石見太郎(長門地方)などの呼称がある。
  • 忠平株式会社が持つ、養殖ブランド名称のこと。正式な登録商標は「うなぎ坂東太郎」。
  • 坂東太郎 - 北関東を中心にチェーン展開しているファミリーレストランの名称。
  • 2005年11月に発売された、成世昌平の曲のタイトル。
  • 早稲田塾論文作法、日本史講師。AO推薦対策講座も担当している。各校舎で行われるテスト指導強化日のビデオにも度々登場する。元毎日新聞記者。日本ニュース時事能力検定協会検定委員。日本テレビ『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』アドバイザー。著書に『時事問題の裏技』『マスコミの秘密』『ニュースの歴史学』。編著に『ニュース検定公式テキスト応用編』。
  • 二葉百合子の曲「関東一本〆」の歌詞の中の人名で、男として描かれている。