島村渡船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島村渡船

島村渡船(しまむらとせん)は利根川によって分断されている群馬県伊勢崎市境島村内を結ぶ渡船である。

概説[編集]

渡船小屋

伊勢崎市境島村は、河川改修などによる流路変更によって地内の真ん中を利根川が貫流しており、付近にがないことから住民の交通の便のために運航されている。運賃は無料である。自転車も荷物として持ち込める。現代においては利用者は多くない。

使用されている船は川舟タイプの船で、エンジンも装備されており基本的にはエンジンを使って進むが、船着場付近ではを使用する。付近は河川敷が広く、堤防から船着場まで両岸とも250メートルから300メートルある。

もとは群馬県道295号新地今泉線代替の渡船であり、群馬県営であったが境町(現在では伊勢崎市)に運航が委託されていた。2012年4月1日に当該区間が県道から伊勢崎市道に移管されたため、渡船も運営主体が伊勢崎市に替わった。

2011年の台風6・12・15号の影響で河床が浅くなり欠航であったが、航路改修を終え3月25日に運航を再開した[1]。 しかし、2015年9月の大雨による利根川の増水により、船着き場が被害を受けたため運休となったが、船着き場の修復が完了し、2016年5月15日の島村渡船フェスタ開催日より運行を再開することとなった。[2]

毎年5月の第3日曜日には「島村渡船フェスタ」が開催される。

運航時間[編集]

  • 午前8時30分 - 午後5時(随時運航)
  • 昼休み(12時 - 13時)および河川の増水や風速8m以上の強風など運航に支障きたす場合は欠航となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 利根川の島村渡船 - 朝日新聞デジタル
  2. ^ [1]伊勢崎市 島村渡船

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度15分04秒 東経139度14分41秒 / 北緯36.25111度 東経139.24472度 / 36.25111; 139.24472