芽吹大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芽吹大橋。千葉県側より
Japanese Route Sign Number 3.svg
茨城県道3号標識
Japanese Route Sign Number 3.svg
千葉県道3号標識
右が歩行者用。千葉県側より

芽吹大橋(めふきおおはし)は、茨城県坂東市莚打と千葉県野田市目吹の間の利根川を渡る、主要地方道茨城県道・千葉県道3号つくば野田線である。

概要[編集]

開通前は古河市にある国道4号利根川橋取手市にある国道6号大利根橋まで大きく迂回しなければ東京方面に行くことができなかったが、本橋の開通によって都心までの所要時間が大幅に短縮された。これによって岩井市(現坂東市)周辺は東京圏向けのレタスハクサイなど近郊農業を中心とする農業によって大きく成長した。

その後、本橋の慢性的な混雑緩和のため1980年(昭和55年)に下流側に新大利根橋1990年(平成2年)に上流側に下総利根大橋が建設されたが、双方とも有料道路だったこと(のちの2010年(平成22年)に新大利根橋は無料化)、特に新大利根橋までは直線距離でも13 kmほど離れていること等から、交通量が大きく分散するまでには至っていない。

構造[編集]

  • 車道橋(往復2車線)-カンチレバー式トラス橋、全長535.9 m、幅員7 m[1]
    鋼下路トラス橋×6 (6径間)
  • 側道橋 (歩行者専用橋)-車道橋のすぐ下流側に架かっている
    鋼下路トラス橋×6 (6径間)

歴史[編集]

茨城県・千葉県によって計画され1958年昭和33年)12月24日[2]日本道路公団の管理する有料橋として供用を開始した。1968年(昭和43年)10月30日に茨城・千葉県に管理が移管され、通行料が無料となった。その後1985年(昭和60年)3月12日に下流側に歩行者用橋が建設されて開通した[3]

隣の橋[編集]

(上流) - 境大橋 - 下総利根大橋 - 芽吹大橋 - 利根川橋(常磐道) - 利根川橋梁(TX) - 新大利根橋 -(下流)

脚注[編集]

  1. ^ 『道路橋大鑑_昭和36年度(1961)』pp. 184–185
  2. ^ 芽吹大橋1958-12-24 - 土木学会附属土木図書館
  3. ^ 道路の区域変更・道路の供用開始(昭和60年3月11日 茨城県告示382・383号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7328号: pp. 9–10, (1985年3月11日) 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度59分00秒 東経139度53分29秒 / 北緯35.98333度 東経139.89139度 / 35.98333; 139.89139