吾妻渓谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吾妻渓谷(2007年8月)

吾妻渓谷(あがつまけいこく)は、群馬県吾妻郡を流れる吾妻川渓谷である。景勝地の八丁暗がり付近を特に吾妻峡と呼び、国の名勝に指定されている。

関東耶馬渓」の異名をとっており、群馬県では上毛かるたの「耶馬渓しのぐ吾妻峡」の札でも知られる。また、若山牧水がこよなく愛した景勝としても有名である。

建設の進む八ッ場ダムは渓谷の中途に作られ、完成の際は一部がダム湖に沈むこととなる。

概要[編集]

遊歩道は設置されているが、舗装などの近代的整備が行われている部分はなく、全行程にわたり急勾配が連続し、急斜面に沿った細い部分や沢を渡る部分などもあり、歩行には注意を要する。過去に多くの観光客が足を滑らせるなどして滑落死している。特に、遊歩道からはみ出ることは自殺行為である。また、遊歩道の一部に手すりが設けられている。

八ッ場ダム建設に伴う保存運動[編集]

八ッ場ダム建設により、吾妻峡の上流4分の1程度がダムに沈むこととなる。ダムの建設自体は50年前から持ち上がっており、地域の利権や強い反対運動などが絡んで半ば棚上げ状態にあったが、1990年代になり推進派の町長が当選したことなどの流れを受けて、2000年代になって着工が決まった。

渓谷の保存を求める反対運動の声に配慮し、国側はダムサイトの建設地を当初予定地から現在地へと600m程度上流に移動させた。これにより鹿飛橋はダムに沈むのを免れることになった。

遊歩道の下流方終端である鹿飛橋から国道を200mほど岩島方に進んだところに、日本一短いトンネルである樽沢トンネルが近くにある。このトンネルはダム工事による路線付けかえに伴って廃線となるもののダムには沈まない。廃線となった後には吾妻渓谷を見下ろし、また八ッ場ダムを見上げるロケーションになるので、一部に遊歩道に転換する動きがある。

転落事故[編集]

1962年3月7日、地元の消防団員16人が乗った消防車が渓谷に転落。6人が死亡するという惨事が起こった。消防団員は吾妻町内で花見を行い、二次会で川原湯温泉に行こうとしていた。このとき、運転していた団員が飲酒の上無免許だったこともあり、消防庁長官が「花見をして事故を起こすとは言語道断」と、全国の消防団に飲酒運転の禁止などを通達する騒ぎになった。さらに、この後、吾妻町長(当時)らは、死亡した団員らに労働災害を適用してもらおうと申請を行ったが、朝日新聞などが「花見で酒を飲んで死んだ者に労災を出すとは過保護ではないか」という論陣を張ったため混乱した。

交通[編集]

  • JR吾妻線川原湯温泉駅から徒歩、もしくは岩島駅からタクシー
    • 川原湯温泉駅から徒歩5分程度の場所に、渓谷の中ほどにある鹿飛橋付近までを結ぶ遊歩道の入り口がある。
  • 並行する国道145号線上などに駐車場はあるものの、数えるほどしかない。また、行楽シーズンは慢性的な渋滞となる。

関連項目[編集]