八ッ場バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道145号標識

八ッ場バイパス(やんばバイパス)は、群馬県吾妻郡長野原町長野原から吾妻郡東吾妻町松谷に至る延長10.8キロメートル (km) の国道145号バイパスである。

この区間の旧道は吾妻川の渓谷に沿って走行するため幅員狭小・線形不良であり、加えて八ッ場ダム建設に伴い大部分が水没することから、これを迂回・解消する事を目的とした付け替え道路である。またこのバイパスは、群馬県渋川市長野県東御市とを結ぶ上信自動車道の一部として、地域高規格道路に指定されている。

概要[編集]

  • 起点 : 群馬県吾妻郡長野原町長野原
  • 終点 : 群馬県吾妻郡東吾妻町松谷
  • 延長 : 10.8 km
  • 規格 : 第3種第1級
  • 道路幅員 : 25.0 m
  • 車線数 : 4車線
  • 車線幅員 : 3.5 m
  • 設計速度 : 80 km/h

通過市町村[編集]

沿革[編集]

  • 2010年12月19日 : 東吾妻町松谷(雁ヶ沢ランプ) - 長野原町長野原(約9.4 km)が暫定2車線で部分開通。
  • 2011年12月20日 : 東吾妻町松谷地内(雁ヶ沢ランプ以東1.4 km)が暫定2車線で開通し、全線開通[1]
  • 2014年11月18日 : 平行する旧道の一部が供用廃止となったため、こちらが現道となる(廃止した区間は当面の間、八ッ場ダム工事専用道路として流用)。

主なトンネル[編集]

  • 雁ヶ沢トンネル(全長815 m)
  • 茂四郎トンネル(全長1,760 m)
  • 久森トンネル(全長230 m)

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成23年群馬県告示第383号、群馬県報第8951号(2011年12月13日発行)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]